~ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクト~

~ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクト~ 熊野市木本町の商店街に佇む築100年の趣のある古民家を活用し、ここでしか味わえない感動と懐かしさをたくさんの人にあじわってもらい、海と山と川に囲まれた自然豊かな町熊野で色んな方と交流しあえる昭和なゲストハウスにしていきます。

 

ゲストハウスわがらん家(所在地:三重県熊野市木本町437、代表:山高公誌)は、2017年2月1日よりクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて、ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクトを開始しました。

 

「ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクト」

http://camp-fire.jp/projects/view/19672

 

 

 

【プロジェクトについて】

▼はじめにご挨拶

皆様はじめまして。山高公誌と申します。

一度きりの人生、やらずに後悔するなら死ぬ気で挑戦して、人生を変えたい!!

そんな想いから今年2月に、地元 世界遺産の町三重県熊野市にゲストハウスわがらん家をオープンしました。

▼ゲストハウスオープンした経緯

「人と人とが交流できる場をつくりたい」―。

そんな思いを抱きつつ、どうたらいいのか?どうしていきたいのか?分からず、8年間コンビニで働いていました。

このままの人生でいいのだろうか?と思って、一昨年コンビニを辞めて、一人旅に出た。

あまり地元から出たことがなかった僕はこの旅で、行動することの大切さ、出会いの大切さ、交流の大切さ、旅行の楽しさ、地元熊野の素晴らしさを改めて感じさせられました。

旅を終え、しばらくしてから、地元の特産物加工所で働きながら、地元熊野の素晴らしさをSNSなどを活用して発信していました。

そんなある日、友人が「ゲストハウスやってみない?公誌さんがやりたいことにピッタリだよ」と声をかけてくれた。

興味はあったが、その頃の僕には、やってみる自身はなかった。去年の桜が散った頃でした。

その後もその友人は、僕の夢を叶えようと諦めず声をかけてくれた。

そして、去年の夏

その友人とBBQしながら語り合い、「やってみよう!!」と思い立って、ゲストハウスオープンに向けて準備し、物件探しを始め、築百年の物件を見つけお借りし、今年二月にゲストハウスわがらん家をオープンしました。

 

ゲストハウスの名前「わがらん家」は、南紀熊野の言葉と方言「わがら=自分ら」から命名しました。

▼熊野市ってどんなところ?

熊野市は世界遺産と花火のまちとして知られています。

世界遺産として有名なのが、熊野古道・鬼ヶ城・獅子岩・七里御浜・花の窟の5大観光名所があります。

他にも丸山千枚田・楯ヶ崎・赤木城跡・大丹倉・新鹿海水浴場といった素晴らしい観光名所があります。

 

そして、毎年8月17日には熊野灘に広がる美しい七里御浜や、国の名勝に指定されている鬼ヶ城を舞台に繰り広げられる熊野大花火大会が行われます。

熊野大花火大会では、直径約600mに広がる美しい3尺玉海上自爆や、疾走する2隻の船から海へ花火玉を次々と投げ入れ、海上で扇形の花を咲かせる海上自爆が見れます。フィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛」は、爆発した花火が扇状に開き、轟音が響きわたります。

 

熊野市は、海や山に恵まれた自然豊かな町で、快適に暮らしていく場所として、とてもいい環境です。

ただ、熊野市は人口の減少による過疎化が深刻な問題となっています。

若者たちは、働く場を求め市外へ移住し、より一層、少子高齢化が進行している。

20年前は、活気があった記念通り商店街も今となっては、人通りが少なく、シャッター街が目立ち、虚しさが感じます。

 

活気ある熊野市にしていきたい!!

熊野に住んでよかった!!熊野に来てよかった!!と思ってもらいたい!!

熊野市再生の為、皆様のお力をお貸しください。

▼これまでの活動

ゲストハウスオープンに向けて準備を始めた去年の夏の終わり頃。

熊野市の空き家でお借りできるところを、一件一件聞き込みしながら探し回った。

山沿いの集落から海沿いの集落まで。

1ヵ月程毎日探し周りやっとの思いで見つかった物件があり、お借りできるところまでいったが、様々な問題点が発生しふりだしに戻りました。

しかしその後奇跡のようなめぐり合わせで、商店街の中にポツリと佇む趣のある古民家を見つけお借りできる事になりました。建物はまさに古き良き日本にタイムスリップしたかのような昭和の空間。イメージ通りで感動しました。

お借りできる事が決まってすぐに、別の方が宿屋をやりたいので貸してほしいと訪ねてきていたとの事でした。本当にご縁を感じました。

その後すぐ、地域の方々、友人、知人に協力していただきながら修繕していきゲストハウスオープンの準備を進めていきました。

開業準備から5カ月後、無事今年2月にオープンさせることができました。

 

▼やってみてどうですか?

