【手羽先の常識が覆る!】本物の手羽先は金沢にあり!? 「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画」始動!旨さの決め手は「大野醤油」と「気候」!?メディア向け試食会開催!

一人の料理人が究極に旨い手羽先を求めて三千里…(?)でたどり着いた結論がこれ! 名古屋ではなく金沢の「金澤手羽先」!名古屋手羽先を超える味とは!? この味を体感できる「メディア向け試食会」を開催します。

 石川県金沢市を中心に焼き鳥店「鳥珍や(ちょうちんや)」を7店舗展開している株式会社ゼロスター(所在地:石川県金沢市、代表者:和田知晃)は、オリジナルメニューとして提供している「金澤手羽先」を全国へ侵略…浸透させるべく「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画」を開始します。

 


 

■「手羽先=名古屋」の常識を覆す

 石川県金沢市には、江戸時代より続く伝統料理「じぶ煮」があります。

 「じぶ煮」とは加賀藩の武家に伝わる"ハレの日の料理"で、文献によると西暦1600年以降、作られている由緒ある郷土料理です。

 鴨肉(鶏肉)、椎茸、加賀地方特産の"すだれ麩(ふ)"を基本に、季節の野菜を彩りよく取り合わせ、だし汁、醤油とみりん、砂糖で煮上げたシンプルな料理ですが、石川県のお祝いの食卓には欠かせない料理となっています。

 このように素材の味を引き出す味付けにこだわった、鶏肉との相性が抜群な加賀料理と、「手羽先」と組み合わせることで一体どのような料理に仕上がるか…その答えが「金澤手羽先」なのです。

加賀百万石の伝統と、手羽先の繊細な肉食感との融合で生まれた「金澤手羽先」が、「手羽先=名古屋」の常識を覆します。


 

■味の決め手は「大野醤油」となぜか「金沢の気候」!?

 繊細な鶏肉、中でも適度な脂肪分と旨味がある「手羽先」の美味しさを引き立てる秘訣はいくつもありますが、中でも大切なのは「醤油」です。醤油に含まれるアミノ酸や塩分などが、食材である「手羽先」の旨味を引き立てます。
 

 「金沢を盛り上げたい!」という一心で金沢発の魅力的なメニューの開発を夢見ていた一人の料理人、そう、「鳥珍や」の創業者で現株式会社ゼロスター代表の和田知晃はもともと和歌山県出身でした。
 

 今から17年前に石川県金沢市へと移り住み、焼き鳥屋を営んでいた和田はある日、仕事帰りに食べに行った居酒屋のお刺身に使っていた醤油がとても美味しくて驚き、のちに「金澤手羽先」誕生の決め手になる大野醤油と出会いました。
 

 加賀百万石大名、前田家の三代目藩主:前田利常が加賀を治めた元和年間(1615~1624年)に、大野の町人、直江屋伊兵衛が藩主利常の命を奉じ、醤油醸造法を学び伝えたことで誕生した「大野醤油」と加賀料理との相性が抜群であることがわかり、和田は「この大野醤油を使って焼き鳥のタレを開発するとどうなるか」を考え、商品開発に着手しました。
 

 苦難と挫折を繰り返し、ようやく焼き鳥タレは完成したものの、タレの旨さが焼き鳥を上回ってしまい、食材の旨さを十分に引き出すことができませんでした。
 

 そこで和田は「この大野醤油をどのような食材に使えば最高の料理が出来上がるか」を考えていたところ、ある日訪れた名古屋で手羽先と出会い、「手羽先と大野醤油との組み合わせで商品を作ったら、きっと抜群に旨くて、手羽先の本家=名古屋の常識を覆せるメニューが出来上がるに違いない!」と確信した和田は、早速開発に着手しました。


 

■金沢の気象条件が手羽先の旨さを極め、名古屋を制す!?

