プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾に本当の日本の味を・文化を伝えるプロジェクト、クラウドファンディングで支援者募集中

泉谷宣彰

! 2017年11月13日 18時

もっと台湾で日本の味を一般的にしたい、日本の文化を台湾に伝えたい そして、もっと日本に台湾の本当の姿を伝えたい 近年スポーツや芸能などを通じて、台湾と日本の距離はどんどん縮まってきていると感じています。 しかしそんな中、台湾の中では間違った日本の情報が溢れて、また日本で伝えられる台湾も、片寄った情報が多く現実とは遠い。 それは一日本人として沢山の恩を受けた私が、会社を辞して台湾へ単身渡り、感じた事でした。 日本食店経営の傍ら、正しい日本を知ってもらう為の様々な活動、そして日本人へ正しい台湾を知ってもらう為の活動を続けていますが、個人で出来る事に限界を感じています。 「もっと多くの人にこの活動を広めて仲間を増やしたい」 そう感じてクラウドファンディングでの資金募集をしています。 1人でも多くの方に活動を知っていただき、参加していただける事を願っています。

この度私、泉谷宣彰(台湾台南市在住)は、台湾での受け入れ会社である高砂和事有限公司(本社:台南市永康区、代表取締役:泉谷宣彰)を通じて、台湾と日本の正しい姿を互いに伝え、お互いの絆をより深くしていくプロジェクトを展開する為、クラウドファンディングでの支援者募集を開始致しました。

 

「台湾と日本の絆をもういちど~本物の日本の味を台湾に広めたい~」

https://camp-fire.jp/projects/view/45540

 

 

【プロジェクトについて】

もっと台湾で日本の味を一般的にしたい

もっと日本の文化を台湾に伝えたい

そして、もっと日本に台湾の本当の姿を伝えたい

 

台湾人の多くが日本の事をもっと深く知りたいと思っているなか、台湾の中では間違った情報が溢れています。

そして日本で伝えられる台湾も、片寄った情報が多く、現実とは遠い。

 

そんな状況を打破するため、私達は様々な活動を続けています。

台湾での日本食店経営・日本の昔話翻訳と勉強会・台湾が日本だった頃の史跡や、足跡を残した日本人に触れる観光ツアー等。

 

しかしそれだけではまだ足りない、もっと多くの人にこの活動を広めて仲間を増やしたい。

そう感じてクラウドファンディングで仲間を増やす活動を始めました。

 

本クラウドファンディングでの目標は二つあります。

 

一つは台湾人の多くが夜ご飯を探し求めてやってくる「夜市」で本当の日本の味を伝える屋台を作り、増やしていく事。

もう一つは日本の祭や縁日をテーマにしたテーマパークを作り、台湾の誰もが手軽に日本の文化に触れられる、そんな施設を作る事。

 

そしてクラウドファンディングで支援していただいた方は、その実現までの証人として、ありのままの台湾の姿を伝えていきたいと考えています。

 

 

■活動の動機

 

世界一の親日国と呼ばれて久しい台湾ですが、世界の中で見れば「一つの中国」の名の下に、国際社会から正式な国家として認められていない現状があります。

 

7年程前、台湾の南部を襲った台風では、道路が膝上まで下水と混ざった泥に覆われ、

劣悪な衛生環境を強いられていた町がありました。

 

当時の私はサラリーマンとして台湾へ赴任していました。

友人からの誘いで民間ボランティアに参加した時、現地のおばあちゃんが流暢な日本語で「40年振りに日本人に会いました」と、涙を流しながら自分の泥だらけの手を握りしめてきた時、初めて実感が湧きました。

 

「そうか。ここは日本だったんだ。。。」

 

お年寄りの中には今でも教育勅語を言える人も多く、その子供の世代も「中華民国になってからも、家では日本語だったから」と日本語で話しかけてくる人も居ます。

日本の歴史では教わらなかった、日本時代の台湾。

南部にはその心が今なお多く残っています。

 

「日本人は友達だから」と毎回おまけしてくれるステーキ屋台のおやじさん。

 

洗い方が正しく伝わらず、Tシャツをドライクリーニングにかけられてしまい、値段に対してのクレームをつけると「『日本人は友達だから』、金は要らない」と言ってきたクリーニング屋の店主。

 

古くからある台湾での娯楽の一つ、蝦釣りで「日本人は友達だから」と釣り方を丁寧に教えてくれて、専用の竿をプレゼントされたり、一緒に酒盛りを始める釣り堀経営の店員達。

 

台湾南部は今でも、草の根レベルでの「日本愛」に満ちています。

 

一日本人としてそこまで愛された私は、何とか彼らの恩に報いたい一心で、勤めていた会社を辞し、単身台湾へ渡りました。

 

そして紆余曲折を経て、現在では台湾の古都・台南で、日本食の店を経営しています。

 

■等身大の台湾を伝え仲間を増やしたい

 

ここまで書いてきたものは、

私が体験し、感じてきたことのほんの一部に過ぎません。しかも良い事だけです。

 

実際は、良い事も悪い事も沢山台湾で経験して、感じてきました。その結果として、私は台湾を愛しています。

しかしもちろん、日本も愛しています。

私の中では既に区別は無いのです。

そしてその両国をもっと正しい認識で繋げていきたい。

そう考えるようになったのは必然でした。

 

日本食店舗経営は、手段の一つに過ぎません。目標は草の根レベルでの台湾と日本の橋渡し、そしてお互いが正しい認識をもって互いに接し合えるような間柄になる事。

 

そんな私の気持ちに共感してもらえる仲間を増やす事、実はそれがクラウドファンディングの最大の目的です。

 

<プロジェクト概要>

内容:台湾と日本の絆をもういちど~本物の日本の味を台湾に広めたい~

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/45540

目標金額:10,000,000円

募集期日:2017年11月28日(火)23時59分まで

リターン例:

・オフィシャルオンラインサロン参加権・オフィシャルメールマガジン購読権利 3,000円

・上記3,000円コース+台南の景色 写真集 5,000円

・上記5,000円コース+男性向け台湾夜の冒険談 8,000円

など

他リターン・詳細などについては直接CAMPFIREにてご確認ください。

 

【CAMPFIREについて】

 

CAMPFIREとはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な創作費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるプラットフォームです。

 

 

【今後の展望】

店舗運営や夜市、将来の目標である祭屋台テーマパークの他にも、台湾で人気のある、デパートでの日本物産展出店など、台湾での露出機会は次々計画しています。

 

 

台湾側の受け入れ先企業

【会社名】高砂和事有限公司(統一編号:64892920)

【代表者】董事長 泉谷宣彰

【所在地】台灣台南市永康區勝利街95巷9弄22號

【電話】+886-6-2227426

【メールアドレス】izumiya@fulin.tokyo

 

以上

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

泉谷宣彰

代表者名

泉谷宣彰

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

旅行・観光・地域情報

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る