プロが選抜したニッポンのクラフトビールを飲み比べてノミネート約70銘柄に投票!ビアフェスティバル&審査会『ビアワングランプリ2017~JCBS Award』開催

NPO 法人 日本の地ビールを支援する会(東京都北区、代表理事 青木 辰男)は、2017年2月5日(日)に東京・墨田区のすみだ産業会館にて、全国からノミネートされたニッポンのクラフトビール約70銘柄が出品されるビアフェスティバル『ビアワングランプリ 2017 フェスティバル~Japan Craft Beer Selection Award』を開催いたします。ビールの専門家によるビアジャッジ(世界基準のガイドラインに基づく官能評価による審査会)と、一般来場者による投票から、ニッポンNo.1クラフトビール『ビアワングランプリ』が決定されるビアフェスティバルです。■ 『ビアワングランプリ』公式ウェブサイト⇒http://beer1grandprix.craftbeersupport.org/

【イベント概要】

当イベントは、NPO法人 日本の地ビールを支援する会が主催する年に一度の恒例イベントです。一般開場前に、ビールの専門家によるビアジャッジ『Japan Craft Beer Selection Award』を同会場内で実施いたします。

※ビアジャッジ : 世界標準のビールのガイドラインに基づき、ビアスタイルごとにスコアシートを使用して、商品名やパッケージを秘匿にしたブラインドで官能評価を行う審査会。

 

2005~2008年にかけて毎年開催されていた『地ビール100選』を前身とし、2009年から"Japan Craft Beer Selection Award"(以下、"JCBS Award"と略記)としてビールの審査会を継続開催しております。前々回の2014年からは一般来場者も迎え入れた約1,000名規模のフェスティバル・イベントへと拡張いたしました。一般来場者は入場チケット制で、すべての銘柄を試飲することができて、試飲後に投票により評価に参加することもできます。

 

ノミネートされたビールは、日々クラフトビールを取扱う専門飲食店を始めとした複数のビールのプロが(メーカーを除く)、『クオリティ』『手作りであること』といった客観的な基準で他薦した中から選抜されたものとなっています。すでに、日本各地のクラフトビールメーカー30数社から、約70銘柄の実力派クラフトビールのエントリーが完了しております。(詳細後述)

 

また、前回から引き続き墨田区後援のもと、「下町を元気にするイベント」として、「すみだの職人が造るグラス」を実際に使用してビール本来の楽しみ方を体験できるセミナーや、墨田区内の飲食店によるフードの提供など、地域一体型のビアフェスティバルへと進化を遂げております。

 

今回はさらに、日米のビール職人(ブルワー)を講師に迎えた新たなセミナーも開催いたします。日本(静岡)でビールを醸造しているアメリカ人のブルワーと、地域特産品(宮崎)を活かしたビールを醸造する日本人の造り手に、これまでの軌跡~今後の展望~秘話などをそれぞれの立場・観点から語っていただきます。(セミナーはいずれも無料、要事前お申込み、前売チケットに付属)

 

【開催目的】

私たちが開催するビアフェスティバル『ビアワングランプリ』は、小規模醸造の魅力を多くの方に知っていただくこと、本物のクラフトビールを正しく伝えることが使命と考えています。そのために、ビアパブなど専門飲食店のプロが推薦する『クオリティ』『手作り』を基準に選抜された優れたビールが集められました。

 

NPO法人ならではの理念に則り、非営利と平等を旗印に、日本に多様性溢れる本物のビール文化が根付くこと、製造者及び流通業界(飲食店・酒販店ほか)が一体的且つ持続的な発展を健全に遂げられること、クオリティの高いビールを発掘して紹介するといったこと、などを目的としています。

 

【開催概要】

開催日時:2017年2月5日(日) 14:00~18:00

※12:00~ビアジャッジ(テイスティング審査会、一般入場不可)、13:00~先行入場(審査会を一部見学可/前売チケットのみ)、14:00~一般入場開始

開催場所:すみだ産業会館イベントホール

 東京都墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町店8・9階

 JR「錦糸町駅」南口徒歩1分、東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」出口1徒歩約5分

入場制限:約800名

入場料:前売4,500円(税込)※入場チケットで出品ビールを飲み放題、フードは別売

提供ビール数:30数社 約70銘柄 ※国内のクラフトビールメーカーによる商品のみ

 

■ 『ビアワングランプリ』公式ウェブサイト

http://beer1grandprix.craftbeersupport.org/

■ 公式Facebookページ

https://www.facebook.com/japancraftbeersupport

 

