プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017年「いい育児の日」調査】 親の心の状態が反映される子育て難易度 ~5割超が育児の課題は自身の課題と捉えている~

アクトインディ株式会社

! 2017年10月30日 17時

アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net/ )は、11月19日の「いい育児の日」を前に、全国の子供の親762名を対象にいい育児に関するアンケート調査を実施しました。

【2017年「いい育児の日」調査】

親の心の状態が反映される子育て難易度

~5割超が育児の課題は自身の課題と捉えている~

 

 アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net/ )は、11月19日の「いい育児の日」を前に、全国の子供の親762名を対象にいい育児に関するアンケート調査を実施しました。

 

【総括】

 今回の調査で見えてきた育児における問題点としては、自分達以外に頼れる存在がないと感じている親が14%もいたという点。親も含めて他者との関りで子供達は成長するはずが、成長につながるような存在が身近に感じられないという声は見落とすことのできない問題である。

 また、いい育児とは何かということについては、各家庭によって異なるものの、全体的には子供が笑顔でいること、伸び伸び成長できることを望んでいるようだ。しかし、それが実践できているかというと別問題。「いい育児が何かわからない」、「実践しやすい育児をしたい」という方には、調査の結果から親の自己評価が高い「会話の多い育児」がオススメではないかと思える。

 そして、子育てにおける一番の難題。これについては、半数を占めた回答が親のメンタルに通じる問題とも言えることである。気持ちに余裕がなくなってしまうことで、寛容になれない現代社会の問題を浮き彫りにしているようである。認知度はまだまだ低いが、11月19日の「いい育児の日」は各家庭で自身の育児について振り返り、ゆったりと子供に向き合えるようにのんびり過ごすのもいいかもしれない。 (調査・分析:王麗華)

 

【本リリースのポイント】

============================================

1. 「いい育児の日」の認知率は16%

-8割以上に認知されていない現状

-「家族の日」や「家族の週間」の二の舞とならないような対策を

 

2. 孤立した子育て 14%という数字は少ないのか、多いのか

-学校などの先生以上に祖父母や親戚付き合いが子供にとって何らかの成長につながるという実感

 

3. そもそも「いい育児」とは

-いい育児のキーワードは「笑顔」、「伸び伸び」。「会話が多い育児」は実践率高い

 

4. 育児の課題解決策は親の心のうちにあり

-育児の難しさ、自身の心の余裕度合いが反映

============================================

 

1. 「いい育児の日」の認知率は16%

 8割以上に認知されていない現状。11月19日を「いい育児の日」と今年の5月に長野県が提案し、12県が賛同し制定された。この「いい育児の日」を知っているか質問したところ、全体の84%が「知らない」と回答。自治体が主導で育児を盛り上げようという試みであるが、残念ながら現段階ではまだ多くの人に認知されているとはいいがたい状況である。

 参考までに、10年前の2007年に内閣府が制定した「家族の日」や「家族の週間」については、なんと9割が「知らない」と回答した。「いい育児の日」が10年後に同じような結果を辿らないよう今後の盛り上がりを期待したい。

 ちなみに、「いい育児の日」に、家族で受けることができたら嬉しいサービスについて質問したところ、家族そろっての食事やお出かけの際の「家族割引」という声が圧倒的に多かった。続いて、「家族一緒に参加できる特別なイベント」、「家族写真撮影」が上位の回答となった。

 

 2. 孤立した子育て 14%という数字は少ないのか、多いのか

 子育てにおいて孤独を感じている親、14%。親以外に子供を育て成長させてくれる存在がいるかどうか、質問したところ「いる」と回答した割合は86%、残りの14%が「いない」という回答であった。

 親以外に子供を育て成長させてくれる存在がいると回答した方に、それがどんな人であるか質問した結果、全体の約8割が「祖父母や親戚」であり、続いて約5割が「保育園、幼稚園、学校、学童や放課後教室の先生」と回答した。学校などの先生以上に祖父母や親戚付き合いが子供にとって何らかの成長につながることがうかがえた。

 

3. そもそも「いい育児」とは

 いい育児のキーワードは「笑顔」、「伸び伸び」。そもそも、「いい育児」とは何か質問してみた。「子供が伸び伸びと成長できる育児」、「笑顔があふれる育児」、「子供の個性やいいところを伸ばす育児」、「会話が多い育児」の順で5割を超す回答が得られた。

 さらに、各いい子育てについて、親自身がどのくらい実践できているか聞いてみたところ、自身のいい子育てが実践できていると感じている割合が8割を超えているものは「笑顔があふれる育児」と「会話が多い育児」であった。中でも注目すべき点は、「会話が多い育児」において、ほとんど実践できていると回答した割合が35%にも上っていることである。

 

4. 育児の課題解決策は親の心のうちにあり

 育児で一番難しいことは何かを質問したところ、全体の半数以上を占める上位3つが親の気持ちに関することであった。「おおらかな気持ちで子育てをすること」、「叱りすぎてしまうこと」、「思い通りにはいかないこと(思い通りにしたいと思ってしまうこと)」は、どれも親側の心に余裕がなくなっていることの表れであると考えられる。仕事もプライベートも日々忙しすぎる現代人の子育てにおける大きな特徴となっているようだ。

 

▼アンケート概要

【実施方法】 「いこーよ」サイト上で実施

【実施期間】 2017年9月4日~10月3日

【有効回答数】 762名  

【回答者プロフィール】 全国の子供(0~12歳)の保護者

【調査・分析担当】 王麗華

 

子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」概要

 子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net)は、2008年12月にサービスを開始した、家族でお出かけする場所が見つかる情報サイトです。「いこーよ」を通じて家族のお出かけや会話が増え、子供達の笑顔が増えることが明るい社会創りにつながることを願ってサイトを運営しています。

 お出かけ情報の他にも、親もワクワクする子育て情報、家庭生活に役立つトピックス等随時発信中です!

 

■年間利用者数(UB) :約4,600万人 (2017年8月現在)

■掲載スポット数 :約62,000件 (2017年8月現在)

■子育て世代の利用率:約8割



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アクトインディ株式会社

代表者名

下元敬道

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

【海へのお出かけ意識大調査】 海に行きたいけど踏み出せないママ・パパ多数! ~一番のネックは海への安全の意識~
! 2017年11月8日 18時
【2017年 親子のハロウィン事情に関する調査結果】新しさが求められるハロウィン、育児世代の約半数が望む~子供の仮装はミニオンが急浮上~
! 2017年9月21日 15時
【一流スポーツ選手から「心・技・体」を学ぶチャンス!】4種目のスポーツを一流選手と楽しむ2泊3日のスポーツ合宿~WEBサイトにて順次予約受付け中~
! 2017年8月30日 11時
【2017年 敬老の日おでかけ調査】心の距離が縮まる、三世代旅行の恩恵~祖父母への気遣いが成功への近道~
! 2017年8月24日 14時
子供とお出かけ情報サイト「いこーよ」が『第11回 キッズデザイン賞』を受賞~子どもたちを産み育てやすいデザイン部門で受賞~
! 2017年8月21日 13時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る