プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨の決済サービスを提供する 英Wirex(ワイレックス)、 日本法人CEOおよびアジア地域責任者に小島 和の就任を発表

株式会社 Wirex Japan

! 2017年10月17日 17時

ビットコインをはじめとした仮想通貨の決済サービスをグローバルで提供するWirex Limited(本社:英国ロンドン、CEO: Pavel Matveev & Dmitry Lazarichev, 以下「Wirex」)は、2017年10月2日付けで、Wirexの日本法人である株式会社Wirex Japanの代表取締役社長(CEO)およびアジア地域責任者に小島 和(こじま わたる)が就任したことをお知らせ致します。

ビットコインをはじめとした仮想通貨の決済サービスをグローバルで提供するWirex Limited(本社:英国ロンドン、CEO: Pavel Matveev & Dmitry Lazarichev, 以下「Wirex」)は、2017年10月2日付けで、Wirexの日本法人である株式会社Wirex Japanの代表取締役社長(CEO)およびアジア地域責任者に小島 和(こじま わたる)が就任したことをお知らせ致します。Wirexは利用者が急増している日本マーケットとアジア地域に今後リソースを集中投下する予定で、小島は、日本法人のトップとしてまたアジア地域の責任者としてWirexの日本を含むアジアマーケットにおけるビジネスの成長を牽引します。

 

小島 和 Wirex Japan CEO

 

Wirex は、ビットコインをはじめとした仮想通貨を世界中に、VISAネットワークで利用できる決済サービスを提供しています。Wirexのアプリ上で仮想通貨を米ドルやユーロ、英ポンドへと瞬時に交換することが可能です。また対応済みの法定通貨をWirexが発行する「Wirexカード」を通じて世界中のVISAのATM、加盟店等のネットワークで利用することができます。既に世界130ヵ国で900万人以上の会員を有しており、今後さらなる利用者の拡大が見込まれている成長性の高いサービスを提供しています。

日本では2017年4 月にSBIグループから第一弾として300万ドル(*約3億3,600万円)の出資を受け、日本円への対応をはじめとした、アジアにおける本格展開に向けて準備を行っています。さらに日本で、仮想通貨対応のデビットカードを発行、より多くの利用者を獲得するため、SBIグループと引き続き連携していく予定です。

 

WirexのグローバルCEO、Pavel Matveevは、今回の日本法人トップの選任の理由を次のように述べています。

「この度小島 和氏を日本法人のCEOおよびアジア地域責任者として、Wirexに迎えることを大変嬉しく思います。日本にはすでにWirexの利用者がいますが、彼の就任により、今後日本円対応をはじめとした日本向けのサービスを強化してまいります。 Wirexにとって、日本は大変重要なマーケットです。現在、Wirexカードの日本の利用者向けにいくつかの新サービスを準備中で、その一環として、イーサリアム、ダッシュ、リップルなどの仮想通ウォレットを近々新たに追加することを予定しています。利用者は、Wirexの様々な仮想通貨に対応したWirex の各ウォレットからVISAカードを通じて、お店やオンラインショップなどで簡単にお金が使えるようになります。」

 

日本法人の代表取締役社長(CEO)およびアジア地域責任者に就任した小島 和は、英国ロンドン大学(UCL校)工学部を1995年に卒業後、日英のIT企業2社において約12年間にわたり、各種金融システムの開発、営業、コンサル、プロジェクトマネジメント等の業務に携わってきました。直近ではデンマークのオンライントレードプロバイダーのグローバル大手サクソバンクの日本法人社長を2007年より10年務め、フィンテックという歴史の浅い新分野で10年超にわたりその最前線でマーケットの成長に貢献してきました。小島は、従来の伝統的な金融サービスだけでなく、日本でこれからの成長が期待されるフィンテック分野でのグローバルな知見、日本およびアジアにおける事業拡大、レギュラトリー対応、マーケティング、マネジメントの豊富な経験と見識をWirex にもたらします。

 

この度の就任にあたり、小島は次のように抱負を述べています。

「日本では今年、世界に先駆けて仮想通貨に関する法制が整備され、またビットコイン等の仮想通貨を使って買い物ができる店舗も少しづつ増えていますが、まだその利用者は限定的で一般化されていないのが現実です。Wirexは、仮想通貨が私たちの身近な決済手段、ツールになる上で必要な素晴らしいテクノロジーと仕組みを持っています。この革新的なサービスを日本において正式にスタートさせるため、今後監督官庁と協議しながら早期開業に向けて様々な準備を推し進めてまいります。」

 

*2017年10月17日のドル円換算レート(約112円)で算出しています。

 

以上

 

【Wirex Limited(ワイレックス)について】

Wirex は、2014年に英国で設立されたフィンテックスタートアップ企業です。現在、130カ国以上の 約90万人 の利用者にブックチェーンの個人向けファイナンスプラットフォームを提供しています。Wirexを通じての決済総額は、2017年6月時点で、10億ドルに達しました。ロンドンの本社のほか、キエフ(ウクライナ)と東京に拠点を構えています。

Wirexは先般日本で行われたFIN / SUM WEEK 2017にて、国際間の決済を超低価格で実現できる「W-Pay」を発表しました。これは、マルチアセット・オフチェーン・ネットワークを進化させたもので、スマート・コントラクトのテクノロジーにより実現しました。複数の法定通貨を対象とした決済ソリューションで、ブロックチェーンやゲートウェイのコストが利用者にチャージされない、完全オートメーションのM2M決済の環境であり、大きな注目を集めました。https://wirexapp.com/

 

【株式会社 Wirex Japan(ワイレックス・ジャパン)について】

Wirex Japanは2017年8月に設立されたWirex Limitedの日本法人です。 現在、2017年の改正決済法に準じて、日本における仮想通貨交換業の登録を申請中です。

 

 

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社 Wirex Japan

代表者名

小島 和

業種

金融・保険

プレスリリース情報

ジャンル

金融・保険

カテゴリ

人事

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る