プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

統合SSO環境のシングルサインオン製品「SSOcube」がモバイル環境にも対応、新バージョンV1.3をリリース

株式会社ネットスプリング

!2017年3月21日 14時

株式会社ネットスプリングは本日、シングルサインオンアプライアンス製品「SSOcube」の新バージョン「V1.3」のリリースを発表します。Windows10およびChromeブラウザーに対応するとともに、新たにモバイル環境にも対応。iOSで提供されているSafariブラウザーにも対応するエージェントソフトウエアと連携する機能を実装し、モバイル環境においてもPCクライアントと同様なシングルサインオン環境を実現しています。

2017年3月21日

株式会社ネットスプリング

             【Press Release】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

     統合SSO環境のシングルサインオン製品「SSOcube」

      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             新バージョン V1.3

     Windows10・Chromeブラウザー・iOS版Safariに対応

      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 株式会社ネットスプリング(本社:東京都港区、代表取締役社長:西武 進)は3月21日、シングルサインオンアプライアンス製品「SSOcube」(エスエスオー・キューブ)の新バージョン「V1.3」のリリースを発表します。アプライアンス版・仮想アプライアンス版いずれも出荷開始は5月23日より、価格は従来通り220万円(100ユーザライセンス版の場合、税別)から。

 

 アプリケーションやデバイスが多様化し、クラウド利用が一般化するIT環境の下、複合的な業務処理の多い企業や組織では、シングルサインオン(SSO)機能への注目が再び高まっています。オールインワンのアプライアンス製品であり、ソフトウエア機能も含めた導入の容易性から支持を集めるSSOcubeの普及も好調に推移しており、Office365などのクラウドサービスで組織内ユーザの利用に向けてのセキュリティ・ID統制を目的に、本製品を導入する案件も大幅に増加しています。

 

 ネットスプリングは、SSOcubeの対応環境の拡大・更新を継続しており、新バージョンV1.3ではWindows10およびChromeブラウザーに対応するとともに、新たにモバイル環境にも対応しました。

 

 今回のバージョンでは、iPhoneやiPadのiOSで提供されているSafariブラウザーにも対応するエージェントソフトウエアと連携する機能を実装しています。これによりエンタープライズやクラウド環境のみならずモバイル環境においてもPCクライアントと同様なシングルサインオン環境が実現されます。なお、本機能は、Safariで表示されるWebアプリケーションに限定され、iPhoneやiPad上のアプリには適用されません。

 

【モバイル環境におけるSSOcubeのSSO機能】

 

■新バージョン(V1.3)の主な機能(2017年5月23日出荷開始)

1. Windows10対応

2. Google Chromeブラウザー対応

3. iOS版Safari対応

4. 仮想環境の最新版に対応(SSOcube-i)

 ・VMware vSphere 5.5, 6.0, 6.5対応

5. その他セキュリティ強化および機能改善

 ・基盤ソフトウエアの更新

 ・各種ソフトウエアコンポーネントの脆弱性に対処

 ・個別提供済みの修正パッチの吸収

 ・その他機能改善

 

●SSOcubeのSSO機能「汎用SSO:代理入力方式」について

 SSOcubeでは、Webアプリケーションに限らずさまざまなアプリケーションにおいて利用できるようにSSO機能が実装されています。SSOcubeで実装されているSSO機能は、代理入力方式というシミュレーション形式であり、ユーザアプリケーションの改変はほとんど必要ありません。

SSOcubeと通信するPCクライアント上のエージェントがPC画面を識別の上、ユーザIDやパスワード等を代理入力することにより、アプリケーションへの対応度が飛躍的に上がり、適用範囲が大きく広がります。Webアプリケーションのほか、IBM Notes、Adobe Connect(R)やERP等のWindows(R)上のさまざまなアプリケーション、さらにIBM製・富士通製などの汎用機端末エミュレータにも利用可能です。対象アプリケーションのPC画面や動作を事前に学習(トレーニング)させることにより、多くのアプリケーションに適用することが可能です。その設定ファイルや設定情報も多く提供されており、ユーザは必要に応じて簡単にカスタマイズが可能です。

 

●Office365等に統合SSO環境を提供するSSOcube

SSOcube V1.1からマイクロソフト社の統合Windows認証との連携強化が実現されています。Windowsログオン情報がSSOcubeに連携され、一度のログオンによりシングルサインオン機能が開始されます。Office365にログインする場合も、PC立ち上げの際のWindows認証と同時にSSOcubeにログイン済みの状態となっており、Office365のサインイン画面でのID/パスワード入力は、SSOcubeで代理入力され、エンドユーザによる入力の必要がありません。

この場合、管理者はOffice365のID/パスワードを組織内ユーザに教える必要がないため、不正利用防止のため、隠蔽することが可能です。一般社員は社外や自宅などSSOcubeを利用しない環境でOffice365にログインすることができないことになり、クラウド利用での内部統制の強化に繋がります。

