プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

プロ野球向けマウンド造成用資材 「ブラックスティック」正式販売開始のお知らせ

東洋グリーン株式会社

! 2019年4月18日 13時

東洋グリーン㈱(東京都中央区)は、本年4月より野球場マウンド、バッターボックス、キャッチャーボックス造成用資材、国際試合・プロ野球向けハイエンド製品DuraEdge「ブラックスティックマウンドクレイ」(BlackStick Mound Clay)を国内正規販売代理店として正式販売することとなりました。 これは、プロ野球~一般球場向けの造成用資材TURFACE「プロフェッショナルマウンドクレイ®」「マウンドマスターブロック」に加えてラインナップの拡充を図るものです。

東洋グリーン㈱(東京都中央区)は、本年4月より野球場マウンド、バッターボックス、キャッチャーボックス造成用資材、国際試合・プロ野球向けハイエンド製品DuraEdge「ブラックスティックマウンドクレイ®」(BlackStick Mound Clay)を国内正規販売代理店として正式販売することとなりました。こちらは、プロ野球~一般球場向けの造成用資材TURFACE「プロフェッショナルマウンドクレイ®」、「マウンドマスターブロック」に加えてラインナップの拡充を図るものです。

 

TURFACEプロフェッショナルマウンドクレイ®、マウンドマスターブロックは、すでに国内プロ球団を含め、数多くの導入実績があります。ブラックスティックマウンドクレイ®は、米国メジャーリーグベースボール(MLB)などハイエンドのフィールドで用いられており、東洋グリーン㈱では2018年秋東京で開催された国際試合向けに初めて供給を開始しました。それを機に国内プロ野球数球団で採用が決定され、東洋グリーン㈱より2019年シーズンゲーム向けに供給・使用されています。

 

野球場マウンドは、かつては球場により「高低が違う」「傾斜が違う」「堅さが違う」という状態の違いが指摘されてきました。そのため、投手は自分の投球に合った足場をスパイクで掘って作るなど、選手によっても状態が変えられ、またプレーが進行するにつれて状態が大きく変化してしまうものでした。現在は野球の国際試合が頻繁に行われるようになり、世界大会などでは野球規則(2.00競技場の項)に沿って統一されたマウンド作りが行われてきています。

 

TURFACEおよびブラックスティックマウンドクレイ®は、メジャーリーグベースボールのフィールドでも多く採用されており、より均一で、掘れにくい、ゲームを通じて安定したマウンドを実現します。

 

製品の詳細については、弊社HPの製品紹介ページをご覧下さい。

詳しくは弊社新規事業部までお問い合わせ下さい。

 

「マウンドクレイ®」は東洋グリーンの登録商標です。

 

東洋グリーンHP「ブラックスティックマウンドクレイ」製品紹介ページ

https://www.toyo-green.com/products/detail/Black-Stick-Mound-Clay-.html

 

会社情報:

東洋グリーン株式会社は主に芝生を中心として、競技場、野球場、ゴルフ場等に資材を販売、工事施工を行っている会社です。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-33-8

TEL 03-3249-7731

https://www.toyo-green.com/company/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

東洋グリーン株式会社

代表者名

山田孝雄

業種

商社・流通業

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

製品

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る