プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社アレクソンと日本制禦機器株式会社PSTNマイグレーション対機器の共同開発を開始

株式会社アレクソン

!2017年4月21日 10時

 株式会社アレクソン(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三瀬 厚)は、日本制禦機器株式会社(本社:高槻市、代表取締役社長:山下 克己)と共同で、NTT東西が提供する「データコネクト※1」サービスに、既存のシリアルインターフェース(RS232C、USB等)を有する機器を接続可能とするアダプター製品(仮称:DATA-CONNECT/SERIAL ADP)の開発を開始いたします。

株式会社アレクソン(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三瀬 厚)は、日本制禦機器株式会社(本社:高槻市、代表取締役社長:山下 克己)と共同で、NTT東西が提供する「データコネクト※1」サービスに、既存のシリアルインターフェース(RS232C、USB等)を有する機器を接続可能とするアダプター製品(仮称:DATA-CONNECT/SERIAL ADP)の開発を開始いたします。

 

■開発の背景

NTTは、PSTNのマイグレーション(公衆交換電話網をIP網へ移行)を発表しており、INSネットの“デジタル通信モード”提供も終了する考えを公表しました。2020年頃より順次IP網への移行を進め、2025年には移行を完了していく予定です。

 

現在、INSネットの“デジタル通信モードは、通信の安定性とセキュアな網である事から、安全性を必要とされるPOS(販売情報管理システム)やCAT(信用照会端末)、企業のEDI(電子商取引)等に多く利用されています。これらのサービス分野では、PSTNマイグレーションに伴い、現行システムの大規模な変更が必要となり、IP網への移行は容易ではありません。

 

今回開発を開始したアダプター製品を、センター側とクライアント側の双方に対向導入する事で、INSネット回線を利用してデータ通信を行っている現行の端末環境を、設定変更する事なくそのままIP網(フレッツ光ネクスト等)に収容する事ができ、現行システムの継続利用が可能となります。採用する”データコネクト”サービスは、NTT東西が提供する”ひかり電話”の基本サービスに含まれます。そのため、追加契約なしで※2利用する事ができ、また従量課金サービスである為、POS・CAT・EDI等、短時間の通信を行うサービスの運用に適しており、INSネット回線での運用と比べ、約30~40%※3のコスト削減が可能となります。

 

両社は既存設備を活かしながら、NTTのマイグレーションに対応できるシステムの開発を進めてまいります。

 

 

※1 「データコネクト」は、NTT東西が提供するフレッツ光ネクスト等に於いて、既存の電話番号の発着信を行う事で接続し帯域確保型のデータ通信が行えるサービスで、セキュアで安定したデータ通信が行えます。

※2 一部設備都合上またはお客様宅内で端末がデータコネクトに非対応等の要因で、ご利用いただけない場合があります。

※3 お客様のご利用環境によって、コスト削減効果は異なります。

 

 

【INSネット通信サービスを利用している現行システムを、そのままIP網に移行】※4

 

●INSネットでの呼制御情報をそのまま透過して接続を行う為、現行の設定やシステムの変更が不要

●IP回線と現行の端末間に「DATA-CONNECT/SERIAL ADP」を導入するだけ

●すでにひかり電話を契約していれば、データコネクトは標準サービス※2

●電話番号を利用して宛先を指定する1対1の通信形態で秘匿性の高いセキュアな通信(NGN網)

●QoS制御機能を用いた帯域確保により、安定したデータ通信

●データ通信量に適した、短時間課金(INSネットサーヒスと比較し通信費がコストダウン)※3

 

 

■株式会社アレクソン 会社概要

商   号:株式会社アレクソン

代 表 者:代表取締役社長 三瀬 厚(みせ あつし)

本社所在地:大阪府大阪市中央区安土町1-8-6大永ビル4階

設 立 年 月:1971年5月

資 本 金:90百万円

ホームページ:https://www.alexon.co.jp/

(主な事業の内容)

●情報通信機器の企画開発・製造・販売及びOEM/ODM供給

・有線放送向けのチューナー等放送機器

・ISDNターミナルアダプタ、システム向け高信頼特殊ターミナルアダプタ

・IPネットワーク、VoIPゲートウェイ、IPビジネスホン、ルータ関連機器

・セキュリティ、ネットワーク関連機器

・防犯・防災関連機器

 

●環境医療機器の企画・製造・販売

 

■日本制禦機器株式会社 会社概要

 

商   号:日本制禦機器株式会社

代 表 者:代表取締役社長 兼 社長執行役員 山下 克己

本社所在地:大阪府高槻市東天川1丁目5番1号

設 立 年 月:1959年10月

資 本 金:743百万円

ホームページ:http://www.nihon-seigyo.co.jp/

(主な事業の内容)

●情報通信制御機器の開発、製造および販売

(電力・上下水道などの監視制御卓、電力向け通話台などの自動応答および音声ガイダンス装置など)

 

●計測制御機器の開発、製造および販売

(色彩選別器用センサ、リチュウム電池用充放電試験装置、車載用各種制御基板、計測装置など)

 

●機械制御機器の開発、製造および販売

(半導体製造装置コントローラ、工作機械用NC制御盤など)

 

●制御ユニットおよびパーツの企画、製造および販売

(イーサネット関連機器、ソリッドステイトリレー、ファンモータなど)

 

 

■本リリースに関するお問い合わせ

 

【株式会社アレクソン】

開発部

担  当:江口 知典(えぐち とものり)

電  話:06-6121-6526

eメール:eguchi@alexon.co.jp

 

【日本制禦機器株式会社】

広報・IR

担 当:横山(よこやま)

電 話:045-470-7175

eメール:ngn@nihon-seigyo.co.jp

 

 

※4 接続イメージデータは、下記URLより取得願います。

https://drive.google.com/file/d/0B7-XgWr0sA8oVUZsUWxTM190SW8/view?usp=sharing

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社アレクソン

代表者名

三瀬厚

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

M2Mソリューション「M2M EMPOU」提供開始
!2014年10月14日 18時
多機能通信システム「IPV640」の発売について
!2009年12月1日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る