プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

2018年 米国における「自動車分野×AI・ユースケース」に関する網羅的な調査(公開事例:110社×326枚付き)

株式会社 ESP総研

! 2018年1月8日 13時

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、市場調査レポート“2018年 米国における「自動車分野×AI・ユースケース」に関する網羅的な調査(公開事例:110社×326枚付き)”を発刊しました。

■はじめに

 

2018年がスタートしたが、米国における「自動車分野×AI ユースケース」の網羅的な探索&分野セグメント別 抽出・整理・レポートに対する期待値や注目度は今まで以上に高まっている。

 

ここ(直近)1年の間、日本よりは進んでいるであろう米国において、どのような「自動車分野×AI ユースケース(事例)」が生まれているのか、将来のヒントとなる個別の重要且つ先端的な事例(ビジネスの種)を集めて欲しいなど、米国における「自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」について網羅的に調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。また、「自動車分野×AI」関連ビジネスを積極的に展開しようと計画しているベンダにとって、今後の新規市場・顧客開拓・営業提案・商品&サービス開発に役立つ(活用価値が高い)ような「米国×自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」について、網羅的に深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっている。

 

また、日本国内でも、あらゆる分野においてAIに関連する製品が市場に出されようとしている。特に自動運転車の研究開発が加速するに伴い、既に実用化されている製品も少なくない。米国×自動車分野において、どのような分野でAIが進展しているのか、関心が高まっている。自動車に搭載するAIだけでなく、自動運転車に対応する道路のインフラや一般車との複合交通に関する課題も残されている。

 

こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2018年 米国における「自動車分野×AI・ユースケース」に関する網羅的な調査(公開事例:110社×326枚付き)” ~当該主要ベンダ(110社)を中心に、「米国×自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」の網羅的な調査を実施、「米国×自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」の徹底探索≪合計110社×326件の「米国×自動車分野×AI  ユースケース(公開事例)」を抽出・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。一般的に完全自動運転車の完成は2020年とされているが、米国では現在何がどこまで完成しているかを網羅的に調べるため、当該分野において徹底して「自動車分野×AI」について調査を行った。

 

調査を担当したボリンジャー 実穂子が、以下の通り調査所感ならびにメッセージを述べているので参考にして頂きたい。相対的にみると、自動車製造・生産分野、ドライブアシスタント分野、人材管理・指導分野においてAIのユースケースが多かった。これはおそらく自動運転車の技術革新が加速しているためと推定できる。企業の専門分野に関しては、伝統的な自動車生産を専門とする企業よりも、AI関連ソフトウエアを提供する企業の数の方が多く見られた。

 

当レポートは、あくまで米国市場における網羅的な情報抽出、整理を行ったものである。米国においては、間違いなく完全自動運転車の完成を目標とした研究が進められており、それに関連するAI製品やサービスがどんどん市場に出されている。自動運転車の開発は、車内に搭載するAI製品だけでなく、自動運転車に対応するためのインフラ、例えば駐車場や商用車の支払いシステム、ネット上の個人情報管理などの分野の開発も同時に行われている。急速に自動車分野におけるAIの進出が進む中、世界各国の法整備も不可欠となっている。

 

この調査報告書が米国などの海外における「自動車分野×AI ユースケース」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

■調査対象

・米国における「自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」 全般

 

■サブタイトル

~ 当該主要ベンダ(110社)を中心に、米国における「自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」の網羅的な調査を実施、「自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」×「分野セグメント別」の徹底探索・抽出・整理≪合計110社×326件の「米国×自動車分野×AI ユースケース(公開事例)」×全種類を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

 

■調査方法

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

 

■調査&レポート期間

・2017年10月30日(調査開始)~2017年12月8日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2018年1月7日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

 

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦

2)調査・分析・レポーティング:Dream’s Commerce ボリンジャー 実穂子

 

■トータル・ページ数(報告書)

・28ページ *別途、公開事例は326枚

 

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=9447

 

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

 

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

 

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆

窓口:ESP総研 「米国における自動車分野×AI・ユースケース」調査部門

TEL : 03-5762-8136  FAX : 03-5762-8036

 E-mail : info@espers.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社 ESP総研

代表者名

村岡 正悦

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

自動車・自動車部品

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

2018年 海外における「MaaS(Mobility as a Service)×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:106社×313枚付き)
! 2018年10月10日 10時
2018年 海外における「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:41社×319枚付き)
! 2018年9月26日 15時
2018年 海外における「5G×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:40社×316枚付き)
! 2018年9月23日 18時
2018年 海外における「ロボット×ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:50社×222枚付き)
! 2018年9月15日 18時
2018年「IoT」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査
! 2018年9月11日 8時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る