一般社団法人障がい者アート協がKaepa U.S.A.のCSR活動にアート作品提供

アメリカのスポーツシューズブランド「Kaepa U.S.A.」と一般社団法人障がい者アート協会(埼玉県入間市 代表理事 熊本豊敏 以下障がい者アート協会)は、Kaepa U.S.A.のCSR活動の一環として、障がい者アート協会が運営するオンラインギャラリー【アートの輪】(後述)で公開されているアート作品の二次利用に取り組むことで合意した。

アメリカのスポーツシューズブランド「Kaepa U.S.A.」と一般社団法人障がい者アート協会(埼玉県入間市 代表理事 熊本豊敏 以下障がい者アート協会)は、Kaepa U.S.A.のCSR活動の一環として、障がい者アート協会が運営するオンラインギャラリー【アートの輪】(後述)で公開されているアート作品の二次利用に取り組むことで合意した。

 

障がい者アート協会の「障がいのある方の創作活動の周知と支援の仕組みづくり」という活動趣旨にKaepa U.S.A.が賛同し、同社が取り組むCSR活動に対して様々な形で障がい者アート協会が管理するアート作品を利用する。

 

具体的には2019年3月1日のKaepa U.S.A.サイト(http://www.kaepa.jp)のリニューアルに合わせたウェブサイトトップページへのバナー設置に始まり、2019年秋冬商品の販売時期に向けて、商品下げ札のデザインや店頭と連動した企画などを検討していく。

 

■障がい者アート協会の活動

一般社団法人障がい者アート協会は2015年11月に設立され、現在4年目の活動に取り組んでいます。活動趣旨は「障がいのある方の創作活動の周知と支援の仕組みづくり」です。

 

設立時より、障がいのある方の生み出したアート作品の販売及びレンタルと言った経済支援にとどまることなく、多方面での作品二次利用といった事業開発に取り組んでまいりました。

 

3年目となる昨年度は企業のオリジナルノベルティ開発や建設現場仮囲いを使ったアート展開、ファッション関連展示会ツールへのアート利用等の実績を残し、4年目となる本年は昨年の実績をベースに、更に一人でも多くの人に一点でも多くの作品を知っていただくため、より多方面での取り組みに注力していく方針です。

 

■Kaepa U.S.A.との取組について

今回の世界的なシューズブランドでありますKaepa U.S.A.との合意は大変嬉しく、かつ光栄であります。

これにより、これまでどちらかといえば活動周知が難しかった若年層に対して、障がいのある人達のアート活動周知が実現されることになると確信しています。

 

【アートの輪】※数字は2019年2月末時点

・障がいのある人の創作したアート作品に特化したオンラインギャラリー

・特徴は作品の優劣や年齢、障がいの種別などで選定することなく、

 「一点でも多くの作品を一人でも多くの人に」をモットーにサイトで作品を公開しながら運営。

・現在、登録アーティスト230名。作品数4000点。

 

Kaepa U.S.A.

http://www.kaepa.jp/

 

一般社団法人 障がい者アート協会

https://www.borderlessart.or.jp/

 

【本件に関する問い合わせ先】

 一般社団法人 障がい者アート協会

(問い合わせ・取材担当)

 熊本豊敏

 Email:info@borderlessart.or.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 一般社団法人障がい者アート協会
代表者名 熊本 豊敏
業種 その他サービス

コラム

    一般社団法人障がい者アート協会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人障がい者アート協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域