プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

3歳児でも使いやすい!と好評の「脳を育てるあづま袋」に2017年12月キュートなサボテン柄が登場!練習箸が入れられる「練習箸も入るカトラリーケース」と同時発売。

そったく

! 2017年12月26日 11時

~早生まれさんでも心配なし! ユニバーサルデザインの通園・通学グッズを企画・販売するそったくが提供する「脳を育てるあづま袋」(実用新案登録No. 第3208801号)にキュートなサボテン柄が登場! 「脳を育てるあづま袋」は、紐を結ぶなど細かい指の操作が苦手な子ども向けに考案された幼児向けお弁当袋(あづま袋)で、2016年の発売以来好評を得ています。 今回同時発売されるのは、「脳を育てるあづま袋」とセットで使えるカトラリーケース(商品名「練習箸も入るカトラリーケース」)。特徴は、二本箸への移行期間の子どもが使用する練習箸も入れられるサイズであること。箸使いの未熟な子どもが幼稚園・保育園でも練習できるようにという保護者の意見を反映して製作、無器用さんでも扱いやす機能なだけで無く、洗濯機で洗えるママに嬉しい商品です~

 ユニバーサルデザインの通園・通学グッズのインターネット販売を手掛ける、そったく(ブランド名「スネイリーズ」、所在地:東京都足立区足立、代表:福田 恭子)は、2017年12月25日より手や指の巧緻性が未熟な幼児や障がい児向けのお弁当袋(商品名「脳を育てるあづま袋」)に新しくサボテン柄のシリーズ(イエロー及びアイボリー)を発売開始しました。

 これに併せて、スプーン・フォークに加え、二本箸がまだ使えない子どものための練習箸を入れるカトラリーケースも同柄で提供します。

 

*あづま袋:風呂敷や手拭いなど日本古来の「布で包む文化」から発祥した袋物で、二本の布端を結んでバッグ状にして使用します。最近ではエコバッグとして見直されてもいます。

*カトラリー:スプーンやフォークなどのこと。

 

 

■脳を育てるあづま袋

https://snailys.theshop.jp/items/9357166

■練習箸も入るカトラリーケース

https://snailys.theshop.jp/items/9377772

 

 

 初めての集団生活が始まる入園・入学を控えたお子さんの発達段階は、実は様々です。

しかし、集団生活の側からは発達段階にかかわらず統一した形のグッズを求められるのが一般的。

 月齢差や障がいなどで発達度合いが緩やかな場合、統一されたグッズでは支度に時間が掛かることがあります。教職員などによる援助が必要に応じてなされますが、その結果、自分で支度することに苦手意識を感じたり劣等感を持ってしまい、意欲がそがれてしまう可能性があります。

 

 子どもは内心では周りのお友達と同じように「自分のことは自分でやりたい」と思っています。

 そこで、その前向きな気持ちにより添い、ほんの少し工夫することで子どもが劣等感を感じずにクラスのリズムにそった行動を取れるデザインを考案したのが「脳を育てるあづま袋」「練習箸も入るカトラリーケース」です。

 今回使用した柄は、キュートだけれど子どもっぽ過ぎない絵柄で、サボテンの様々な形や色が幼児期に必要な多様な視覚体験を与えることもできます。男女年齢関係なく飽きが来ない柄で、親子でお揃いで使ってもいい柄となっています。

 

 

【「脳を育てるあづま袋」の概要】

 

 

○実用新案登録済み(登録No. 第3208801号)の画期的な型紙

 一般的なあづま袋の結び部分の布端を8.5cm延長し、園児が四本の指をそろえたままグーで握っても余裕で布が残る結びやすい長さを採用。

 布をクロスさせた時にできる輪の部分(空間)が大きくなり、紐結び操作が拙い子どもでも布の先端をくぐらせ易いデザインです。

 

○定評のある結びやすさ

 子どもの手の大きさに合わせて結びやすさを追求、工夫しているので、「3歳児でも簡単に結べました」と昨年度は育児雑誌に取り上げられるなど好評を得ています。

 

○指先を使うことから育つ脳の力

 普段の生活で減少しつつある紐結びの体験を通して、指先を動かすことで脳の運動野、前頭前野への刺激が見込まれます。

 

素 材 :綿100%

サイズ :広げたとき 縦 約34.5cm  横 約30.0cm  マチ 約11.0cm

販売価格:1,300円(税込み)

 

 

 

 

 

 

 

 

【練習箸も入れられるカトラリーケースの概要】

 

 

○出し入れしやすいフラップ仕様と面ファスナー

 開口部を大きく、蓋をフラップ式にすることにより、スプーンやフォークの出し入れが素早く簡単にできます。また、指先の力の未熟な子どもでもストレス無く開閉できるように、程良い幅の面ファスナーを装着しています。

 市場にあるカトラリー(スプーンやフォーク)を入れるケースは主にプラスティック製であり、重さがあるだけでなく蓋の開閉に指の力と技巧性が必要なので、それでは扱いづらい子どもでも使いやすい形になっています。

 

○練習箸も入れられる大きさ

 3才児からの集団生活は、スプーンやフォークによる食事から二本箸へと移行する時期でもあり、園生活でも練習できるように練習箸をも入れられる長さと幅を確保しています。障がいを持っている場合、取り組み年齢が遅くなることを想定して小学生向けの練習箸(18.5cm)でも入るサイズになっています。

 二本箸に完全移行してからも使える充分な長さがあるので、使用するカトラリーによって入れ物(カトラリーケースや箸入れ)を変える必要が無く、コストパフォーマンスのよい商品となっています。

 

○素材は軽くて丈夫な天然素材を使用

 毎日子どもが口にする食器を入れる事を踏まえ、天然素材のファブリックを使用。軽くて場所を取らないだけで無く、洗濯機で洗えるため家事の負担も減ります。

 

○こだわりの裏地

 汚れが目立たない色味の裏地を使用しているので、万一カトラリーに付着したケチャップの色などが移っても汚れが目立ちません。

 また、色彩感覚が幼少期の視覚体験に影響されるということから、フラップを開けると色違いの裏地が出てくるという、色・柄のデザイン性にもこだわりました。

 

素 材 :綿100%

サイズ :(閉じたとき)縦 約9cm   横 約20cm

販売価格:1,200円(税込み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スネイリーズ

URL: https://snailys.theshop.jp/

 

 定型発達であろうと無かろうと、子ども達の「じぶんでやりたい」という気持ちにより添って、ちょっとだけお手伝いする商品を世に送り出すことを「スネイリーズ」はモットーとしています。

代表者自身がダウン症児を育てて感じたこと気付いたことを元にプロデュースした商品で、子どもが諦めずにチャレンジし、自己肯定感を育てられるようお手伝い致します。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

そったく

URL: http://www.sottuck.jp/

E-mail: snailys.tinyshop@gmail.com

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

そったく

代表者名

福田 恭子

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

その他製造業

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

「やっと出ましたね!」と販売当初から大評判!そったくが提供する幼児向けお弁当箱袋「脳を育てるあづま袋」、新学期に向けて2017年2月より新柄を増やして販売予定。
! 2016年12月20日 11時
ユニバーサルデザインの通園・通学グッズを販売するインターネット・ショップ「Snaily’s」、2016年1月から新商品3アイテムの販売を開始。
! 2016年2月9日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る