フリーダイビング日本代表・岡本美鈴、サリン事件・卵巣腫瘍という“命の危機”を乗り越えて金メダリストと成った人生を語る 「自叙伝」の予約開始!

株式会社スポーツゲイン(東京都港区、代表取締役:岩田一美)のマネジメント・アスリート=「フリーダイビング競技・金メダリスト:岡本美鈴」による自叙伝『平常心のレッスン。ーカナヅチでフツーのOLだったわたしが、フリーダイビングで世界一になれた理由ー』が、株式会社旬報社(東京都新宿区、代表取締役:木内洋育)より、2017年11月1日(水)に発売されます。これに伴い、2017年9月20日(水)より予約受付をスタート致します。※amazon予約受付URL(短縮)=http://urx.red/FYu8

株式会社スポーツゲイン(東京都港区、代表取締役:岩田一美)がマネジメントするアスリートの、「フリーダイビング競技・金メダリスト:岡本美鈴」が、自叙伝『平常心のレッスン。ーカナヅチでフツーのOLだったわたしが、フリーダイビングで世界一になれた理由ー』を、株式会社旬報社(東京都新宿区、代表取締役:木内洋育)より、2017年11月1日(水)に発売致します。これに先立ち、2017年9月20日(水)より本書の予約受付をスタート致します。
※amazon予約受付URL(短縮)=http://urx.red/FYu8

殆ど泳げない岡本美鈴が、フリーダイビング競技で世界一を連発するまでに成長した背景には、1995年・地下鉄サリン事件と、卵巣腫瘍という「2度の命の危機」が影響しており、生きている事の実感・喜びが競技力向上の源となっています。

競技自体に命のリスクも在る中で「生きる」には、自然(海)と共鳴・一体化し、心を無にして“平常心”を保つ必要が有り、厳しい環境の中で実践される平常心作りは、他競技のアスリートやコンサルタントの唱える他論とは一線を画すると言えます。

この生死を左右する程の平常心作り(セルフコントロール術)は、岡本美鈴独自のメソッドであり、その秘密が書籍に散りばめられています。よって、自叙伝で有りながら、実用書としての機能を持ち合わせて、一般の方々に有益な内容に仕上げています。

地下鉄サリン事件を乗り越えたアスリートとして、TV・新聞等でも取材を受けていますが、より詳細な集大成として、岡本美鈴の強さの秘訣を知って頂くと同時に、誰もが平常心を身に付けて様々な世界で輝いて欲しい、という願いを本書から読み取って頂ければ幸いです。

///////////////////////////////////
書籍概要
///////////////////////////////////
・著者:岡本美鈴
・タイトル:平常心のレッスン。
      ーカナヅチでフツーのOLだったわたしが、フリーダイビングで世界一になれた理由ー
・仕様:四六判208ページ
・価格:本体¥1400円+消費税
・コード:ISBN978-4-8451-1511-2
・発売:株式会社 旬報社


///////////////////////////////////
岡本美鈴プロフィール
///////////////////////////////////

・出身:1973年1月30日 東京都出身

・data:身長158cm、体重50kg、O型

・所属:東京フリーダイビング倶楽部

・HP:http://mimidive.com/

・主な戦績
   2008 世界選手権(団体)=3位

   2009 世界選手権(個人)=CWT4位

   2010 世界選手権(団体)=優勝

   2011 世界選手権(個人)=CWT3位

   2012 世界選手権(団体)=優勝

   2012 Vertical Blue=CWT優勝

   2013 世界選手権(個人)=CWT2位

   2014 世界選手権(団体)=2位

   2014 Vertical Blue=CWT優勝

   2015 Vertical Blue=CWT優勝

   2015 世界選手権(個人)=CWT優勝

   2016 世界選手権(団体)=優勝

   2017 Vertical Blue=CWT自己Best-94m

殆どカナヅチの状態から、イルカと一緒に泳ぐ事を夢見て、2003年よりフリーダイビング競技開始。2006年CWT(海中深度競技)で日本記録樹立。その後、毎年日本記録・アジア記録を更新し続け、2010年世界大会・団体戦で金メダルを初獲得。競技歴10年程で日本女子No.1の座に君臨。

現在も女子選手を牽引する。自己ベストはCWT-94m(2017年)。

地下鉄サリン事件遭遇、卵巣腫瘍摘出という2度の生命の危機に遭った事で、潜水から浮上した際の生命の実感=生きる喜びを確認したいという想いが、フリーダイビングを極める理由の1つ。岡本にとってフリーダイビングは、単なる競技ではなく、偉大な自然(海)との一体化を求める精神世界。

2010年、自然への感謝を形にする海洋環境保全PR活動「Marine Action」を設立。2012年、韓国EXPO・日本館サポーター (SMAP草彅剛、さかなクン等)にアスリートとして抜擢される。

世界TOPクラスの競技センスと親交的なキャラクター、アスリートの模範と成る社会性を備え、海洋保全活動等も影響してメディア出演多数。非五輪のマイナー競技選手としては稀な、多くのドキュメンタリー番組やニュースに出演。キャッチフレーズは「海を敬愛するリアル・マーメイド」。趣味は灯台巡り。

 

///////////////////////////////////
株式会社旬報社に関して
///////////////////////////////////

・社名:株式会社旬報社

・住所:〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町544 中川ビル4F

・TEL:03-5579-8973
・FAX:03-5579-8975
・URL:http://www.junposha.com

・代表:代表取締役 木内 洋育

・設立:1949年11月

・資本金:2000万円

・事業内容:出版業


ーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社スポーツゲインに関して

ーーーーーーーーーーーーーーーー

社名:株式会社スポーツゲイン

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-8カランドリエビル4F

   TEL: 03-6426-5066/FAX: 03-3224-0219

URL:http://www.sportsgain.jp/

代表:代表取締役 岩田 一美

設立:2009年12月16日

事業内容:スポーツ・スポンサーシップ・マネジメント

     スポーツ・ストラテジー・プロデュース

     スポーツ・ビジネス・コンサルティング

     スポーツ・クライアント・マネジメント



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社スポーツゲイン
代表者名 岩田一美
業種 その他サービス

コラム

    株式会社スポーツゲインの
    関連プレスリリース

    株式会社スポーツゲインの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域