アメリカ合衆国国土安全保障省のロバート・ホィットカー 特別捜査官をゲストに迎える「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」 9月4日に東京で開催

「仮想通貨時代のアンチマネーロンダリング最前線~AML・OFAC・KYCへの最先端ソリューション~」をテーマにした株式会社Blockchain Intelligence Group Japan(ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ・ジャパン)主催のカンファレンスで、アメリカでの仮想通貨関連犯罪の対策事例、FinTech分野の第一人者による最新トレンドとリスクへの備えなどを紹介します。

 


仮想通貨の中核技術であるブロックチェーン向けのセキュリティおよびコンサルティングサービスなどを提供している株式会社Blockchain Intelligence Group Japan(ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ・ジャパン )(本社:東京都千代田区、代表取締役:クリス・フィリアトロー)は、9月4日(月)に東京・千代田区内の都市センターホテル内コスモスホールで、「仮想通貨時代のアンチマネーロンダリング最前線~AML・OFAC・KYCへの最先端ソリューション~」をテーマにした「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」を主催。

アメリカ合衆国国土安全保障省のロバート・ホィットカー特別捜査官による仮想通貨関連犯罪の対策事例の紹介、内外のFinTech分野で活躍する第一人者を招いての最新トレンドやリスクへの備えなどを紹介するスピーチやパネルディスカッションを予定しています。

 

▼「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」紹介ページ:http://blockchainconference.jp/

 

 

■アメリカ合衆国国土安全保障省の現役特別捜査官が語る仮想通貨犯罪への対策と最新トレンド、リスクへの備えを紹介するカンファレンス

 

9月4日(月)、東京・千代田区内の都市センターホテル内コスモスホールでBlockchain Intelligence Group Japanが主催するのは、「仮想通貨時代のアンチマネーロンダリング最前線~AML・OFAC・KYCへの最先端ソリューション~」をテーマにした「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」です。

 

アメリカ合衆国国土安全保障省の現役特別捜査官であるロバート・ホィットカー氏がアメリカにおける仮想通貨取引の最新動向や犯罪への対策事例を語るほか、内外のFinTech分野で活躍する第一人者を招いての最新トレンドやリスクへの備えなどを紹介するスピーチやパネルディスカッションがおもなプログラムです。

 

 

 

アメリカ合衆国国土安全保障省特別捜査官 ロバート・ホィットカー氏

 

 

仮想通貨をめぐっては、アンチマネーロンダリング(AML)、アメリカOFAC(財務省外国資産管理局)規制、本人確認(KYC)など、違法な取引きやその対策方法が大きな課題になっています。

 

Blockchain Intelligence Group Japan(ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ・ジャパン)では、「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」の主催を通してブロックチェーン(仮想通貨の中核技術)向けデータ解析ソリューション「QLUE」の特徴やメリット、優位性を次のような公的機関・企業・団体へ向けて紹介します。

 

1.仮想通貨の犯罪捜査を担当する警察機関

2.仮想通貨による脱税捜査を担当する税務執行機関

3.仮想通貨取引にともなうアンチマネーロンダリング(AML)、アメリカOFAC(財務省外国資産管理局)規制、本人確認(KYC)などの対策・対応データが必要な金融機関、仮想通貨取引所

4.本人確認(KYC)、アメリカOFAC(財務省外国資産管理局)規制への対応が求められる仮想通貨取引を手がける企業

5.コンプライアンス対策が求められる、今後、仮想通貨取引を手がける予定の企業

6.仮想通貨関連の事案を手がける弁護士事務所

 

 

■仮想通貨をとりまく犯罪のリスクを検出・解析するソリューション「QLUE」

 

アメリカ合衆国国土安全保障省では、ブロックチェーン・テクノロジー・グループが独自開発した「QLUE」(Qualitative Law Enforcements Unified Edgeの略)」を活用してアンチマネーロンダリング(AML)、アメリカOFAC(財務省外国資産管理局)規制、本人確認(KYC)などの分析、リアルタイムでの追跡・統計・解析情報などを入手した捜査を展開しています。

 

「QLUE」は、独自の高度検索アルゴリズムと最先端テクノロジーの応用ですべてのブロックチェーン上の取引の監視・追跡を可能にします。仮想通貨の追跡・検索エンジンとして、最初にウォレットが使われた国や地域、ダークウェブで取引された履歴、アメリカOFACが分類した国や地域の経由地など、さまざまな要因を解析・探知してデータポイントを絞っての追跡調査が可能になります。

 

 

仮想通貨取引のAML対策の問題点

 

 

 

QLUE検索結果例 仮想通貨の取引金額、ウォレットの関連性をリアルタイム・可視化により検索・追跡

 

 

 

 

■「ブロックチェーン・カンファレンス Tokyo 2017」実施概要

 

テーマ:仮想通貨時代のアンチマネーロンダリング最前線~AML・OFAC・KYCへの最先端ソリューション~

日時:9月4日(月)午前10時~午後5時/交流会午後5時30分~午後7時30分

会場:都市センターホテル3階 コスモスホール(〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1)

おもなプログラム(予定):

・講演

「アメリカ国土安全保障省の仮想通貨に対する見解」および事例紹介、「アメリカ国土安全保障省の仮想通貨に対する将来展望」ロバート・ホィットカー氏(アメリカ合衆国国土安全保障省特別捜査官)

「仮想通貨とブロックチェーンの可能性とリスク」岩下直行氏(京都大学公共政策大学院教授、元日本銀行FinTechセンター長)

「2017年のEUの改革 マネーロンダリング指令とビットコイン」カール・フリードリッヒ・レンツ氏(青山学院大学法務研究科教授)  

ほか

・パネルディスカッション「仮想通貨の今後」

増島 雅和氏(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

ディエゴGズルディバー氏(Rootstock Lab創業者兼CEO)

リサ チェン氏(Founder&Head of R&D Vanbex Group)

ほか

 

カンファレンス入場券:20,000円(税込)

カンファレンス入場券+懇親会:25,000円(税込)

主催:株式会社Blockchain Intelligence Group Japan

申込み・問合せ電話番号:03-6261-6165

問合せメールアドレス:support@blockchaingroup.jp

内容紹介・申込みURL:http://blockchainconference.jp/

尚、警察機関、金融機関、仮想通貨取引所を対象とした入場無料招待券(数量限定)があります。

詳しくは上記メールにてお問合せ下さい。

カンファレンス概要.pdf

 

【株式会社Blockchain Intelligence Group Japan(ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ・ジャパン)について】

本社:〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-12 清話会ビル7階

代表者:代表取締役 クリス・フィリアトロー

設立:2017年4月

電話番号:03-6261-6165(代表)

URL:http://blockchaingroup.jp/

事業内容:ブロックチェーン検索・解析・セキュリティシステムのライセンス事業、ブロックチェーン開発サービス、ブロックチェーン技術のコンサルティングサービス

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社Blockchain Intelligence Group Japan(ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ・ジャパン)

担当者名:鈴木輝子

TEL:03-6261-6165

Email:support@blockchaingroup.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社Blockchain Intelligence Group Japan
代表者名 クリス・フィリアトロー
業種 ネットサービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域