男性タレントでマツコ・デラックスが初のトップ ~「テレビタレントイメージ2018年2月度調査」まとまる~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、年2回「テレビタレントイメージ調査」を実施しています。この度、第91回調査(2018年2月度)の結果がまとまりましたのでお知らせします。

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、年2回「テレビタレントイメージ調査」を実施しています。この度、第91回調査(2018年2月度)の結果がまとまりましたのでお知らせします。

 

<男性タレント>

■マツコ・デラックス、初の首位に

人気上昇幅もアカデミー賞級!役所広司35位へ

 

※詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.videor.co.jp/press/2018/180326.htm

 

マツコ・デラックス(前回3位)が明石家さんま(同1位)をおさえ、初の首位に立ちました。多数のレギュラー番組やCMに出演している同氏ですが、特に女性の20~40代に人気が高いのが特徴的です。2位は前回同様、阿部寛、3位が明石家さんまとなりました。今回はサンドウィッチマンが前回8位から4位に、出川哲朗が17位から8位に順位をあげました。

 

男性タレントの中で最も人気度がアップしたのは役所広司でした。昨年のTBSドラマ「陸王」や、日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞をとった映画「三度目の殺人」への出演などの目覚しい活躍により、50位圏外から35位へ急上昇しました。

 

※詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.videor.co.jp/press/2018/180326.htm

 

<女性タレント>

■上位が入れ替わり、綾瀬はるかが女王へ返り咲き。

引退へカウントダウン、安室奈美恵は7位へ上昇!

 

綾瀬はるかが新垣結衣から1位を奪還、昨年主演した日本テレビのドラマ「奥様は、取り扱い注意」も好調で、下期は露出も増えました。2位は新垣結衣、3位は天海祐希と上位にはお馴染みの顔ぶれが並んでいますが、今回はイモトアヤコが5位に、石田ゆり子が10位にくい込みました。

また昨年の9月に引退発表、ラスト紅白でも歌手別毎分視聴率トップ(関東地区)を記録して31位から7位へ急上昇した安室奈美恵は、男女通して最も人気度がアップしたタレントでした。

 

 

※調査概要と人気度ベスト20は別紙をご参照ください。人気度ベスト50は当社HPに掲載しています。

https://www.videor.co.jp/talent/index.htm

※グループを調査対象にする際は、メインボーカルの性別を基準にして男女を決定しています。

※本調査は、テレビで活躍するタレント・有名人1,000人の知名度・人気度・イメージ評価データを体系的に

収集しており、テレビ番組やCMのキャスティングの際の基礎データとして広くご利用いただいています。

 

※図表の詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.videor.co.jp/press/2018/180326.htm

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ビデオリサーチ
代表者名 加藤讓
業種 その他サービス

コラム

    株式会社ビデオリサーチの
    関連プレスリリース

    株式会社ビデオリサーチの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域