黄金の城をモチーフとした全面黄金パイソン使用の豪華絢爛な長財布のニューモデル「聚楽第-Jurakudai」が12月18日、リボーンウォレットから発売開始!

生命の軌跡と人智が融合した“財布を超えた財布”の新作で、風水的にも金運アップアイテムで知られる、金箔パイソンを全面に使用した長財布が162,000円(税込)で発売開始! 一つの時代の終焉と新たなる時代への希望をイメージし、同じさばき方、同じ染色、同じ金箔仕上げと全く同じパイソンながら、仕上げ工程による2つの違った表情からなる長財布です。

すべての工程を東京の職人がおこなう“メイド・イン・東京”にこだわり、エキゾティックレザーを使った個性的なお財布を提案するブランド・リボーンを展開する合同会社リボーン(本社:東京都台東区、CEO:高島成央)は、12月18日(火)、リボーンウォレット(Re-Bone Wallet)の新色として「聚楽第-Jurakudai」を発売します。

平成最後の節目の年に、自分へのご褒美に、大切な人へのプレゼントとしても最適なアイテムです。

 

 

▼リボーンウォレット(Re-Bone Wallet)|聚楽第-Jurakudai:http://rebone.tokyo/?pid=138150189

 

生命の軌跡と人智が融合した“財布を超えた財布”、収納具としての特許も取得している【大切な人とシェア(共有)できるリボーンウォレット】の新商品。

 

 

■一つの時代の終焉と、新たなる時代への希望をイメージ

 

◇聚楽第とは

安土桃山時代(1587年)、天下人(関白)となった豊臣秀吉が内野建てた政庁・邸宅・城郭。

金箔瓦を使い、内壁も黄金に輝いていたとされる豪華絢爛にしてまさに“黄金の城”です。

現在跡形もなく、この世から消え去っている“聚楽第”をモチーフとして、一つの時代の終焉と新たなる時代への希望をイメージし、同じさばき方、同じ染色、同じ金箔仕上げと全く同じパイソンを使って、その後の仕上げ工程によってもたらされた、2つの違った表情をお楽しみいただける長財布です。

 

時代を紡ぐもの(パイソン)と、移りゆく時代(仕上げ工程)を“聚楽第”をモチーフとして、長財布という形で表現しました。

 

 

外側:平成最後の年の年末を飾るに相応しい長財布として、染色から数えて5次加工を施した黄金パイソンを使用。

※5次加工は、1. 黄色に染色、2. 金箔加工、3. 表面を擦る、4. 迷彩柄を上から乗せる、5. その表面を再度擦る、の5段階の工程。

 

 

内側:染色から4次加工を施した金箔の迷彩柄のパイソンを全面に使用。

外側に使用しているパイソンのひと工程手前の4.迷彩柄をのせた状態で再度擦る以前の、金箔迷彩柄パイソンになります。

 

 

ファスナーには海外の高級ブランドも使用していると言われるYKK最高級ファスナー“エクセラ” (ミックスとゴールド)の高級感あふれる両面タイプを、アウターと小銭入れ部分にダブルファスナーとして使用しました。

裏地素材には手作業による波紋のような模様が美しい、シャンタンモアレー・TENを採用しています。

 

 

財布中央部に取り付けられたファスナーにより、使用開始時から360度近く開閉できます。使い勝手や耐久性を向上させるため、職人がサンプルを何度も作り直した上で完成したフォルムです。リボーンウォレットは「外見も豪華で素晴らしいが、財布を開いた時の豪華さがすごい」というお客様の声をよくいただいておりますが、『聚楽第-Jurakudai』においても、同様の評価を期待しております。

 

 

カード入れ10枚、ポケット3か所、小銭入れが1つついた使い勝手のいい作り。

サイズは縦95mm×横195mm×厚さ20mm、価格は16万2,000円(税込)。

ネットショップから購入が可能です。

 

▼リボーンショップページ:http://rebone.tokyo/

 

また、リボーンウォレットは、ファスナーでフラップを交換し、自分だけのオリジナルウォレットを楽しめることも大きな特徴です。従来のような財布の買い替えではなく、買い足しという考えで、新旧の財布の組み合わせによるそれぞれのエイジングをお楽しみいただく方法もオススメできます。

 

大切な方とのおそろいでの購入により、片側ずつ交換してお互いの財布の一部をシェアすることも可能。

2通りの組み合わせが楽しめるうえ、離れている間もお互いの存在を感じることができます。

 

 

▼ リボーンウォレットについて:http://re-bone.tokyo/2018/03/09/about-re-bone-wallet/

 

 

 

 

「聚楽第-Jurakudai」

本体サイズ:横195×縦95×厚さ20ミリ

本体重量:約165グラム

素材:レザー(ダイヤモンドパイソン)

ファスナー:YKKエクセラファスナー(ミックス・ゴールド)

裏地:シャンタンモアレー.TEN

収納:カード10枚、ポケット3ヵ所、小銭入れ1つ

 

商品紹介・販売ページ:http://rebone.tokyo/?pid=138150189

 

 

 

最後の年末ということもあり、平成時代のモニュメントとして、今回の「聚楽第-Jurakudai」を開発し発売するに至りました。

 

今後は、小銭入れや名刺入れにも着手しバッグなどお客様のニーズに合わせたアイテムを増やしていく考えです。

 

▼リボーンページのニュースにて新製品情報やサンプル情報、取扱い店舗のご紹介などをさせていただいております:http://re-bone.tokyo/category/news/

 

 

 

【合同会社リボーンについて】

本社:〒111-0051 東京都台東区蔵前4-20-12 福谷ビル2F-A

代表者:最高経営責任者(CEO) 高島成央

設立:2016年8月

電話番号:03-5829-4024

URL:http://rebone.tokyo

事業内容:

・メイドイン東京にこだわったオリジナルレザー製品販売

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:リボーン(合同会社リボーン)

担当者名:高島 成央

TEL:03-5829-4024

Email: info@rebone.tokyo

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 合同会社リボーン
代表者名 高島 成央
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    合同会社リボーンの
    関連プレスリリース

    合同会社リボーンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域