プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

~発達障害のこと、周囲にどれだけ伝えていますか?~ 大人の発達障害。約7割が職場でカミングアウトできず

株式会社ゼネラルパートナーズ

! 2018年3月6日 15時

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズは、発達障害のある当事者92名を対象に、「障害のカミングアウト」に関するアンケート調査を実施しました。 今回の調査対象者では、78%が社会人になってから発達障害の診断を受けていますが、約7割の方が職場でカミングアウトができずいる現状が明らかとなりました。

報道関係者各位

                                                                                                                    2018年3月 6日                           

                                                                                          株式会社ゼネラルパートナーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ~発達障害のこと、周囲にどれだけ伝えていますか?~

                    大人の発達障害。約7割が職場でカミングアウトできず

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、発達障害のある当事者92名を対象に、

「障害のカミングアウト」に関するアンケート調査を実施しました。

 

2016年5月、障害への理解や支援の促進などを目的とした発達障害者支援法が改正されるなど、

発達障害に対する社会的な支援が徐々に進み始めています。一方で、今回の調査結果からは、

差別や偏見を恐れ、職場で障害をカミングアウト出来ていない実態が明らかになりました。

 

今回の調査対象者では、78%が社会人になってから発達障害の診断を受けています。

 

発達障害であることをオープンにして働きたいか、という問いには「とても思う」が63%、

「まあまあ思う」が25%となり、全体の88%が職場で障害をオープンにしたい、と考えている

ことが明らかになりました。一方、実際に職場で発達障害であることを伝えている人は33%に

留まり、67%は伝えていませんでした。職場に伝えない理由は「伝えても理解してくれないと

思うから」が53%、「仕事を続けられなくなると思うから」が44%であり、発達障害について

職場に伝えることで、悪影響が生じることを懸念しているものと思われます。

 

発達障害の認知は広がりつつありますが、発達障害の当事者が「理解してもらえる」という

期待を持てない現状があることが明らかになりました。

 

 

■調査概要■

調査対象:対象:障害者 92名  

調査方法:インターネット調査

 

■調査結果サマリー

[1] 発達障害と診断された時期は、約8割が社会人になってから。

[2] 8割を超える人が障害をオープンにして働きたいと思っている。

[3] 発達障害であることを約7割が職場へ伝えていない。

[4] 職場へ発達障害であることを伝えない理由

1位「伝えても理解してくれないと思うから」

2位「仕事を続けられなくなると思うから」

3位「仕事を任せてもらえなくなりそうだから」

 

 

【その他、詳細情報は以下のレポートをご覧ください。】

http://www.generalpartners.co.jp/downloads/【Release】発達障害者の障害カミングアウトに関する調査【職場編】.pdf

 

 

≪株式会社ゼネラルパートナーズについて≫

障害者専門の人材紹介会社として、2003年4月に創業。その後、「就職・転職サイト」

「障害別の教育・研修事業」「就労困難な障害者による農業生産事業」など、幅広い事業

を展開している。これまで就職や転職を実現した障害者の数は5,000人以上。

『誰もが自分らしくワクワクする人生』というビジョンのもと、今後は障害者に限らず、

不登校、ひきこもり、LGBTなど様々な不自由を抱える方々のサポートへ、ビジネスの領域

を広げていく。

会社名 :株式会社ゼネラルパートナーズ  

本社所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F

代表者 :代表取締役社長 進藤均  

業務内容:障害者専門の人材紹介事業、求人情報事業、教育・研修事業、農業生産事業、

調査・研究機関 など

URL :http://www.generalpartners.co.jp/

  

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ゼネラルパートナーズ  広報担当:田島

TEL:03-3270-5573 FAX:03-3270-6600  

Mail:media-pr@generalpartners.co.jp

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ゼネラルパートナーズ

代表者名

進藤 均

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

ソーシャルビジネスを先導する社会起業家の輩出へ  ソーシャルアントレプレナーズアソシエーションを設立
! 2018年11月21日 16時
渋谷で障害者向けWeb・IT就労移行支援サービス、今冬開始! ゼネラルパートナーズ・デジタルハリウッドが業務提携で実現
! 2018年10月10日 18時
障害者アスリート専門の人材サービス『atGPアスリート』が種目・実績を問わずすべての障害者へサービスを拡大 ~障害者スポーツと仕事の両立を目指す方のキャリア支援
! 2018年9月4日 10時
~初めての不安を解消。受け入れから定着までトータルサポート~ 『障がい者の定着支援サービス』スタート
! 2018年6月19日 16時
~障害者雇用を“カンタン”に“まるわかり”~『障がい者雇用における教科書』販売開始
! 2018年6月19日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る