自閉症コミュニケーション支援のアプリを配信スタート 〜「親にも子にも使いやすい」を最新ICTで実現〜

株式会社古林療育技術研究所は、3月3日に自閉症支援のアプリ「コバリテ・コミュニケーション」の配信をApp Storeで開始しました。本アプリは、日常生活の物事や動作を描いた「絵カード」を直感的な操作で組み合わせ、喋れない子供や会話が苦手な自閉症の人のコミュニケーションを支援します。 商品バーコードから絵カードを簡単に作る機能や、家族旅行先などで役立つ、画像検索から絵カードを作る機能等、養育者の使いやすさを工夫しています。また、オブジェクト指向のプログラミングにより、実物に近く子供にやさしい操作性を実現しました。

株式会社古林療育技術研究所(所在地:横浜市、代表取締役:古林紀哉)は、3月3日に自閉症支援のアプリ「コバリテ・コミュニケーション」の配信をApp Storeで開始しました。本アプリは、日常生活の物事や動作を描いた「絵カード」を直感的な操作で組み合わせ、喋れない子供や会話が苦手な自閉症の人のコミュニケーションを支援します。

 

商品バーコードから絵カードを簡単に作る機能や、家族旅行先などで役立つ、画像検索から絵カードを作る機能等、養育者の使いやすさを工夫しています(ともに有料)。また、オブジェクト指向のプログラミングにより、実物に近く子供にやさしい操作性を実現しました。

 

実物の絵カードは自閉症の人のコミュニケーションに有効とされています。しかし、準備の大変さと、持ち歩きの不便さのために、あまり普及していません。実物の絵カード・ブックに近い本アプリは、それらの課題を解消します。当社は2016年より実物のスケジュールボード・絵カード製品を販売しています。今回、本アプリを提供することで、絵カードによる自閉症支援のさらなる普及を目指します。

 

【アプリ概要】

アプリ名: コバリテ・コミュニケーション

主な用途: 自閉症支援のための絵カード・ブックアプリ

デバイス: iPhone, iPad

料金  : アプリ内課金(マスター版 ¥200 / 1ヶ月、¥2,000 /1年)

配信元 : https://itunes.apple.com/jp/app//id1452447742?mt=8

 

【アプリの特徴】

1)実物の絵カード・ブックに近い操作性

・画面上の絵カードを指で動かして要求文(欲しい物を相手に伝える文)を作るので、子供は早く慣れます。

・一つの画面で、ライブラリー(絵カードのストック)からページ(選択肢となる絵カードを置くエリア)へ絵カードを指で動かして出し入れするので、養育者の準備が楽です。

 

2)自分の絵カードを作るのが簡単

・デバイス内の写真やカメラ撮影で絵カードが作れます。

・バーコード読み取りにより、商品画像を利用できます。(マスター版限定機能)

・画像検索との連動で、ネット上の画像から絵カードを作れます。(マスター版限定機能)

 

3)友人や知人が作った絵カードを貰うのが簡単

・ページ単位で、最大16枚の絵カードを1枚の画像として外部に出力できます。

その画像をもらえば、自分のデバイスに絵カードを取り込んで使えます。

 

代表の古林はサラリーマン時代の2011年に、自閉症支援用のiPhoneアプリ「絵カード・コミュニケーション」を独自開発しリリースした経験があります。スマホの小さな画面においても、従来の絵カード・ブックのように、絵カードを動かして文が作れるのが特徴でした。その特徴を踏襲し、音声合成、バーコード認識、クラウド等の最新技術を取り入れて一から作り直したのが、今回のアプリです。

 

自閉症支援は、スケジュールとコミュニケーションの両方が欠かせません。当社は既存製品の「コバリテ視覚支援スタートキット」と、本アプリにより、スケジュールとコミュニケーションの両面で自閉症支援のツール提供を続けていきます。

 

【絵カード・コミュニケーション】

自閉症児をもつ代表が独立起業する以前に、独自開発しリリースした自閉症支援の絵カード・アプリです。2011年5月リリース。累計9,200ダウンロード。価格、リリース当初350円、現在920円。

 

【コバリテ視覚支援スタートキット】

自閉症児をもつ代表が開発した、絵カードとスケジュールボードを用いて自閉症児のQOL(生活の質)を改善するグッズです。子どもには使いやすく、お母さんや支援者には準備労力が少ないというメリットがあります。自作グッズでは生活の改善効果が出ない、という悩みを解消しました。(発表: 2016年1月)

販売累計: 842セット(2019年1月末現在)

モデル:  スタンダード、バリュー、デラックスの3種類

価格(税抜): 33,000円、44,000円、55,000円。

受賞等: 2016年9月 グッドデザイン賞受賞

2017年10月 横浜市販路開拓支援事業の支援対象に認定

2018年 2月 かわさき基準(KIS)認証福祉製品に認証

詳細:https://www.kobarite.co.jp/products/start_kit/

 

【株式会社古林療育研究所について】

所在地: 横浜市青葉区あざみ野4-16-1

代表者: 古林紀哉

設 立: 2015年11月

資本金: 300万円

電 話: 045-903-0885

ホームページ: https://www.kobarite.co.jp

代表者略歴:大阪大学卒、同大学院修了。博士(工学)。日本電気、野村総合研究所を経て独立起業。

 

このニュースリリースに関するお問い合わせ先

 

iPhoneとiPad の画面例

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社古林療育技術研究所
代表者名 古林 紀哉
業種 その他製造業

コラム

    株式会社古林療育技術研究所の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域