 手羽先の旨さを決めるうえで大切な調理過程が「揚げ」の作業です。

通常、手羽先は油の温度を170~180度で上げるのが一般的ですが、実はこの温度は周囲の「気候」によって左右されることはあまり知られていません。同じ揚げ時間でも周囲の気圧が高ければ温度はわずかながら上昇し、気圧が低ければわずかに下降するのです。
 

 実はこのわずかな違いが手羽先の旨さを極める理由になっていて、同じ揚げ時間でも温度が少し高めの場合と少し低めの場合とでは、低めの方が肉の収縮を抑えることができ、ジューシーさを保つことができることが出来るのです。
 

 つまり年間降水日が全国1位の石川県は、全国27位の愛知県と比較して低気圧に囲まれる日が多く、このため油の温度が低めとなり、このような石川県の気象環境が「金澤手羽先」の素材の旨味を凝縮させ、名古屋の手羽先には無い旨さを味わうことが出来るのです。
 

 このような過程を経て「金澤手羽先」という究極の手羽先料理を開発した和田は、この「金澤手羽先」を引っ提げて「手羽先=名古屋」というイメージを覆し、「金澤手羽先」のブランドを確立させ、かつ地元の飲食業界へ還元したいと考え、全国へ向けてPRするべく「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画」を開始しました。
 

 石川県の気候と歴史ある「大野醤油」とが生み出した極みの手羽先「金澤手羽先」を、メディア関係者の皆様に味わっていただきたく、試食会メディアツアー「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画・メディア向け試食会をやっちゃうよ」を企画しました。
 

 試食会の概要は以下の通りです。


 

■全国侵略をたくらむ「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画」とは!?

 当社では一人でも多くの方に「金澤手羽先」を知っていただき、その旨さに感動していただき、その旨さを全国へ向けて伝えていただきたいと思い、メディア関係者向けに「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画・メディア向け試食会をやっちゃうよ」を開催します。
 

 もちろん試食会以外にも個別の取材・試食も承りますので、取材等、格別のご高配を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

【「金澤手羽先を全国へ広げよーぜ計画・メディア向け試食会をやっちゃうよ」概要】

■開催日時:平成30年12月12日(水)  午後1時~

■場所:鳥珍や 片町本店

■所在地:〒920-0981 石川県金沢市片町2-1-14

■料金:メディア関係者は無料

■参加対象メディア:テレビ(キー局も大歓迎)、番組制作会社、ラジオ、新聞、雑誌、ネットメディア…等、ジャンルは問いません。

■提供予定メニュー:金澤手羽先…他

■主な流れ:

①「金澤手羽先」製造風景をお見せしながら説明

②弊社代表:和田知晃からの「金澤手羽先」開発秘話

③試食していただきながら質疑応答

④お土産をお渡し

■お申し込み方法:

このプレスリリースの末尾に掲載されているお問い合わせ先まで、電話・ファクス・メールにてエントリーしてください。

・御社名

・担当者

・メディア向け試食会または個別取材のどちらをご希望か

・連絡先

をご教示くださいますと、スムーズに対応することが出来ます。

■申し込み締切日:12月5日(水)必着


 

【「鳥珍や」公式ウェブサイト】

 「鳥珍や」ならびに「金澤手羽先」についての詳細は、公式ウェブサイトからもご覧いただけます。
 

《公式ウェブサイトはこちら》

http://www.cho-chinya.jp/


 

【本件ならびに取材等のお問い合わせ先】

販売業者名:株式会社ゼロスター

代表者:和田 知晃

電話番号:076-231-5959(鳥珍や 片町本店)

FAX番号:076-231-5959(鳥珍や 片町本店)

携帯電話:090-7492-2453(担当:和田)

WEBサイト:http://www.cho-chinya.jp/

メールアドレス:info@cho-chinya.jp

鳥珍やフェイスブックページURL:https://www.facebook.com/chochinya



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ティードリームネットワークス
代表者名 田中 健
業種 携帯、モバイル関連

コラム

    ティードリームネットワークスの
    関連プレスリリース

    ティードリームネットワークスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域