『家族のレシピ』公開記念 ~映画のまち高崎展~ を開催 = 高崎を世界に発信する「家族のレシピ」を4月6日(土)特別上映 =

高崎映画祭委員会が主催し、高崎市とシンガポール政府観光局が後援する「『家族のレシピ』公開記念~映画のまち高崎展~」(共催:(公財)高崎財団)を群馬・高崎市高松町の高崎シティギャラリーで、3月17日(日)から4月7日(日)まで開催します。 高崎は市民が映画への情熱を燃やし続けてきた「映画の街」です。毎春に開催される「高崎映画祭」は今年で33回目を迎え、国内屈指の開催規模となっています。授賞式には多くの監督や俳優が集い、選りすぐりの作品上映には遠方からも映画ファンが駆けつけます。「高崎市民は映画というものが良くわかっている、見る目が肥えている」と映画界から評価を受けています。近年では、映画のロケ地提供やエキストラ協力をする高崎フィルム・コミッションの活動も活発になっています。

                                       

高崎映画祭委員会

 

 高崎映画祭委員会が主催し、高崎市とシンガポール政府観光局が後援する「『家族のレシピ』公開記念~映画のまち高崎展~」(共催:(公財)高崎財団)を群馬・高崎市高松町の高崎シティギャラリーで、3月17日(日)から4月7日(日)まで開催します。

 高崎は市民が映画への情熱を燃やし続けてきた「映画の街」です。毎春に開催される「高崎映画祭」は今年で33回目を迎え、国内屈指の開催規模となっています。授賞式には多くの監督や俳優が集い、選りすぐりの作品上映には遠方からも映画ファンが駆けつけます。「高崎市民は映画というものが良くわかっている、見る目が肥えている」と映画界から評価を受けています。近年では、映画のロケ地提供やエキストラ協力をする高崎フィルム・コミッションの活動も活発になっています。

 こうしたなか本イベントでは、高崎・シンガポール・フランスの合作映画「家族のレシピ」(日本3月9日公開)の公開を記念し、映画をとおして高崎を世界に発信している実績と、高崎映画祭や高崎フィルム・コミッションなど本市の強い市民力によって、高崎独自の映画文化を育んできた歴史を紹介します。4月6日(土)には「家族のレシピ」も特別に上映します。

 

=記=

 

名称:『家族のレシピ』公開記念~映画のまち高崎展~

期間:2019年3月17日(日)~4月7日(日)  10時~18時まで *4月6日のみ10時から17時まで

会場:高崎シティギャラリー 第1展示室から第6展示室

住所:群馬県高崎市高松町35-1  電話:027-328-5050   *JR高崎駅西口から徒歩10分

主催:高崎映画祭委員会

共催:公益財団法人高崎財団

協力:高崎音楽祭委員会、ラジオ高崎、高崎アートインキュベーション推進会議

後援:高崎市、シンガポール政府観光局

 

<関連事業>

高崎映画祭〈特別上映〉「家族のレシピ」

日時:4月6日(土)16時40分〜18時9分

場所:高崎シティギャラリー コアホール

監督:エリック・クー

出演:斎藤 工/ジネット・アウ/マーク・リー/伊原剛志/別所哲也/松田聖子

前売券:1,100円

当日券:一般1,300円、高校生以下・60歳以上1,100円

2018年/シンガポール=日本=フランス/1時間29分

真人は群馬県高崎市で父・和男、叔父・明男と共にラーメン屋を営んでいた。ある日父が突然倒れ帰らぬ人に。父の遺品から二十数年前に亡くなった母・メイリアンの日記を見つけた真人は、母の故郷シンガポールへと向かう。様々な困難も悲しみも、一杯の温かなスープが包み込む。心に美味しく美しい逸作。

 

◆高崎映画祭33回の歴史〈 第3、4、5展示室〉

33年の歴史をリーフレットおよび小冊子・公式パンフレット・ポスター、パネル、映像などから振り返ります。

展示内容/授賞式や歴史の映像、高崎電気館やシネマテークたかさきの映像、30回記念使用映像など。全33回リーフレットおよび小冊子、全33回公式パンフレット、ポスター。

 

◆「家族のレシピ・レスリーキー写真展」〈第1展示室〉

映画「家族のレシピ」の撮影風景など撮影風景写真の展示、 ベルリンなどでの上映時に製作されたポスターの展示。また、衣装や台本などの小道具も展示します。「家族のレシピ」のメイキング映像や斎藤工による動画など。

展示内容/カメラ、リュック、衣装、劇中使用のスマホ、暖簾・看板などの小道具。メイキング映像、約40カ国のキービジュアル展示(日本、フランス、シンガポール他)

 

◆高崎FC写真展 〈第6展示室〉

高崎フィルム・コミッションが支援する高崎で撮影された作品の撮影風景写真などの展示からその活動を振り返ります。

展示内容/台本、パンフ、チラシ、サイン色紙、記念品、ポスター、パネル他

 

◆高崎FCによる映画上映〈 予備室〉

映画祭参加監督の映像、高崎で撮影した作品や高崎に関連する映像を上映します。

 

◆春の高崎アートプロジェクト 〈第2展示室〉

「映画」においての普遍的なテーマ(「恋愛」など)や映画において必要不可欠なものから作家が受けたインスピレーションによる作品の展示。(アートプロジェクト高崎出品作家による)

出展作家:タムラサトル 他

 

第32回高崎映画祭

 

「家族のレシピ」

 

「家族のレシピ」撮影風景

以上



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 公益財団法人 高崎財団
代表者名 高木 茂
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域