古本を使った寄付サービス『ありがとうブック』で、「認定NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」に寄付ができる提携開始!

2018年6月29日より、株式会社ホンカウ(所在地:埼玉県朝霞市、代表:前原 克洋)は、古本を使った寄付サービス『ありがとうブック』(https://www.39book.jp/)で 認定NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN(所在地:東京都中央区、代表:赤尾和美)に寄付するサービス提携を開始いたします。 「ありがとうブック」では、ご不用になった本・DVD・CD・ゲームなどをお送り頂くことで、NPO・NGO等を支援できる仕組みを提供しています。「ありがとうブック」にお送り頂いた本等は、「ありがとうブック」を運営する株式会社ホンカウが買取し、その買取代金を、NPO・NGOに寄付致します。 この仕組みを利用することで、アジアの恵まれない子どもたちの医療支援、教育、地域医療などさまざまなプログラムを実施して、カンボジアの医療の向上に努めてまいります。

2018年6月29日より、株式会社ホンカウ(所在地:埼玉県朝霞市、代表:前原 克洋)は、

古本を使った寄付サービス『ありがとうブック』(https://www.39book.jp/)で

認定NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN(所在地:東京都中央区、代表:赤尾和美)に

寄付するサービス提携を開始いたします。

 

支援ページ⇒  https://www.39book.jp/supporter/welfare/fwab/

 

■寄付に関して

「ありがとうブック」では、ご不用になった本・DVD・CD・ゲームなどをお送り頂くことで、

NPO・NGO等を支援できる仕組みを提供しています。

 

「ありがとうブック」にお送り頂いた本等は、「ありがとうブック」を運営する株式会社ホンカウが買取し、

その買取代金を、NPO・NGOに寄付致します。

 

この仕組みを利用することで、アジアの恵まれない子どもたちの医療支援、教育、地域医療など

さまざまなプログラムを実施して、カンボジアの医療の向上に努めてまいります。

 

 

<本が集まったらできること>

●20冊集まったら

肺感染症や胃腸炎の子供たち4人分の治療費をサポートできます

 

●30冊集まったら

栄養失調の子供1人に栄養価の高い食料を1週間分サポートできます

 

 

 

 

 

 

■ありがとうブックからフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANへの寄付方法

STEP1: 以下のページにある「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANを支援する」ボタンをクリック。

https://www.39book.jp/supporter/welfare/fwab/

 

STEP2: ありがとうブックへの無料資料請求をして下さい。

 

STEP3: 資料が届きましたら、ありがとうブックへの発送準備をお願いします。

 

STEP4: 寄付品の発送をお願いします。

日本郵便の集荷専用電話番号:郵便局集荷センター「0800-0800-111」にご連絡頂き、

寄付品の集荷手配をお願いいたします。

お電話がつながりますと、集荷に伺う地域の郵便番号7ケタを押して頂くことで、

担当郵便局につながります。 ご指定の時間に、郵便局員が集荷にお伺いしますので、

寄付品の発送をお願いいたします。

 

STEP5: 寄付品の査定をいたします。

 

STEP6: 買取代金が団体さんに寄付(振り込み)されます。

 

STEP7: 支援頂いた団体から、受領のご連絡がいきます。

 

 

 

 

■フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANのはじまり

団体の創設者は、世界で活躍する写真家の井津建郎。撮影のためにカンボジアを度々訪れていましたが、

そこで井津が目にしたのは、偉大な遺跡だけでなく、1ドル、2ドルが払えないために

医療を受けられずに苦しんでいる子供や、命を落としていく子供たちの姿でした。

 

当時、カンボジアの幼児死亡率は日本の数十倍。

 

病気やケガ、栄養失調で苦しむ子供たち、

また、地雷の被害に遭いながら治療を受けられずにいる子供たちが大勢いました。

 

そんな現実を目の当たりにした井津は、

「自分は写真をTake(撮る・もらう)ばかりだったが、Give(返す)もするべきではないか」と考え、

シェムリアップに小児病院を建設することを決意。

 

医療の知識もない、つてもない、お金もないところから

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーがスタートしました。

 

 

 

 

■フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANの活動

ラオスやカンボジアを中心に、アジアの子供たちへの小児医療支援を行う団体として、

1999年にカンボジアのシェムリアップに「アンコール小児病院(AHC)」を設立。

 

そして、2015年2月には新たなプロジェクトとして、

ラオスのルアンパバーンに「ラオ・フレンズ小児病院(LFHC)」を設立しました。

 

ミャンマーでは、ローカルNGO「ゴールド・ミャンマー」と協力して、

農村部の子供たちへの健康診断、衛生教育、母親向けの栄養教育などを行っています。

 

「医療・教育・予防」の3つを柱とし、

持続性のある小児医療のモデルケースを作ることを目指して活動しています。

 

 

 

 

 

 

■株式会社ホンカウ

http://www.honkau.co.jp/

本社所在地: 埼玉県朝霞市膝折町1-4-13

TEL: 048-423-6399  代表:前原 克洋  設立:2013年8月

事業内容:インターネット、店舗での本の買い取り、ありがとうブックの運営

 

■(認定)特定非営利活動法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN

http://www.fwab.jp

本社所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル7F

創設者:井津建郎 代表:赤尾和美 創設:1996年6月

 

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社ホンカウ ありがとうブック 広報課 担当:鈴木

E-mail:info@39book.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ホンカウ
代表者名 前原 克洋
業種 その他サービス

コラム

    株式会社ホンカウの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域