世代を超えて「学べる・楽しめる」元町ロボショップ「Roboco with Lab」をつくりたい!

近い将来、ロボットが身近になる時代がやってきます。 ロボットの展示販売からプログラミング、そして組み立てまで! 世代を超えて「学べる」「楽しめる」コミュニティスペースを神戸元町駅前につくります。 開設費用の一部をクラウドファンディングでご支援を募ります。ロボットの未来を一緒に考えてもらえる人たちとの出会いと、その輪を拡げる場所にしたいです。子どもや、大人、お年寄り、誰もが集えるスペースにしたいと思っております。そして、若いクリエーターの自由に学べる場の提供、リタイアしたがまだその技術力を生かす場を求めている団塊の世代を含む高齢者の人々も集える場になればと思います。5つのテーマ、ロボットに触れ合う展示と販売、ロボットの基礎であるプログラミングが学べる、子どもたちが工作を通じて学べる、ものづくり工房の人たちとの交流・制作物の販売、介護癒しロボットの展示と販売等の共有スペースとして開店。

ロボットの未来をつなぐ神戸ロボットクラブ(所在地:兵庫県神戸市灘区新在家1-2-6 会長:林君民)は、2017年4月28日よりクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて、<世代を超えて「学べる・楽しめる」元町ロボショップ「Roboco with Lab」をつくりたい!>のプロジェクトを開始しました。

 

「世代を超えて集え、学べる愉快なロボショップを創ろう!」

http://camp-fire.jp/projects/view/26035?token=1oqmcpm1

 

 

【プロジェクトについて】

「世代を超えて集え、学べる愉快なロボショップを創ろう!」

「神戸ロボットクラブ」一般ユーザーの会は、こんな声を発しました。

こんなロボットがあれば助かるなぁ!こんなかわいいロボットがあれば!シンプルで楽しくいやされるロボ!

もうすぐそこに‘ロボット時代’がやってくると言われています。

企業では‘受付嬢’がアンドロイドのロボットになって出迎えてくれたり、ホテルやフェリーでも‘案内係’をしてくれたりするようになりました。また、工場現場では、半分が人で後の半分はロボットが工程を担い、協調して作業を行っている姿も見られるようになりました。もちろん完全自動化のオートメーション工場もたくさんあります。さらに介護の現場では、ゆるキャラが居たり、癒し系の犬や猫スタイルの動物ロボットもたくさんありますね。でも一般ユーザーにとってはまだ高値の花のように思えるのです。また、本当に人間となじめるロボットが安価に創られているとは思えないのです。高齢化時代にすでに突入しています。認知症という難しい症状のお年寄りも増えています。そして人口減少の中で、コミュニケーションさえうまく取れれば、ロボットに代わってもらってもいい部分があるのではないかと思っています。

わたしたち神戸ロボットクラブは、一般ユーザーとして、東京ではなく神戸地域に住む一般市民としての‘こんなロボットがあればいいなぁ!’と昨年3月に結成され、ちょうど一年になります。

1年の歩みは、小さいながら、着実な歩みをしました。デザイナーあり、企画マンあり、ITに強い人、介護で直面している人、ロボット技術にたけている人、NPO・ボランティア活動の経験の長い人、工作が得意な人、等々楽しく活動ができてきました。さらにこの間、メンバーの中から、ロボットや造形物、工芸ものなどを生み出す、‘FabLab’(ものづくり工房)も明石と神戸元町に2店開設され、身近で、気軽に’ものづくり‘ができる場所もできました。

2年目に入った「神戸ロボットクラブ」は、発信力を高め、広く街の人に知ってもらい、ロボットの未来を一緒に考えてもらえる人たちとの出会いとその輪を拡げる場として、また’Fablab'連携の場として、元町駅前に‘アンテナロボショップ’の開店を考え、実行に移しています。子どもも大人もお年寄りも誰もが集えるところ、若いクリエーターの自由に学べる場づくりや、リタイアしたもののまだその技術力を生かす場を求めている団塊の世代を含む高齢者の人々も集える場となり、これはひいては地域社会への貢献になると思います。

 

 

<プロジェクト概要>

内容:世代を超えて「学べる・楽しめる」元町ロボショップ「Roboco with Lab」をつくる!

URL:http://camp-fire.jp/projects/view/26035?token=1oqmcpm1

目標金額:40万円

募集期日:2017年6月28日(木)23時59分まで

リターン例:

・特製ステッカーまたは笑い文字ポストカード ¥3,000円

・子供たち向けの「キット工作(ブロック工作とモーター駆動)」などの講習会チケット ¥5,000円

・大人向けの「CADデザイン教室」などの講習会チケット \5,000円

 

【CAMPFIREについて】

 

CAMPFIREとはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な創作費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるプラットフォームです。

 

 

【今後の展望】

 

イベント;開店までの改装イベント、目玉講習会トライヤルイベント、FabLab連携交流イベント

達成後の活動;Roboco with Lab 店を本オープンし、3つのテーマ、ロボット展示、販売、FabLab連携とその制作物販売、大人子供向けの講習・癒し系介護ロボの使い方講習など、いろいろな人が集え、交流できる賑わいのある場所にしていきたい。

 

「世代を超えて集え、学べる愉快なロボショップを創ろう!」

http://camp-fire.jp/projects/view/26035?token=1oqmcpm1

 

 

【神戸ロボットクラブについて】

 

本部:〒657-0861 神戸市灘区新在家北町1-2-6

代表者:会長 林 君民

設立:平成28年3月19日

会費:1,000円/年

Tel:080-6144-2366

URL:http://www.koberobot.club(平成29年6月1日)

事業内容:本会は、ロボット時代の到来を迎え、生活に便利なロボット利用に関する活動を行うことにより、地域の活性化に寄与することを目的とする。その目的を達成するため以下の事業を行う。

(1) 生活ロボットや教育ロボットの研究・開発を行う

(2) かわいいロボットのデザインの研究を行う

(3) ロボットの要素技術の研究を行う

(4) ロボット利用分野の開拓を行う



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 神戸ロボットクラブ
代表者名 林 君民
業種 その他サービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域