プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

「ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引」発行のお知らせ

早稲田システム開発株式会社

! 2018年6月8日 16時

弊社関連会社である株式会社ミュージアムメディア研究所(東京都新宿区、代表取締役:内田剛史)では、「ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引」を発行いたしましたのでお知らせいたします。

本書は、ミュージアムや文化財の担当者がデジタルアーカイブに取り組むための、またはICTを活用した情報発信を行うための手引書として制作した、独自編集のレポートブックです。デジタルデータではなく実物・現物を扱うミュージアムは、その成り立ちや業務内容からデジタルツールとは相性が良いとは言えませんが、デジタルベースの受発信へとシフトする社会全体に歩調を合わせる上で必要となる環境整備をサポートする内容となっています。

本書では、デジタルアーカイブ事業やICT活用事業を進めるための予算を上手に押さえる方法、失敗を事前に回避する方法、持続可能な事業を企画立案する方法などについて、さまざまな切り口から検証を試みました。また、執筆・編集にあたり、以下の3点には特に留意し、応用しやすい内容とすることに主眼を置いています。

1. 統計データなどを駆使しながら、各事項の背景事情までしっかりと解説しています。

2. 事業を組み立てる流れだけでなく、「予算申請の材料」という観点も重視しています。

3. 成功のポイントだけでなく、失敗を招きやすい要素にも焦点を当てています。

ミュージアムや文化財に関わる方々が、ICTを活用した情報発信に積極的に取り組める環境を得ることができれば、「ミュージアムは本当に楽しい」と思う人も増えるはず。そんな未来づくりに、本書がわずかでもお役に立つことができるなら幸いです。

 

冊子概要

【タイトル】 ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引

【判  型】 A4

【ページ数】 120ページ

【内  容】

第1部 ミュージアムとデジタルアーカイブ

第2部 事業企画と予算折衝

第3部 成功する事業プラン

第4部 ICT活用事例

 

なお、本冊子はミュージアムおよび文化財・史跡関係者に限り、無料で差し上げております。ご希望の方は株式会社ミュージアムメディア研究所ホームページ(http://www.museummedialabo.jp/)の「Report」欄より、メールにてお申し込みください。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

早稲田システム開発株式会社

代表者名

内田剛史

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

国・自治体・公共機関

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

博物館コレクション情報横断検索ゲートウェイサービス <MAPPS Gateway>サービス開始のご案内
! 2017年11月29日 9時
「「届くデジタルアーカイブ」ケーススタディ」 発行のお知らせ
! 2017年9月15日 10時
地図と風景で日本の魅力を案内する、日本再発見スマホアプリ。「にっぽん風景なび」、全国10都市でサービス開始!
! 2017年4月3日 8時
地図を使って浮世絵名所歩き。江戸の旅人気分を楽しむアプリ。「浮世絵で歩く日本の名所」サービス開始!
! 2017年4月3日 8時
桜の名所を地図と名画で案内する、日本再発見スマホアプリ。「桜百景」サービス開始!
! 2017年3月30日 8時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る