プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

10月1日、安心安全なWi-Fi ローミングトライアルに長野県から初参加。トライアル参加事業社のアカウントによって参加都市の公衆無線LANが無償利用可能に!

株式会社ライフシード

! 2018年11月12日 10時

長野県を本拠とする会社が、セキュア公衆無線LANローミング研究会を通して、トライアルに初参加しました。長野・松本市内等のアクセスポイントから利用できます。

Wi-Fiシステムの開発、通信機器の販売を行う株式会社ライフシード(本社:長野県長野市、代表取締役:篠田光宏)は10月1日(月)、Wireless Broadband Alliance(WBA)による「City Wi-Fi Roamingトライアル」に長野県から初めて参加しました。

 

「セキュア公衆無線LANローミング研究会(NGHSIG)」を通した参加であり、同トライアルに参加する携帯電話会社やISP、公衆無線LAN事業社と契約している利用者は、期間中(11月30日まで)、同トライアルに参加している都市の公衆無線LANを無償で利用することができます。当社管轄においては、長野、松本市内、Hakuba47 Winter Sports Parkのアクセスポイントからの利用が可能です。

 

▼株式会社ライフシード|公式サイト:https://life-seed.co.jp

 

 

■1つのアカウントでローミング利用できる環境の構築を目指す実証実験

 

「City Wi-Fi Roamingトライアル」は、Wireless Broadband Alliance(WBA)が主催している、世界の各都市で提供される公衆無線LANを次世代ホットスポット(NGH)基盤で結び、1つのアカウントで相互利用(ローミング利用)できる環境を構築しようとする世界規模の実証実験です。

 

▼WBA City Wi-Fi Roaming | https://www.worldwifiday.com/city-wi-fi-roaming/

 

面倒な現地でのサインアップ(利用者登録)や、煩雑なログイン操作は不要。スマホやパソコンが新技術のPasspointに対応していれば、SSIDを手動で選ばなくても自動で接続されます。

 

このNGHではIEEE802.1Xを使用したユーザーごとに異なる暗号キーを使用。盗聴などがしにくい、安全な公衆無線LANサービスを提供しています。IEEE802.1Xは不正なLAN接続を規制する機能です。バックエンドに認証サーバーがあり、認証サーバーによる端末の認証が通過した上で接続を許可。

例えば、無線LANでは統一されたパスコードでの接続ではなく、ユーザーごとにID・パスワードで接続します。これによってユーザー単位での管理が可能となります。企業の場合は、退職者等のユーザーを削除することで、そのユーザーだけが会社の無線LANに接続することができなくなります。

 

このトライアル期間中は、当社が提供する無線LANシステムを、NGHSIGが進めてきた次世代公衆無線LAN実験システムに接続することで、世界のローミング基盤にアクセス。外国人観光客等が高いセキュリティーで公衆無線LANを使えるようになります。

 

 

■学術無線LANローミング基盤サービス「eduroam」と連携を図る

 

「City Wi-Fi Roamingトライアル」は2016 年にニューヨーク、サンフランシスコ、サンノゼ、シンガポールを結ぶ第1回が開催され、第2回目となる2017年には世界18都市を結んで開催されました。

 

NGHSIG(幹事:東北大学サイバーサイエンスセンター)は、第2回の2017年からトライアルに参加。世界の通信事業者との共同作業で次世代ホットスポットの導入・普及を促進するための課題整理、技術開発、実証実験等に取り組んでいます。ライフシードは、そのNGHSIGのメンバーです。

 

ライフシードでは、先に発表した学術無線LANローミング基盤サービスの「eduroam(エデュローム)」と連携し、導入者、利用者の価値が高い無線LANサービスを提案してまいります。

 

「eduroam(エデュローム)」は、大学などの高等教育機関や研究機関において、キャンパス・研究所の無線LAN環境の相互提供・利用を実現する、欧州のGÉANTで開発された学術無線LANローミング基盤サービスです。日本国内においては国立情報学研究所(NII)が主体となって展開されています。

 

無線LAN環境は前述の安全なIEEE802.1Xに基づいて提供。加盟している機関の構成員は、自身が所属する機関のアカウントで、他加盟機関でも無線LANを使用することができます。

 

現在、大学・研究機関等で国内232機関、世界約90ヵ国と地域で利用されるキャンパス無線LANのデファクト・スタンダードです。キャンパス外でのeduroam接続は、空港や主要駅、市街地、博物館などになります。国内では関東地域のカフェ、会議場、大型店舗等、約130アクセスポイントが設置済みです。

これまで試験的に、長野中央通りのライフシード前にて、今年の8月から運用を開始しており、10月1日時点で世界各国の大学・研究機関等のアカウントで約1000以上の接続がありました。

 

当社では今後、「eduroam(エデュローム)」によるサービスと連携しながら今回の実証実験に取り組むことで、より安全で利便性の高い公衆無線LANを地域に提供できるようにしていく所存です。

 

 

【株式会社ライフシードについて】

本社:〒380-0833 長野県長野市権堂町2313

代表者:代表取締役 篠田光宏

設立:2009年6月

電話番号:050-5830-3956

URL:https://life-seed.co.jp

事業内容:

・Router Board

・ネットワーク構築

・各種クラウドサービス

・IoT&ロボット

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ライフシード

代表者名

篠田 光宏

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

携帯、モバイル関連

カテゴリ

提携

この企業の関連プレスリリース

【日本初】学生向けマンションで学術無線LANローミング基盤サービス「eduroam」に対応
! 2018年11月16日 10時
学術無線LANローミング基盤サービス「eduroam」の提供・導入サポートの開始
! 2018年11月9日 10時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る