 

■SSOcubeの特長

●導入・運用管理が容易

 SSOサーバに必要なソフトウエア機能をあらかじめ構築しているため、SSO機能導入のための調査研究、検討の期間を経ず、最小限の設定のみで運用を開始できます。すべての設定・管理は、ユーザIDやパスワードの一括入力や変更等も含めてWebブラウザーから行うことができ、ソフトウエアを別途インストールする必要もありません。ID管理機能とSSO機能が予め組み込まれており、マトリクス型認証などの外部認証との連携にも対応しています。また、ユーザデータや設定情報その他必要なバックアップ処理も含め、オールインワンで提供されます。

●ユーザ情報の外部参照可能

 SSOcube内部のユーザアカウント情報を利用するほか、外部のLDAP認証サーバ(弊社AXIOLEやマイクロソフト社Active Directory(R)も含めて)の情報を参照することも可能です。

●アプリケーション権限設定が可能

 ユーザ毎、グループ毎に、予め設定されたアプリケーションの利用権限の設定が可能です。

●監査情報の収集

 どのユーザがどのアプリケーションを利用したか等の各種監査ログ情報をSSOcube内部で収集できるため、アプリケーション利用の管理制御を可能とし、IT統制への備えを実現します。

●100~3000で小刻みなアカウントモデルを用意

 中堅企業や部門組織ユーザ向けに100アカウント対応から3000アカウント対応まで、50から100単位のモデルをラインアップしています。なお、3001アカウント以上は個別対応になります。

●アプライアンス版(SSOcube)および仮想化アプライアンス版(SSOcube-i)を同一機能で提供

 仮想版SSOcube-iの価格体系はハードウエアアプライアンス版に準拠します。

 

SSOcubeの詳細: http://www.ssocube.com/

 

■ネットスプリングについて

 ネットスプリングは広島大学で開発された学内向けのネットワーク認証ソフトウエアを元にLANアクセス管理アプライアンス「FEREC」を開発・販売してきました。昨今の情報セキュリティ市場の伸張に呼応し、2011年3月時点で、FERECは日本国内の大学セグメントにおいて導入率15%を超えるまでに浸透しています。ネットワーク認証(ID管理)のオープン化や統合化の要望が増すにつれて、ID管理としてLDAPベースの認証サーバへのニーズが顕在化したため、2006年末、オールインワンのアプライアンス型認証サーバアプライアンス「AXIOLE」を発売。以降継続的に機能拡張を行い、近年ではShibbolethのIdPへの対応、仮想アプライアンス版の追加などを重ね、好評を得ています。

■ネットスプリングの主な製品

・AXIOLE (LDAP系ネットワーク認証サーバアプライアンス)

  AXIOLE製品専用サイト:http://www.axiole.jp/

・FERECシリーズ(Web認証ゲートウェイ製品群)販売終了

  FEREC製品専用サイト: http://www.ferec.jp/

  FEREC専用アプリサイト「SmartSignOn for FEREC」:

    http://SmartSignOn.jp/

・FEREC次世代機(開発中)の概要

    http://www.netspring.co.jp/download/pdf/20170201_Rel_FNX_pre-announce.pdf

 

■株式会社ネットスプリング 会社概要

・本社所在地:東京都港区三田三丁目12番16号 山光ビル2F

・代表者:代表取締役社長 西武 進(にしたけ すすむ)

・設立:2000年3月

・資本金:8,075万円

・事業内容:ネットワーク関連製品の企画・開発・販売、

      コンピューターネットワークに関するコンサルティング

・URL:http://www.netspring.co.jp/

 

※SSOcube、FERECおよびAXIOLEロゴは、NetSpring Inc.の登録商標です。

※記載された会社名および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

 

…………………………………………………………………………

一般読者からのお問い合わせ先:

株式会社ネットスプリング マーケティング部

http://www.ssocube.com/

TEL:03-5440-7337 E-mail:info@netspring.co.jp

…………………………………………………………………………



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ネットスプリング

代表者名

西武 進

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

ネットスプリング、認証サーバー・AXIOLE v1.14.0をリリース。AXIOLE IdPオプションがShibboleth IdP V3に対応
!2016年4月1日 13時
認証サーバーの「AXIOLE」、Office365との親和性を追求したAXIOLE IdP最新版を実装したv1.13.2をリリース
!2015年11月25日 14時
学術教育研究機関向け「Shibboleth IdPオプション」の機能を強化した認証アプライアンスサーバ、AXIOLE v1.13.2をリリース
!2015年6月30日 14時
認証アプライアンスサーバ・AXIOLEに、新Google Apps連携オプション機能を搭載したV1.13が登場。POODLE問題に対応済み。
!2014年11月13日 14時
シングルサインオンアプライアンス「SSOcube」に仮想化対応版「SSOcube-i」が登場
!2013年7月25日 16時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る