【地方創生】埼玉県鴻巣市で官民協働の地域情報ポータルサイト「こうのす広場」がグランドオープン!

全国220エリア(380市区町村)で地域情報サイト「まいぷれ」を運営する株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)は、埼玉県鴻巣市(市長:原口和久)、鴻巣市商工会(会長:小林忠司)、FOSCHIA JAPAN株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役:長谷川幸世)と協働で、埼玉県鴻巣市の地域に密着した情報を配信する官民協働の地域情報ポータルサイト「こうのす広場」を2017年3月13日にオープンしました。花卉園芸とひな人形の生産が盛んで、ひな人形と花のまちとして知られる鴻巣市のおすすめスポットや、イベント情報、さらには歴史クイズや写真で振り返る鴻巣市内の歴史など、多岐にわたる地域情報を取り上げ、鴻巣市のことが多面的にわかるようなポータルサイトをめざします。

ひな人形と花のまち・埼玉県鴻巣市の地域情報ポータルサイト「こうのす広場」を2017年3月13日にオープンしました。

 

▲「こうのす広場」ロゴマーク こうのとりのひなをイメージしたデザイン

地域情報ポータルサイト「こうのす広場」

http://kounosu-portal.jp

■地域情報ポータルサイト「こうのす広場」とは

「こうのす広場」は、埼玉県鴻巣市のお店やおすすめスポット、特産品、文化や子育て情報など、町の魅力を発信する地域情報のポータルサイトです。地域情報サイト「まいぷれ」を17年運営しており、官民協働の地域情報発信に実績のあるFLNと、現地のパートナー企業であるFOSCHIA JAPAN株式会社がサイトの運営を担当します。スタッフが実際に地域をまわって集めた情報と、鴻巣市が発信する公的な情報を一元的に配信する場となることで、「こうのす広場を見れば鴻巣市のことがなんでもわかる」というサイトをめざします。

■地域ポータル構築の背景

埼玉県鴻巣市は埼玉県東部中央にある人口約11万8千人の町です。古くは宿場町として栄え、現在では東京のベッドタウンとして発展してきました。埼玉県の運転免許センターがある市としても知られています。ポピーの栽培面積やプリムラ・サルビア・マリーゴールドの出荷量など、さまざまな日本一の記録をもつ賑やかな町の魅力を、より多くの人に知ってもらうべく、官民協働による地域情報発信を行うポータルサイトをオープンする運びとなりました。公式ホームページだけでは知ることのできない地域に密着した情報も、編集部や市民ライターが地域の情報を吸い上げる「まいぷれ」のしくみを使って発掘・配信します。

■「こうのす広場」運営会社について

FLNのパートナー企業として現地での情報収集などを行うFOSCHIA JAPAN株式会社は、Googleのストリートビュー代理店として、さまざまな事業を行なってきました。すでにいくつかの自治体との協働事業を手がけており、そのノウハウを「こうのす広場」でも活かし、鴻巣の活性化に取り組んでまいります。

■今後の展開

市内の子育て支援情報(支援サークル、サロン、公園情報など)がわかる特集や、市内で活躍するさまざまな人物の紹介など、鴻巣市で生活する方々にとって地元ぐらしが楽しくなるような情報配信に努めてまいります。また、今後は鴻巣市のウォーキングポイント「わくわく♪歩(ポ)イント」におけるFLNとの協働事業も予定しています。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社フューチャーリンクネットワーク
代表者名 石井 丈晴
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    株式会社フューチャーリンクネットワークの
    関連プレスリリース

    株式会社フューチャーリンクネットワークの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域