プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数46,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・豊島区の金剛院本堂でドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』の“無料”自主上映会開催へ向けて資金を募るプロジェクトが目標金額の約4・4倍超を達成!!

訪問マッサージいしはら鍼灸院

!2017年4月19日 15時

クラウドファンディングのご支援申しこみ期限5月7日(日)まで、上映会の経費だけでなく「NPO法人こどもの里」や“子ども食堂”の運営などを手がけている「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」への寄付の拡充をめざして、さらなる支援を幅広く呼びかけています。

東京・豊島区を中心に在宅訪問専門のいしはら鍼灸院(所在地:東京都豊島区池袋)を運営する石原英典は、NPO法人子どもの里(大阪府大阪市西成区)の取り組みと子どもたちの姿を描いたドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』の無料自主上映会の実現をめざして、4月5日(水)よりクラウドファンディングサイト「GoodMorning(グッドモーニング)」*を通して資金を募るプロジェクト「映画『さとにきたらええやん』上映会をお寺でやりたい!子供を考える語り場を創りたい!」を開始しました。

 

5月7日(日)までの目標金額50,000円に対して、4月17日(月)時点で約4・4倍にあたる222,333円を達成。無料自主上映会のための必要経費に加えて、「子どもの里」や地元・豊島区で“子ども食堂”の運営などを手がけている「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」への寄付拡充をめざして、さらなる支援を幅広く呼びかけています。

 

クラウドファンディングプロジェクト

 

*「GoodMorning(グッドモーニング)」:クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」が社会貢献活動=ソーシャルグッドに特化した取り組みをサポートする新しいクラウドファンディングサービス

 

▼ プロジェクト「映画『さとにきたらええやん』上映会をお寺でやりたい!子供を考える語り場を創りたい」紹介ページ(クラウドファンディングサイト「GoodMorning(グッドモーニング)」):https://camp-fire.jp/projects/view/25158

 

 

映画『さとにきたらええやん』上映会の実現と子どもたちへの支援拡充をめざすクラウドファンディング

 

5月7日(日)までの呼びかけ期間まで、プロジェクト「映画『さとにきたらええやん』上映会をお寺でやりたい!子供を考える語り場を創りたい!」へのさらなる支援を募る取り組みを推進しているのは、上映会地となります東京・豊島区池袋で生まれ育ち、いまも仕事の拠点としている石原英典は、東京23区のなかで地元・豊島区が約10年前から「都会の限界集落」と呼ばれていることに大きな問題意識をもっていました。

 

無料上映を予定している『さとにきたらええやん』は、日雇い労働者の多い大阪・大阪市西成区で生きる子どもたちの姿と、子どもたちを支援する「NPO法人子どもの里」の取り組みを描いたドキュメンタリー映画です。

 

映画の舞台である大阪・大阪市西成区は、東京・豊島区池袋とよく似た状況と課題に直面していると感じています。そこで、ドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』の無料上映会を実現して、地元の現状と課題をともに語りあい、子どもたちにどんな支援ができるのかを見いだす機会をつくりたいとクラウドファンディングを通して資金を募る取り組みを開始しました。

 

▼ 映画『さとにきたらええやん』紹介ページ:http://www.sato-eeyan.com/

▼ 「NPO法人子どもの里」公式ウェブサイト:http://www.eonet.ne.jp/~kodomonosato/

▼ 「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」公式ウェブサイト:http://toshimawakuwaku.com/

▼ 4月12日(水)配信プレスリリース:https://www.value-press.com/pressrelease/181381

 

当初、5月7日(日)までの目標金額を無料自主上映会のための資金および経費にあたる50,000円としていましたが、4月17日(月)の時点で約4・4倍にあたる222,333円を達成することができました。

 

無料自主上映会のための必要経費を上回る資金はすべて、「子どもの里」や地元・豊島区で“子ども食堂”の運営などを手がけている「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」への寄付を予定していたことから、さらなる支援の拡充をめざして幅広い呼びかけを続けています。

 

こどもの里(子供達の居場所となっています)

 

「映画『さとにきたらええやん』上映会をお寺でやりたい!子供を考える語り場を創りたい」プロジェクト概要

 

プロジェクト名:映画「さとにきたらええやん」上映会をお寺でやりたい!子供を考える語り場を創りたい!

資金募集期間:5月7日(日)午後11時59分

目標金額:50,000円(当初)

支援金額とリターン(支援金額の上限はありません)

1.3,000円(とにかく協力したいという方):お礼のメッセージ

2.3,000円:『さとにきたらええやん』無料自主上映会参加確約権(10人)

3.3,000円:アーティスト「川上みっち」似顔絵権(20人)

4.3,000円:アーティスト「なかもとゆき」フェイクフード(20人)

5.3,000円:「小谷真理(通称:ホームレス小谷)」ありがたいサイン入り自叙伝(5人)

6.5,000円:「金剛院(無料自主上映会の開催予定会場)」より「80年前の客殿改修時の古材の腕輪数珠」(5人)

7.10,000円:「金剛院(無料自主上映会の開催予定会場)」より「250年前の赤い山門復元時の古材の腕輪数珠」(2人)

8.10,000円:無料自主映画上映会協賛(地域医療介護、会社、商店、推薦)(10社)

 

日雇い労働の街、釜ヶ崎(西成)

 

ドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』無料自主上映会について(予定)

 

実施予定日時:5月末日午後を予定

限られたスペースでの無料上映会と言う性質上、クラウドファンディングプロジェクトでのお知らせ及び、facebookイベントで改めて告知しますので、そちらにご予約をお願い致します。

会場:真言宗豊山派 金剛院 本堂(東京都豊島区長崎1-9-2)

電話番号:お問合せは下記(いしはら鍼灸院)へお願い致します。

※金剛院では対応受け付けておりませんので、ご注意下さい。

交通アクセス:西武池袋線「椎名町」駅北口から徒歩30秒

 

金剛院赤門

 

内容(予定)

1.ドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』上映

2.真言宗豊山派 金剛院 野々部 利弘住職のお話

3.参加者との語りあい

ほか

*真言宗豊山派 金剛院および野々部住職は、イベント会場の提供やカフェ運営、子どもへのサポートなど積極的な地域貢献活動を推進しています。

 

金剛院本堂

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:訪問マッサージいしはら鍼灸院

担当者名:石原英典

TEL:090-4946-5971

Email: hidenori_relax@yahoo.co.jp

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

訪問マッサージいしはら鍼灸院

代表者名

石原英典

業種

医療・健康

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

大都会の限界集落「豊島区」のお寺で映画自主上映会をやり、子供を考える語り場を創る為にたい!と言うクラウドファンディングを、地元生まれ育ちの個人がチャレンジ中。
!2017年4月12日 10時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る