プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,652社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

「ウクライナ」での不動産開発及び日本国内向けの不動産物件販売を開始

株式会社インベスコア

! 2019年2月19日 14時

国内外の不動産売買及び不動産開発を行う株式会社インベスコアは、ウクライナの不動産開発を行い、今月より日本国内向けに不動産物件の販売を開始いたしました。

報道関係者各位                               2019年2月19日

                                      株式会社インベスコア

 

国内外の不動産売買及び不動産開発を行う株式会社インベスコア(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 小林 リヒャルド ワルター、以下、インベスコア)は、ウクライナの不動産開発を行い、今月より日本国内向けに不動産物件の販売を開始いたしました。

 

■「ウクライナ」の不動産開発について

 

ウクライナは、現在、不動産投資を行う上で注目すべき点が揃った国となっています。

今回、私たちは、日本のモノづくりの技術を現地に届けるべく、ウクライナの首都キエフにて不動産開発を行うこととなりました。開発する不動産物件は、海外経験豊富な日本人建築家がデザイン監修を行い、建築士自身が毎月現地に出向くことで、徹底した品質工程管理を実施しています。

 

 

<ウクライナの不動産投資が注目される理由>

 

1)物価の安さ

ウクライナは、首都キエフの都心カフェのコーヒーが100円程度、ビールジョッキが120円、高級レストランでも一人2,000円程度であり、移動手段も安く、地下鉄が35円~、タクシーも近距離で120円程。500キロ先のドニプロまでの特急で1,900円。キエフから南のオデッサまで飛行機の往復は12,000円という物価の安さです。

 

2)今が投資のチャンス

14年の紛争でウクライナの通貨「フリヴニャ」が下落したと伴に、不動産を含む物価も急落。市場がいずれ戻ると仮定すれば、今、投資をすることは大きなチャンスとなります。

 

3)経済政策の変化が少ない

ユーロマイダン革命(2014年)からの親欧米派政権発足により、 近年は西側諸国からの投資および援助が活発となっています。2019年3月に大統領挙を控えており、 現時点で1~2位を争う候補者はどちらも親欧米派のティモシェンコ元首相 とポロシェンコ氏。どちらが当選しても経済政策は大きくは変わらないとされています。

 

※2019年3月初旬に東京・大阪で「ウクライナ不動産投資セミナー」を開催予定です。

 

弊社はこれまで、モンゴルやラオスなど新興国における豊富な販売実績を持っております。

自社で不動産開発からリーシング、物件管理まで一括対応できる強みの他、日本・ウクライナの両国および、

現在展開している全ての進出国において日本語対応も可能となっております。

開発中の物件についてのご相談やご質問がありましたら、お問合せください。

 

 

■株式会社インベスコアについて

会社名   : 株式会社インベスコア(Invescore Co., Ltd.)

代表者   : 代表取締役 小林 リヒャルド ワルター

所在地   : 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー20階

事業内容  : 国内外(日本、モンゴル、ラオス、ドイツ、ウクライナ、フィリピン)における不動産売買、開発事業、富裕層向け資産運用、金融(モンゴル内)

会社URL   :https://invescore.jp

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社インベスコア

代表者名

小林 リヒャルド ワルター

業種

不動産

プレスリリース情報

ジャンル

不動産

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る