福岡ひびき信用金庫とクックビズが業務提携 〜飲食特化の人材サービス「クックビズ」提供を通じ、福岡エリアの人材課題を解決〜

 飲食特化の人材サービスを提供するクックビズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長CEO:藪ノ 賢次、以下「当社」)は、福岡ひびき信用金庫(本社:北九州市八幡東区、代表者:野村 廣美)と業務提携契約を締結致しました。

 

■業務提携の背景

外食産業の市場規模は、平成28年「日本フードサービス協会」が発表したデータによると25兆4,169億円と推定されます。しかし全体の8割以上が個人飲食企業であり、中小プレイヤーがひしめく業界構造となっています。

そのような背景を踏まえ、当社では中小企業ならびに個人のための専門金融機関としてサービスを提供する信用金庫と提携することで、より一層業界にマッチしたサービスを提供できるのでは、という点に着目。

また福岡ひびき信用金庫は、取引先の飲食企業・店舗から人材不足や後継不足に関する相談を受ける事が多く、経営支援として採用に関わる情報を提供できればと考え、この度業務提携する運びとなりました。

帝国データバンクが2018年2月に発表した「九州・沖縄地区のメーンバンク調査」内の九州・沖縄地区でのメーンバンク 信用金庫ランキングにて第1位を誇る福岡ひびき信用金庫と提携を行うことで、まずは福岡エリアの飲食企業・店舗へサービスを提供。順次範囲を広げていく考えです。

 

■業務提携の概要

福岡ひびき信用金庫は、人材採用において課題を抱えている飲食企業・店舗に対して「クックビズ」を紹介し、企業側にニーズがあった場合は、当社の営業担当を紹介します。

 

 

■福岡での提携について

福岡市内のレストラン数は、人口1,000人あたりでみると、東京、パリ、ミラノに次ぐ世界第4位の都市であり、食に対する関心が高い事が伺えます。※1

しかしながら福岡市の平成30年8月有効求人数と求職者数をみると、飲食物調理の職業は求人数2,218人に対して求職者数は553人、接客・給仕の職業も求人1,005人に対し482人と人材を求める飲食店の数が大きく上回っている事がわかります。※2

そのような経緯を踏まえ、当社は2018年6月に福岡市に拠点を開設。この度の提携により、より一層福岡、また九州地区でのサービス提供の強化を進めてまいります。

※1 福岡市調べ「Trip Advisor」「世界の統計 2015-主要都市人口(総務省統計局)」

レストラン数は平成27年10月23日時点「Trip Advisor」に登録されている数

※2 厚生労働省「福岡県内における賃金情報・バランスシート 職業別:有効求人・求職状況」平成30年8月時点

 

福岡ひびき信用金庫

http://www.fukuokahibiki.co.jp/

代表者 野村 廣美

[本社]北九州市八幡東区尾倉2-8-1

 

クックビズ株式会社

https://cookbiz.co.jp/

代表取締役社長CEO 藪ノ 賢次

[本社]大阪市北区芝田2-7-18

オーエックス梅⽥ビル新館 8階

[事業内容] 飲食・フード産業に特化した以下事業

人材紹介事業/求人広告事業/研修事業 等 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 クックビズ株式会社
代表者名 藪ノ賢次
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    クックビズ株式会社の
    関連プレスリリース

    クックビズ株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域