インフォサイエンス、統合ログ管理システム「Logstorage」のOffice 365対応、Microsoft Teams監査ログ収集・分析に対応

インフォサイエンス株式会社は、「Logstorage」のオプション製品「Office 365 ログ収集モジュール」に、Microsoft Teamsの収集・分析機能を追加しました。Office 365では、容易に情報共有の仕組みを確立し、業務の効率化を図ることが可能ですが、不特定多数の人と情報共有する中で、監査のために作業証跡としてログを取得することは必要不可欠です。 Logstorageでは、Office 365上での操作履歴(いつ、誰が、どのサービスに対して、どのような操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。本バージョンより、AzureActiveDirectory/Exchange/SharePoint(OneDrive含む)に加えて、Microsoft Teams に対応しています。

インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮紀雄、以下 インフォサイエンス)は、「Logstorage」のオプション製品「Office 365 ログ収集モジュール」に、Microsoft Teamsの収集・分析機能を追加しました。

 

昨今、コストや業務負荷軽減、ITインフラの運用負荷軽減などの観点から、基幹システムについても、クラウド基盤上での運用が急速に進んでいます。基幹システムをクラウド基盤上で運用する場合でも、そのシステムが適切に運用されていることを証明するログの取得・管理は必須であり、ログ管理製品としてLogstorageが採用されるケースが着実に増えています。 Logstorageは、オンプレミス環境、仮想環境、AWS・Azureといったクラウド環境上への構築に対応しており、クラウド含めた各環境で出力されるログを統合管理し、集めたログを横断的に分析、追跡することが可能です。

 

Office 365は、マイクロソフト社より提供されているクラウドサービス(Exchange, SharePoint, Excel, Word…等)です。Office 365では、容易に情報共有の仕組みを確立し、業務の効率化を図ることが可能ですが、不特定多数の人と情報共有する中で、監査のために作業証跡としてログを取得することは必要不可欠です。Logstorageでは、Office 365上での操作履歴(いつ、誰が、どのサービスに対して、どのような操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。従来のバージョンでは、AzureActiveDirectory/Exchange/SharePoint(OneDrive含む)に対応しています。また、メールフローメッセージ追跡 (MessageTrace, MessageTraceDetail) により、いつ、誰が、誰宛てにメールを送信したのか、メールの配送詳細状況を分析することが可能です。

 

Office 365 ログ収集モジュール ver.2.0.0 では、新たにチーム内の情報共有をスピードアップさせるビジネスチャットサービス「Microsoft Teams」に対応しました。Teams へのサインイン、チャネル追加、ファイル操作といった厳格さが求められる監査にも、ユーザの利便性を損なうことなく対応することが可能になります。

 

今後も、Logstorageをご活用頂くことで、クラウド利用上で課題とされる、監査証跡の記録、操作・行動の可視化によるセキュリティ向上を実現し、オンプレミス環境同様にクラウドをより安心してお使い頂けるよう、展開して参ります。

 

【Office 365ログ収集モジュール】

■ バージョン: 2.0.0

■ 提供開始日: 2019年4月10日

■ ログ収集対象: Office 365監査ログ【AzureActiveDirectory/Exchange/SharePoint(OneDrive含む)/Teams】

■ 使用条件: Logstorage ST版以上のご購入で使用可能(無償)

Office 365監査ログ収集イメージ

【Office 365ログ収集モジュール(有償オプション)】

■ バージョン: 1.2.0

■ ログ収集対象: Office 365メッセージ追跡ログ(MessageTrace, MessageTraceDetail)

■ 使用条件: Logstorage ST版以上のご購入で使用可能(有償)

Office 365メッセージ追跡ログ収集イメージ

 

【Logstorageについて】

純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で採用され、大手企業、官公庁、公益事業を中心に導入実績があり、出荷本数は12年連続第1位となりました。(※)

 

※出展:ミック経済研究所 「【ガバナンス&監査編 2018年版】サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望(統合ログ管理市場)」

 

詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。

https://www.logstorage.com/index.html

 

【インフォサイエンス株式会社について】

インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始めました。

 

その後、システムコンサルティングから開発、運用・保守まで一貫したトータルソリューションを自社保有のデータセンターを活用して提供しつつ、「メールフィルタリング」「統合ログ管理ソフト」といったジャンルで日本企業の分化・風土に根ざしたパッケージ・プロダクトを完全自社開発し、市場に提供してまいりました。

 

自社開発の統合ログ管理ソフトウェアで「Logstorage」は、2002年の販売以来、現在も多くの企業に導入され続けています。

 

https://www.infoscience.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

インフォサイエンス株式会社 プロダクト事業部

TEL:03-5427-3503

Email:info@logstorage.com



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 インフォサイエンス株式会社
代表者名 宮 紀雄
業種 未選択

コラム

    インフォサイエンス株式会社の
    関連プレスリリース

    インフォサイエンス株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域