プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

業界初の消防設備点検スケジュール管理ソフト「Planner EX」をリリース ~点検事業者の経営課題を解決。商業施設等の安全性向上や働き方改革の推進にも期待~

石田データサービス株式会社

! 2018年9月26日 13時

石田データサービス株式会社(本社:広島市、社長:井上英明)は、消防設備点検業務に特化した点検スケジュールを作成するパッケージソフト「Planner EX」を開発、全国の消防設備点検事業者に向けて販売を開始しました。販売パートナー様も募集します。 消防設備点検事業者の意見や要望をもとに開発した「Planner EX」は、消防設備の点検スケジュールの作成や業務管理の生産性を飛躍的に高め、常態化している点検漏れの削減による建物の安全性の向上や、労働時間の短縮による働き方改革の推進が期待できます。 経済産業省IT導入補助金が利用可能です。

40年にわたり設備工事店や防災弱電工事店向けの積算見積ソフト・工事原価管理ソフト等を販売している、石田データサービス株式会社(本社:広島市、社長:井上英明)は、消防設備点検業務に特化した点検スケジュールを作成するパッケージソフト「Planner EX」を開発、全国の消防設備点検事業者に向けて販売を開始しました。販売パートナー様も募集します。

http://www.idsnet.co.jp/product/planner/index.html

       

 

開発の背景とPlanner EX導入の期待効果

1 背景

①多くの商業施設や集合住宅が危険な状態

消防法では、店舗、病院、集合住宅などに対して6ヶ月毎の消防設備点検の実施と、その結果の消防署長等への報告が義務付けられています。しかし、点検の実施報告率は%(年度全国平均)と低水準で、店舗、飲食店、病院、集合住宅など多くの人が利用する建物が危険な状態にあることが深刻な社会問題となっていますが、消防設備点検を担う点検事業者は中小・小規模企業が多く、点検需要の増加と点検項目の複雑化に応えることができません。

②高い顧客離反率と人依存の経営

点検漏れや報告忘れ等による顧客(建物オーナー等)からの信頼の低下と、それに起因する顧客の離反が状態化しています。また、点検スケジュールの作成や点検の実施管理など事業の中核的なノウハウが人に依存していることが経営リスクになっています。

③低い従業員満足となり手不足

頻繁に起こる顧客クレームによる精神的なストレス、スケジュールの作成・管理のための長時間労働、利益率が低く高まらない賃金水準など、従業員満足が低い労働環境では士気が上がらず適切な点検業務が実施できていません。建物の安全に関わる重要な仕事にもかかわらず、なり手が不足しています。

 

2 根本原因

消防設備点検には、顧客との契約内容、建物・設備の管理状況、点検担当者(保有資格)や使用機材・車両の稼働状況、実施報告の実施確認、点検後の改修工事の有無などの多くの情報が複雑に絡みます。これに対し、スケジュール作成担当者が紙、表計算ソフト、グループウェアなどを使って、記憶や経験を頼りに、点検スケジュールの作成や管理を行っているため、点検スケジュール漏れや重複が常態化して、生産性を押し下げていることが根本的な原因です。

 

3 Planner EXの導入効果

「Planner EX」の導入後は、消防設備点検に関する多様な情報を一元管理して、経営・管理者層、点検担当者、協力会社が必要な情報をリアルタイムで共有できるようになります。点検漏れや重複、連絡ミスなどが減少して生産性が高まることで、点検事業者の経営課題の解決と建物の安全性の向上、さらには労働時間の短縮や賃上げ原資の創出により国が推進する働き方改革の実現が期待できます。

 

4 販売パートナー様のメリット

「Planner EX」は事業者のニーズが高い一方で競合製品がないので、販売しやすい製品です。さらには、「本丸」(見積作成)、「二の丸」(原価管理)など「Planner EX」とデータ連携できる当社ソフトウェアの販売にもつながります。今後は、全国の事務機器販売会社様、消防設備機器販売様、ソフトウェア販売会社、会計事務所様等にお取り扱いをお願いする予定です。

