プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

移住するなら第二のふるさとを探すならこの地域に注目! SMOUTネット関係人口スコア ランキングを発表 〜WebやSNSでの注目を数値化!地域ごとにスコア算出〜

株式会社カヤックLiving

! 2018年6月14日 15時

株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、以下「カヤックLiving」)は、2018年6月14日、運営する移住スカウトサービス「SMOUT」より、『SMOUTネット関係人口スコア ランキング』を発表いたしました。SMOUTに参加する、移住で注目を集めている、あるいは移住促進に積極的に取り組んでいる32の市区町村を対象に、インターネット、SNS上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人の数を収集しスコア化しました。

株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、以下「カヤックLiving」)は、2018年6月14日、運営する移住スカウトサービス「SMOUT」(スマウト、URL

:https://smout.jp)より、『SMOUTネット関係人口スコア ランキング』を発表いたしました。

 

■SMOUTネット関係人口スコアランキング(2018年6月14日現在)

1位:海士町(島根県)67.8

2位:東吉野村(奈良県)66.9

3位:平戸市(長崎県)66.7

4位:館山市(千葉県)65.6

5位:小林市(宮崎県)65.5

5位:美濃加茂市(岐阜県)65.5

7位:西条市(愛媛県)65.3

 

他の地域のスコアは https://smout.jp/areas に掲示しています。

 

■『SMOUTネット関係人口スコア』を提示する背景

地域活性化や地方創生の話題のなかで、ここ近年「関係人口」という言葉が使用されるようになっています。総務省によると『「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる者』とされ、『地方圏は、人口減少・高齢化により地域づくりの担い手不足という課題に直面しているところ、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待できる。』とその意義が提示されています(※1)。そして平成30年度の総務省予算において「関係人口」創出事業に2.5億円の予算が発表されました(※1)。

 

2016年より総務省で開かれている「これからの移住・交流施策のあり方に関する検討会」(※2)の中でも、関係人口が論じられ、『「関係人口」を地域づくりに貢献する存在として認識し、必ずしも「移住」という形でなくとも、国民の一人一人が積極的に関心を持ち、想いを寄せる地域である「ふるさと」に対する想い、貢献しようとする人々の動きを積極的に受け止め、人々と「ふるさと」とのより深い関わりを継続的に築く新たな仕組みを具体的に検討することが必要。』との見解が発表されています。

 

カヤックLivingは「地域と暮らし」の多様化を目指し、移住促進と地域の活性化のための移住スカウトサービス「SMOUT」を2018年6月4日にリリースしました。「SMOUT」は地域への移住定住のきっかけの提供と共に、前述のような背景を受けて「関係人口」に着目し、その数値化と可視化を目指しています。まずはインターネット上、およびSMOUT内での関係人口を可視化すること、数値化していく意向です。

 

■『SMOUTネット関係人口スコア』について

インターネット上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人を『ネット関係人口』と定義します。以下のデータを収集のうえ、独自のアルゴリズムにもとづく計算により、地域ごとにスコアを出しています。

 

◎ネット関係人口スコア算出に使用するデータ(2018年6月14日現在)

・定住人口

・公式Facebookページのいいね!数

・公式Twitterのフォロワー数

・公式Instagramのフォロワー数

・Instagramでの#市区町村名の投稿数

・公式youtubeチャンネルのフォロワー数

*各市区町村の広報アカウントなどオフィシャルアカウントを「公式」として選別しています

*算出に使用するデータの種別は更新が発生するものとし、SMOUTサイト上で開示します。

 

今回のランキングの対象は、SMOUTに参加する、移住で注目を集めている、あるいは移住促進に積極的に取り組んでいる32の地域です。今回が第1回の発表となり、今後は毎週スコアとランキングを更新していく予定です。

 

■SMOUTに参加する地域(順不同/全32市区町村/2018年6月4日現在)

海士町(島根県)、東吉野村(奈良県)、平戸市(長崎県)、館山市(千葉県)、小林市(宮崎県)、美濃加茂市(岐阜県)、西条市(愛媛県)、東彼杵町(長崎県)、大村市(長崎県)、西粟倉村(岡山県)、佐世保市(長崎県)、会津若松市(福島県)、南九州市(鹿児島県)、鎌倉市(神奈川県)、宇陀市(奈良県)、鳥取市(鳥取県)、湖南市(滋賀県)、美波町(徳島県)、土佐町(高知県)、相模原市緑区(神奈川県)、富士吉田市(山梨県)、小豆島町(香川県)、尾道市(広島県)、坂井市(福井県)、茅野市(長野県)、高山市(岐阜県)、下諏訪町(長野県)、上勝町(徳島県)、上毛町(福岡県)、弘前市(青森県)、加賀市(石川県)、福山市(広島県)

 

(参照資料)

※1総務省発表 公表資料:「関係人口」創出事業

http://www.soumu.go.jp/main_content/000548030.pdf

※2総務省発表 公表資料:「これからの移住・交流施策のあり方に関する検討会報告書(概要)」

http://www.soumu.go.jp/main_content/000528977.pdf

 

 

【SMOUT概要】

サービス名称:SMOUT(スマウト)

URL:https://smout.jp

運営:カヤックLiving

内容:地域に行きたい人と地域で活動する人とをマッチングする移住スカウトサービス。登録しておくと、活躍できる地域やライフスタイルに合う地域からスカウトが届きます。地域で活動する人とマッチングすることで、地域に行ったり関わったりする人を増やし、さらには移住のきっかけの創出を目指しています。地域のシティプロモーションの場としても活用することができます。

 

【カヤックLiving概要】

会社名:株式会社カヤックLiving

所在地:神奈川県鎌倉市御成町11番8号

代表取締役:松原佳代

設立:2017年9月1日

事業内容:Webを活用した住まいと地域に関する面白クリエイティブ事業

サービス:SuMiKa https://sumika.me 、SMOUT https://smout.jp

URL:https://www.kayac-living.com

 

【このリリースに関する取材などの問い合わせ】

press@kayac-living.com

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社カヤックLiving

代表者名

松原佳代

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

『#SMOUTで地域に行こう キャンペーン』を開始!移住スカウトサービス「SMOUT」をつかって地域に行ったら“ご当地メシ代”キャッシュバック。
! 2018年8月21日 11時
最大70%OFF!『家の中の小屋』期間限定セール開催! 「1.5畳の子ども小屋」「壁にもなる書斎小屋」など、8月26日まで。
! 2018年8月13日 13時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る