プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,652社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

「BASE」が2019年度の文化服装学院の講師に就任

BASE株式会社

! 2019年4月17日 15時

この度、Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」は、2018年度に続き、2019年度も文化服装学院ファッション流通科2年リテールプランニングコースの非常勤講師に就任いたしましたので、お知らせいたします。本年度の講師就任を通じて、将来的に受講生がビジネスを展開する際に、即時に活用できる知識を提供し、未来のクリエイターの経済活動を継続的に支援してまいります。

この度、Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を運営するBASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡裕太)は、2018年度に続き、2019年度も文化服装学院ファッション流通科2年リテールプランニングコースの非常勤講師に就任いたしましたので、お知らせいたします。

 

■講義概要

期間: 2019年4月19日~2020年3月31日

講師: BASE株式会社 BASE Business Division Market Development 宮本 順一 ほか外部ゲスト講師

 

【講義内容】

Eコマースの歴史、マーケティング・Webプロモーション、ブランディング、ライティング、写真撮影、クラウドファンディングを活用した資金調達、オンラインショップ開設・運営・販売の実技ほか、昨年度に引き続き、各領域の専門家である外部ゲスト講師を招いて、下記をはじめとする最新かつ具体的な知識を学ぶ講義も実施予定です。

 

<D2Cを通じたブランド立ち上げをサポート>

学生が立ち上げるブランドのネットショップ作成をサポートいたします。ショッピングモールやマーケットプレイスを介さずに、ブランドが直接ファンに向けて商品を販売できるD2C(Direct to Consumer)によるネットショップの立ち上げと、その後のブランディング展開、具体的な運営方法を、誰でも簡単に利用できるネットショップ作成サービス「BASE」を使って体験していただきます。

 

<文化祭の企画と連動したネットショップの運営>

講義期間中にリテールプランニングコースの学生が文化祭で毎年開催している移動型セレクトショップ「RE・TENT」と連動したネットショップを「BASE」で開設し、実践的な取り組みの強化を推進してまいります。

「RE・TENT」の「BASE」を利用したネットショップ出店は2017年、2018年に続き本年で3回目の取り組みとなります。
 

<ネットショップとリアル領域の融合を講義で経験>

昨今のEコマースの時流でもある「ネットショップとリアル領域の融合」にも注目し、「BASE」が展開する実店舗支援事業などで培った運営ノウハウを提供いたします。

講義では、最終的にリアル領域にも挑戦していただく予定で、渋谷マルイ1Fで展開している「BASE」初の実店舗「SHIBUYA BASE(シブヤベイス)」での実店舗出店体験を無償で提供いたします。

 

<BASEがインターンの受け入れを開始>

また、本年度はBASE株式会社にて、文化服装学院の学生のインターン受け入れ開始を予定しております。積極的にインターンを受け入れ、学生が実務経験を通じて得た知識を実践的に活用する機会も提供していく予定です。

 

 

「BASE」は2018年に続き、本年度の講師就任を通じて、将来的に受講生がビジネスを展開する際に、即時に活用できる知識を提供し、未来のクリエイターの経済活動を継続的に支援してまいります。



以上

 

 

【文化服装学院 リテールプランニングコースとは】

リテールプランニングコースでは、小売店舗の企画から運営のための基礎知識と実務を学びます。そしてセレクトショップをオープンし、実践的体験をします。また、社会人としてのコミュニケーション能力や、マナーについての習得も目標としています。

ファッション・ビジネスの基礎から、品揃えや商品企画のために必要なマーケティング活動、商品の生産発注や仕入れ業務、受注販売活動などにおける営業戦略とノウハウ、さらに販売促進の企画と手段など、具体的なケーススタディや実務演習を通して学んでいきます。また小売店舗の出店企画から品揃え計画、仕入れ、販売、計数管理など店舗運営の具体的な実務についても実習をまじえて習得し、セレクトショップの営業体験をします。日本のファッション市場には世界中のブランドや商品があふれ、また一方では、日本の製品も世界市場へ向けられています。語学やコミュニケーションツールの使用方法と合わせて、国際感覚を身につけることも重要な課題となります。

販売職として経験を深め、将来的にはリテールプランナーやセールスマネージャー、エリアマネージャー、ショップ経営者、バイヤーや商品企画職として活躍が期待されています。

 

団体概要

学  校  名: 文化服装学院(学校法人 文化学園)

代表者名: 学院長 相原 幸子

所  在  地: 東京都渋谷区代々木三丁目22番1号

設  立: 1923年

U R L: http://www.bunka-fc.ac.jp/index.html

事業内容: 服飾専門学校

 

 

【「BASE」について 】

「BASE」は、モノづくりをする個人・法人、地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、70万ショップにご利用いただいているネットショップ作成サービスと、そこで開設されたショップの商品が購入できるショッピングアプリを提供するEコマースプラットフォームです。

 

○ ネットショップ作成サービス「BASE」 https://thebase.in/

「お母さんも使える」がコンセプトのネットショップ作成サービスです。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテンプレート、トランザクション解析ツールなどネットショップの運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップを始めることが困難だった方も、気軽に始めていただくことが可能です。簡易な操作性でネットショップの運用ができるので、商品を企画・生産・製造されている方が、ものづくりをしながら販売まで対応することができます。

 

○ ショッピングアプリ「BASE」 https://thebase.in/sp

ショッピングアプリ「BASE」は500万ユーザーが利用するスマートフォンアプリです。トレンド、ファッション、インテリア、エンタメ・ホビー、コスメ、家電・スマホ、スポーツ・レジャー、食品・飲料(野菜や果物等の農産物、肉・魚等の生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができます。ショッピングアプリ「BASE」の出店ショップは、自ら商品を企画・生産・製造されている方、またオリジナルブランド立ち上げの一環としてご利用されている方が7割を超えています。出店をご希望の方は、ネットショップ作成サービス「BASE」( https://thebase.in/ )よりご登録いただけます。
 

 

【会社概要】

会 社 名: BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)

代 表 者: 代表取締役CEO 鶴岡 裕太

所 在 地: 〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F

設   立: 平成24年(2012)年12月11日

資 本 金: 25億9,224万 (資本準備金を含む)

U R L : https://binc.jp/

事 業  内 容: Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営

関 係  会 社: PAY株式会社 / BASE BANK株式会社



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

BASE株式会社

代表者名

鶴岡 裕太

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

BASE初の実店舗「SHIBUYA BASE」が1周年 -出店料金を改定しブランドのリアル出店支援を強化-
! 2019年6月17日 15時
PAY.JP加盟店に最短3営業日で融資 PAYが新サービス「PAY.JP LENDING」の受付を開始
! 2019年6月14日 11時
BASEと城南信用金庫が業務提携を開始 ‐ Eコマースを活用した「お客さま応援」を強化‐
! 2019年6月11日 15時
BASEと筑邦銀行が業務提携を開始 ‐ 地域の名産品をEコマースで広めるビジネスをサポート ‐
! 2019年5月20日 15時
「BASE」が初のオーナーズ調査を実施 - 個人・法人を問わずブランドを立ち上げる時代の流れが顕著に-
! 2019年5月14日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る