 

Planner EXについて

1 製品の特長

本製品は、①建物ごとに契約内容や設備の状態を記録した「建物台帳」に基づいて、②「スケジュール管理ソフト」で効率的に点検スケジュールの作成と実施確認ができ、③「スマホ連携システム」では現場担当者や外注業者との情報の共有、実施状況の管理ができます。それぞれの主要な機能・特徴は以下の通りです。

なお、ユーザ様のご要望をもとに今後は随時、機能を改善してまいります。本製品はライセンス利用契約を採用しているため、既存のユーザ様も常に最新の機能をご利用いただくことができます。

 

①建物台帳の主な機能

・管理する物件数が多くても、見たい物件が一覧から簡単に検索できます。

・最新の契約内容や設備情況が、社員全員で情報共有できます。

・建物ごとの点検注意事項(駐車場の有無、立会いの要不要、設備の状況など)が分かります。

・修理や入れ替え提案が必要な設備が簡単に検索できます。

・問合せを担当者に迅速に伝えるだけでなく、蓄積した過去の対策を参考に問合せ回答ができます。

 

②スケジュール管理ソフトの主な機能

・過去のスケジュール・契約台帳を利用して効率的に、漏れや重複のない点検スケジュールが作成できます。

・予定の変更も手早くできます。点検担当者、機材、車両の重複状況も反映します。

・点検の完了や未点検の状況が色分け表示され、一目でわかります。

・点検の所要時間、内容、点検担当者、使用機材、契約内容、連絡事項が一目で分かります。

・現場からの情報がタイムリーに反映されます。

    

③スマホ連携システム

・現場でのスケジュールの確認、現場からの状況連絡がタイムリーにできます。入退状況が把握できます。

・ペーパーレスなので情報セキュリティも万全です。

     

 

④点検報告書作成ソフトや補修工事見積作成ソフト・請求管理ソフトとも連携

業界で多く使われている消防点検書作成ソフトとデータ連携ができますので、これまでのIT投資や情報資産が無駄になりません。

さらに、当社の見積作成ソフト「本丸」工事原価請求管理ソフト「二の丸」ともデータ連携して使用することができ、点検後に発生する補修工事の見積書や請求書の漏れの防止と事務の効率化が図れます。

 

 

2 仕様

 http://www.idsnet.co.jp/product/planner/index.html

・内容物 CD-ROM 1枚、セットアップマニュアル 1冊、利用許諾書 1部、サポート案内 1部

      

     ※パッケージの内容、デザインは予告なく変更することがあります。​

 

3 参考価格

 社員50名(内、点検担当者40名)の場合

・月額 44,000円(原則として、ライセンス利用契約)

   基本システム同時稼働10ライセンス36,000円

   WEBシステム20ID 8,000円(クラウド利用費込み)

・導入時の初期費用 360,000円(設置導入費 200,000円+訪問操作指導費2回 160,000円)

※2018年9月25日現在の価格を提示しています

※価格は全て税抜き価格で表示しています

 石田データサービス株式会社について

http://www.idsnet.co.jp/

本社   広島市中区堺町1丁目7番12号

東京営業所  東京都中央区日本橋馬喰町1-6-8 第二久ビル9F

福岡営業所  福岡県福岡市博多区博多駅前3-7-35 博多ハイテックビル5F

仙台出張所  宮城県名取市ゆりが丘4-3-5

設立       昭和47年9月1日(1972年)

資本金    1,000万円

代表取締役社長  井上 英明

事業内容    自社パッケージシステムの販売

納入実績 工事積算見積システム「本丸EX」、工事原価管理システム「二の丸EX」 各3,000件

 

本件に関するお問い合わせ先

石田データサービス株式会社 システム営業部

電話       050-3161-7985

※電話受付時間は、9:00~12:00 ・ 13:00~18:00(土日祝日および弊社休日を除く)

E-mail    support@idsnet.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

石田データサービス株式会社

代表者名

井上英明

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

建築

カテゴリ

製品

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る