青森の祭り文化とぬくもりが調和した客室「いくてら」がバージョンアップ

星野リゾート 青森屋は、客室の快適さと青森の祭り文化が調和した客室「いくてら」(4室)をバージョンアップし、2017年6月1日から提供を開始します。青森屋には、「のれそれ(*)青森」を合言葉に、青森の四季を表現したイベントや、青森四大祭りのショーを開催しています。その一貫で、2015年にオープンした客室「いくてら」が、この度バージョンアップします。この客室に宿泊することで、青森の文化を知り、興味を持っていただくことを目指します。*青森の方言で「目一杯」の意味

客室「いくてら」とは

毎年夏に行われる青森の三大ねぶた祭り【青森ねぶた、弘前ねぷた、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)】をテーマにし、各祭りにまつわる調度品に囲まれて滞在できる客室です。

 

青森ねぶた祭(*1)にまつわる調度品

■津軽びいどろの飾り皿

青森の四季をガラスで表現する伝統工芸品・津軽びいどろ。客室に入った瞬間から、にぎやかな祭りの雰囲気を感じていただけるよう、鮮やかな色合いで表現した飾り皿を入り口に設置しています。

 

■こぎん刺しのベッドランナー

祭りの踊り手が身に付ける「たすき」の躍動感を、青森の伝統工芸品・こぎん刺しの刺繍で表現しています。

 

■ねぶた障子

2016年青森ねぶた祭にて、最高賞であるねぶた大賞を受賞したねぶた師・竹浪比呂央(たけなみひろお)氏が描いた障子です。そのねぶた師の技術を間近に見ることができます。

 

*1:青森ねぶた祭:「日本の火祭り」としても知られ、毎年約200万の人々が訪れる祭り

 

弘前ねぷたまつり(*2)にまつわる調度品

■ねぷた絵

牡丹(ぼたん)が描かれた扇型のねぷた絵です。牡丹は、かつて津軽地方(現在の弘前市周辺)を治めていた津軽藩の家紋の絵柄だったことから、弘前ねぷたまつりの山車に描かれています。祭りのにぎやかさだけでなく、約300年の間受け継がれてきたその歴史を感じることができます。

 

*2:弘前ねぷたまつり:城下町・弘前で行われる、扇型の山車が大小合わせて約80台登場する祭り

 

五所川原立佞武多(*3)にまつわる調度品

■立佞武多行灯

高さ約1.2mの行灯は、立佞武多の山車を模しており、華やかな柄で、客室を照らします。

 

*3:五所川原立佞武多:高さ約23m、重さ約19tの巨大な山車が町を練り歩く祭り

概要

■提供開始日:2017年6月1日

■広さ:43㎡~

■客室数:全4室

■定員:2名

■料金: 1泊2食付・2名1室利用時 1人あたり 22,000円~(税・サ込)

■予約方法:「星野リゾート 青森屋」公式サイトより予約

■予約URL:http://noresoreaomoriya.jp/rooms/ikutera/

 

星野リゾート 青森屋

「のれそれ(=目一杯)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森が誇る文化を人のぬくもりと共に目一杯体験できる温泉宿「星野リゾート 青森屋」。青森四大祭りを楽しむショーレストラン「みちのく祭りや」をはじめ、それぞれ異なる工芸品で設えた5タイプの客室、青森文化をテーマに様々な体験ができる四季で変わるイベントなど、青森ならではの文化を楽しめます。

〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室

http://noresoreaomoriya.jp/

 

星野リゾート

http://www.hoshinoresort.com/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 星野リゾート
代表者名 星野佳路
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    星野リゾートの
    関連プレスリリース

    星野リゾートの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域