毎日わからないことだらけで、仲間と喧嘩をしたり泣いたり笑ったりいろいろありましたが

本当に挑戦して良かったです!

近所の方やお世話になっているお店の方から

「商店街が明るくなったよ」

「いつもありがとうね」

「君らは、この町の希望や!!」

「がんばってね」

「出会えてよかった」

いろんな声をいただきました。

本当に励みになり、この町をなんとかしたいというビジョンがさらに強くなっています。

そして皆様にはとても感謝しています。

また、色んな国々の方と交流することで、文化や言葉の違いに触れられて、凄くいい刺激になっています。

 

<プロジェクト概要>

内容:~ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクト~ 熊野市木本町の商店街に佇む築100年の趣のある古民家を活用し、ここでしか味わえない感動と懐かしさをたくさんの人にあじわってもらい、海と山と川に囲まれた自然豊かな町熊野で色んな方と交流しあえる昭和なゲストハウスにしていきます。

URL:http://camp-fire.jp/projects/view/19672

目標金額:1,000,000円

募集期日:2017年5月25日(木)23時59分まで

リターン例:

・【お礼メッセージ付きオリジナルポストカード+お名前記載】 3,000円 

お届け予定:2017年06月

 

①お礼のメッセージを添えて、わがらん家オリジナルポストカードお送りします。

 

②支援して頂いた方はFacebookページにてお名前を記載させていただきます。

 

・【宿泊1泊券】 3,000円

お届け予定:2017年07月

①宿泊券1名1泊分

 

(有効期限:1年間)

 

※有効期限内であっても満室の場合もしくは宿泊施設が設定している除外日については予約が受けられませんのであらかじめご了承くださいませ。

 

・【お礼メッセージ付きオリジナルポストカード+お名前記載+宿泊1泊券】 5,000円

お届け予定:2017年07月

①お礼のメッセージを添えて、わがらん家オリジナルポストカードお送りします。

 

②支援して頂いた方はFacebookページにてお名前を記載させていただきます。

 

③宿泊券1名1泊分

 

(有効期限:1年間)

 

※有効期限内であっても満室の場合もしくは宿泊施設が設定している除外日については予約が受けられませんのであらかじめご了承くださいませ。

 

 

【CAMPFIREについて】

 

CAMPFIREとはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な創作費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるプラットフォームです。

 

 

【今後の展望】

 

誰しも幼い頃は夢をもっていたけれど、目まぐるしく過ぎる日々の中、大人になるにつれて知らず知らずのうちに夢を忘れていったり

地元に残りたいが働くところがなく、地元から離れるしかない現状があります。

そんな現状でも自分達が挑戦し続け、子供たちが地元で夢を叶えていけるような町づくりをします。

感謝を忘れず、共に助け合い、共に成長し合う暮らしにしていく

【資金の使い道】

 

夏に向けて、各部屋にエアコンを設置したい!!

現状としては、わがらん家にエアコンなどの冷暖房機器がありません。

また、とても古い分電盤設備で、アンペア数がかなり低いので、ブレーカ―がすぐ落ち、漏電の危険があります。

 

そのため、分電盤丸ごと取り替えの大規模工事が必要です。

建物の構造がとても複雑なため、エアコンなどの設置に大変手間がかかり、費用がかさみます。

ただすでに開業の段階で貯金を使ってしまった為、厳しい状況です。

お金がかかりますが、なんとしても夢を叶えていきたいです。

どうぞ皆様、ご支援をお願い致しますm(_ _)m↓↓↓

 

 

 

「~ゲストハウスを通じた世界遺産の町熊野再生プロジェクト~」

http://camp-fire.jp/projects/view/19672

 

 

【ゲストハウスわがらん家について】

 

住所:〒519-4323 三重県熊野市木本町437

代表者:代表 山高 公誌

設立:2017年02月01日

Tel:090-1471-4889

URL:https://www.facebook.com/kumano.wagaranchi/

事業内容:ゲストハウスの運営、管理



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ゲストハウスわがらん家
代表者名 山高公誌
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    ゲストハウスわがらん家の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域