アジアの社会的企業の発掘と支援- ARUN、128の応募団体から優秀な社会的企業を選考するCSIチャレンジ2の最終選考を実施

認定NPO法人ARUN Seed (以下、ARUN )は 2018 年 5 月28日、アジア地区における優秀な社会的企業を選考するクラウド・ソーシャル・インベストメント(以下、CSI)チャレンジ2の最終選考を実施しました。

ARUNの提言するクラウド・ソーシャル・インベストメントは、発展途上国で活躍する社会的企業への投資であり、その目的として「社会課題の解決」が飛躍的に進むことを目指す仕組みです。CSIチャレンジ2は、今回アジア地区から、"Challenging Innovation for the SDGs"をテーマとして、イノベーディブなアプローチでSDGs達成に向けた社会的インパクトを創出するアジアの社会的企業を募集し、その中から優秀な企業を決定するプログラムです。優勝企業には、投資を含めた支援を提供します。本プログラムの狙いとして、1) SDGs達成に向け優れた取り組みを行う社会的企業の発掘・支援 2) 世界の社会的企業と日本のネットワークを繋ぐ社会的投資プラットフォームの構築、を掲げています。なお投資資金のうち一部調達には、クラウドファンディングによるファンドレイジングを利用しました。 

 

応募社会的企業 

  応募企業対象地域:インド、ミャンマー、パキスタンなどを含むアジア地区 

  応募期間:2018年2月27日~3月31日 

  総応募企業数:128社 

  最終選考企業数:6社 

 

最終選考会 

  実施日:2018月5月28日 

  実施日:中央区立環境情報センター 

  内容: 

     最終選考企業によるプレゼンテーションと質疑応答 

     選考委員による審議と優勝企業の決定 

  選考委員(順不同) 

      米倉 誠一郎(一橋大学イノベーション研究センター教授) 

      木越 純(バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店副会長) 

      宮崎 桂(JICA社会基盤・平和構築部ジェンダー平等・貧困削減推進室長) 

      大野 泉(政策研究大学院大学教授) 

      功能 聡子(ARUN代表) 

 

最終選考企業 

1)Awaaz.De 

活動国:インド 

事業内容: 

携帯電話と自動音声応答システムを利用し、遠隔地の人々に対し、 

生活に役立つ情報 について音声コンテンツを提供しています。 

https://www.awaaz.de/

 

2)Bookmybai.com 

活動国:インド 

事業内容: 

インドの中産階級以上の家庭で需要の高い家政婦と、 

雇用主とのマッチングサービスと、それに関わる雇用契約、 

就業中のトラブル対応を含むサービスを提供しています。 

http://www.bookmybai.com/

 

3)Greenovator 

活動国:ミャンマー 

事業内容: 

スマートフォーン上のモバイルアプリを利用して、農業従事者が 

必要とする各種情報(農業技術に関する記事や書籍、天候市場価格等)を 

発信しています。またアプリ上で農家と専門直接繋ぎ、適切な技術指導を 

提供しています。 

http://www.mmgreenovator.com/

 

4)Khaloom 

活動国:インド 

事業内容: 

廃棄された布を再利用し、手織物の製造ならびに販売を行っています。 

http://khaloom.com/

 

5)Nomisma Mobile Solutions 

活動国:インド 

事業内容: 

モバイルアプリ上でのリアルタイムネット決済手段(ftcash)を 

小規模商人に対して提供しています。また、そこで集められたデータを元に、 

販売時点情報を蓄積し、ローンサービスを提供します。 

https://www.ftcash.com/

 

6)WonderTree 

活動国:パキスタン 

事業内容: 

特別支援教育を必要としている障碍児向けの教育用 AR(=拡張現実) ゲームや 

その管理システムを、病院 や医師、学校に対して提供しています。 

https://www.wondertree.co/

 

ARUN は 2009 年より、発展途上国の貧困など社会課題をビジネスで解決する社会起業家に対して、社会的投資を実施しています。投資先は多岐にわたり、これまでにカンボジアとインド、バングラデシュで、農業、医療、太陽光発電、観光業、ヘアエクステンション製造業、浄水事業に投資を行ってきました。 

 

SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標) 

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 

 

認定NPO法人ARUN Seedとは 

ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。 

 

代表プロフィール 功能聡子 

国際基督教大学、ロンドン政治経済大学院卒。民間企業、アジア学院を経て1995年より10年間カンボジアに在住。NGO、JICA、世界銀行などの業務を通して、復興・開発支援に携わる。カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信しARUNを設立。日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動している。SBIビジネスプランコンテスト優秀賞受賞、エコジャパンカップ2010 環境ビジネスウィメン賞受賞、第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞受賞、2016年「Forbes Japan世界で闘う日本の女性55」に選出。 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 NPO法人 ARUN Seed
代表者名 功能聡子
業種 その他サービス

コラム

    NPO法人 ARUN Seedの
    関連プレスリリース

    NPO法人 ARUN Seedの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域