プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jストリームとクラウドポイントが「デジタルサイネージ×ライブ配信」で協業を開始

株式会社Jストリーム

! 2017年12月6日 15時

株式会社Jストリームは、デジタルサイネージ、スペースデザイン等を手がける株式会社クラウドポイントとの間で、当社の展開する国内最大級の動画プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」(Live)の代理店販売契約を結ぶと共に、「デジタルサイネージ×ライブ配信」の展開を共同で進める旨合意しましたので知らせいたします。

報道関係者各位

2017年12月6日

株式会社Jストリーム

 

------------------------------

Jストリームとクラウドポイントが「デジタルサイネージ×ライブ配信」で協業を開始

------------------------------

 

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、デジタルサイネージ、スペースデザイン等を手がける株式会社クラウドポイント(東京都渋谷区、代表取締役社長:三浦 嚴嗣、以下クラウドポイント)との間で、当社の展開する国内最大級の動画プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」(Live)の代理店販売契約を結ぶと共に、「デジタルサイネージ×ライブ配信」の展開を共同で進める旨合意しましたので知らせいたします。

 

-------------------------

■合意の内容と展開

-------------------------

 

「J-Stream Equipmedia」は、2012年の提供開始以降、1,000アカウント以上に導入されている国内最大級のビジネス向け動画配信プラットフォームです。Jストリームが20年にわたり蓄積してきた知見と技術とを反映し、専門的な知識や経験がない方でも快適に利用いただけ、APIなどを介した幅広い外部サービス連携を実現しています。昨今のネットライブ配信の利用の拡大に応えて、この9月には販売する全てのエディションでライブ機能の標準提供を開始しました。

 

クラウドポイントは、デジタルサイネージシステムの構築から運用までを一貫して実施しています。サイネージ内で多彩な表示レイアウト編成が可能で、動画、静止画のほかニュースなどのRSSコンテンツの表示が可能で最新情報を提供できる配信管理システムや、専用の配信管理アプリケーション(CMS)を介して、インターネット上に設けられた、映像素材のアップロードや放映スケジュールの編成、放映端末(STB)への遠隔配信・監視操作が行えるデジタルサイネージシステム CloudExa(クラウドエクサ)などを提供しています。

 

デジタルサイネージは、交通・屋外・屋内の各種広告の普及に加え、販売促進等のより詳しいメッセージや、コミュニケーションに比重をおいた方向での用途が広がりつつあります。即時性のあるネットワークを利用したライブ配信と、同時に多人数が視聴するデジタルサイネージの組み合わせは、多くの人との価値あるコミュニケーションを生み出します。今回の合意により、今後両社は協力して「デジタルサイネージ×ライブ配信」を活用した新たな価値の実現手法や利用シーンを開拓して参ります。

 

<想定している利用シーンの一部>

 ・レジャー/アミューズメント施設でのリアルタイムなイベント情報提供

 ・商業施設内でのタイムリーな告知の実施

 ・社内における情報表示(情報共有)の用途での利用

 

-------------------------

■「J-Stream Equipmedia」について

-------------------------

 

「J-Stream Equipmedia」は、1,000アカウント以上に導入されている国内最大級のビジネス向け動画配信プラットフォームです。また日本企業らしく丁寧で手厚いユーザーサポートにも定評があり、専門的な知識や経験がない方でも快適にお使いいただいています。

動画素材をアップロードし、再生端末を意識することなく最適な形式で安定的に配信されるまでの一連の機能は、使いやすい管理画面で一元的に提供されます。動画視聴解析ツールを標準実装するほか、動画ごとにさまざまなアクセス制限を設定してセキュアな配信を実現するなど、ビジネスシーンに求められる多様な機能をオールインワンで提供します。

その他には、APIなどを介した幅広い外部サービス連携が特長です。たとえば国内主要9社のLMS(eラーニング管理システム)や、CRM・マーケティングオートメーション、動画CMSサービスなどと連携しているため、既存の社内環境や業務へのスムーズな適用が可能です。

 

「J-Stream Equipmedia」サービス詳細

 https://www.stream.co.jp/service/platform/equipmedia/

 

-------------------------

■株式会社Jストリームについて

-------------------------

 

Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸として事業展開を続けております。自社で保有・運営する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用から、Webサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで、総合的なサービスとソリューションを提供し、企業のマーケティングやコンテンツビジネスなどを支援しております。

 

社名(商号) : 株式会社Jストリーム (英文: J-Stream Inc.)

証券コード : 4308(東証マザーズ上場)

代表者 : 代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)

事業内容 :

(1)ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業

(2)ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業

(3)デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業

(4)ネットワークシステムに関するハードウェア・ソフトウェア・付帯サービスの企画、開発、運営、制作、販売、輸出入・賃貸及び代理店業

(5)広告・宣伝に関する企画・制作及び代理店業

(6)1から5に関連するコンサルテーション、調査、分析、研究等

URL : https://www.stream.co.jp/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社Jストリーム

代表者名

石松 俊雄

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

Jストリーム、Microsoft Azureをベースとし、AIによる動画解析に対応する動画配信プラットフォーム「VideoAid」を開発
! 2017年11月13日 13時
P.O.Pが行う360度ライブの配信実験にJ-Stream CDNextを利用した配信インフラが採用:シー・エヌ・エス、ハコスコに協力
! 2017年9月8日 15時
動画配信プラットフォームJ-Stream Equipmediaのサービスメニューを刷新:全エディションでライブ配信標準提供、最上位Expertエディションを追加
! 2017年9月1日 15時
Jストリーム子会社CO3、クラウドベース音声ガイド管理サービスに関する特許を取得
! 2017年8月23日 15時
Jストリーム、コンテンツの再生にともなってその付加情報を提供するシステムに関する特許を取得
! 2017年8月16日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る