熊本初! 日本最西端となる超希少な天草産ホップ100%のクラフトビール醸造所が、クラウドファンディングで資金調達に挑戦!

AMAKUSA SONAR BEER(アマクサ ソナー ビール)合同会社(本社:熊本県天草市/代表:荒木 信也)は、超希少な天草産ホップ100%のクラフトビール醸造所開設のため、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて4月11日(木)より資金調達を開始します。

熊本・天草の魅力を落とし込んだ、みんなが笑顔になるビール!

 

熊本県天草の地にて、100%天草産ホップを使ったクラフトビールを作ることはもちろん、地域に根ざしたローカルブルワリーを実現させ、過疎化が進む天草市を応援したい!

「AMAKUSA SONAR BEER」を通して、天草をもっと知ってもらい、来てもらい、感じてもらうための役割でいたいと考えています。

九州でのホップ栽培に成功し、ホップ畑の目の前にある醸造所にて日本最西端となるクラフトビールを誕生させます。

 

熊本らしさを全開に! 素材にとことんこだわります!

コンセプトは、熊本・天草の魅力を落とし込んだビール

 

ホップを自社で栽培し、ビールの味や香りのプラスアルファとなる副原料も熊本県産にこだわります。

熊本は九州の農業大国であると同時に、フルーツ大国でもあります。全国シェアの上位には、スイカ、デコポン、イチゴ、マンゴーなど豊富にあり、地域の農家さんと密接に関わりながら、旬を感じられるフルーツビールも展開します。

 

福島の復興イベント「SONG OF THE EARTH」で委託醸造したビールを販売

 

醸造所完成は2019年内を予定しているので、委託醸造にてクラフトビールを醸造。研修先である宮崎のローカルブルワリー「日南麦酒株式会社」に依頼し、レシピの相談役に熊本のクラフトビールバー「Bar herringbone」のオーナーを起用。

 

ベルジャンホワイトをベースに、晩白柚(ばんぺいゆ)を使った「BANPEIYU WHITE」を作り、3月10日、11日に行われた「SONG OF THE EARTH」で販売。

「SONG OF THE EARTH」は、「一般社団法人LOVE FOR NIPPON」の代表キャンドル・ジュン氏が、新潟中越地震支援として2004年から継続的に行なっているフェスティバル。

ビールが苦手な方から、女性の方、舌の肥えたビールラバーまで、本当に多くの方に飲んでいただきました。

私、荒木はLOVE FOR NIPPON熊本代表でもあります。熊本地震の際に東北地方からいただいた支援、このお返しができたと実感しました。

 

今回は、夢の実現に向けてブルワリー設備の資金を調達すべく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて4月11日(木)より資金調達に挑戦します!

 

応援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

※クラウドファンディングページは下記をご覧ください

https://camp-fire.jp/projects/133138/preview?token=ldqa0cub

 

 

※天草産ホップ100%のクラフトビール生産において、熊本県では初の試みとなるため、熊本県から経営革新の認定を申請予定

※委託醸造とは、外部に醸造を委託する方法。酒造免許がなくても自分好みのレシピでビールを作ることができる

 

 

■AMAKUSA SONAR BEER合同会社

本社/熊本県天草市

設立/2019年3月18日

 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 AMAKUSA SONAR BEER合同会社
代表者名 荒木信也
業種 その他製造業

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域