【ノミネートビールの選出方法について】

業務上、日常的にクラフトビールを取り扱うプロである『クラフトビアパブ協会』加盟店を中心に、各専門店から一押しの『プロが選ぶクラフトビール』を事前にノミネート候補として挙げていただきました。その中から、季節限定・不定期醸造などのビールを除外し、各ビールの造り手であるbreweryにエントリーを打診、ご承諾いただいた30数社 約70銘柄のビールを最終的なノミネートとしております。

※エントリーを希望されず辞退されたbreweryのビールは出品されておりません。

 

【ノミネートビール全一覧】

 

[A: ウィートビール部門]

 [A-1] 梅錦ビール ブロンシュ(愛媛県四国中央市、梅錦山川(株))

 [A-2] 海軍さんの麦酒 ヴァイツェン(広島県呉市、呉ビール(株))

 [A-3] 常陸野ネストビール ホワイトエール(茨城県那珂市、木内酒造(資))

 [A-4] 盛田金しゃちビール プラチナエール(愛知県犬山市、ワダカン(株) 盛田金しゃちビール事業部)

 [A-5] 胎内高原ビール ヴァイツェン(新潟県胎内市、新潟ビール醸造(株) 胎内高原ビール園)

 [A-6] 門司港レトロビール ヴァイツェン(福岡県北九州市、門司港レトロビール(株))

 [A-7] 松江ビアへるん ヴァイツェン(島根県松江市、島根ビール(株))

 [A-8] 富士櫻高原麦酒 ヴァイツェン(山梨県南都留郡、富士観光開発(株))

 [A-9] 山口地ビール ヴァイツェン(山口県山口市、やまぐち鳴滝高原ブルワリー 山口地ビール(株))

 [A-10] 飛騨高山麦酒 ヴァイツェン(岐阜県高山市、(有)農業法人 飛騨高山麦酒)

 [A-11] Outsider Brewing ゆずホワイトマリアージュ(山梨県甲府市、アウトサイダーブルーイング)

 

[B: フレーヴァー&スペシャリティービール部門]

 [B-1] 厚木ビール フランボワーズ(神奈川県厚木市、厚木ビール(株))

 [B-2] いわて蔵ビール ジャパニーズエール山椒(岩手県一関市、世嬉の一酒造(株))

 [B-3] ひでじビール 日向夏ラガー(宮崎県延岡市、宮崎ひでじビール(株))

 [B-4] 富士櫻高原麦酒 ラオホ(山梨県南都留郡、富士観光開発(株))

 [B-5] Outsider Brewing バンディット スコティシュスモークエール(山梨県甲府市、アウトサイダーブルーイング)

 [B-6] 伊勢角屋麦酒 ゆずの香エール(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [B-7] 南信州ビール アップルホップ(長野県上伊那郡、南信州ビール(株))

 [B-8] いわて蔵ビール オイスタースタウト(岩手県一関市、世嬉の一酒造(株))

 [B-9] 常陸野ネストビール エスプレッソスタウト(茨城県那珂市、木内酒造(資))

 

[C: ライトカラーラガー部門]

 [C-1] スワンレイクビール 越乃米コシヒカリラガー(新潟県阿賀野市、(株)天朝閣瓢湖屋敷の杜ブルワリー)

 [C-2] 横浜ベイブルーイング ベイピルスナー(神奈川県横浜市、横浜ベイブルーイング(株))

 [C-3] あくらビール 秋田美人のビール(秋田県秋田市、(株)あくら)

 [C-4] 海軍さんの麦酒 ピルスナー(広島県呉市、呉ビール(株))

 [C-5] クラフトリカーズ 日の丸ラガー(神奈川県横浜市、(株)クラフトリカーズ)

 [C-6] ひでじビール 太陽のラガー(宮崎県延岡市、宮崎ひでじビール(株))

 [C-7] 富士櫻高原麦酒 ピルス(山梨県南都留郡、富士観光開発(株))

 [C-8] エチゴビール ピルスナー(新潟県新潟市、エチゴビール(株))

 

[D: ライトカラーエール部門]

 [D-1] ブリマーブルーイング ペールエール(神奈川県川崎市、ブリマー・ブルーイング(株))

 [D-2] OH!LA!HO Beer キャプテンクロウ エクストラペールエール(長野県東御市、(株)信州東御市振興公社)

 [D-3] プレストンエール ペールエール(栃木県河内郡、(株)ホンダ産業)

 [D-4] ストレンジブルーイング ゴールデンスランバー(新潟県南魚沼市、ストレンジブルーイング)

 [D-5] 反射炉ビヤ 早雲(静岡県伊豆の国市、(株)蔵屋鳴沢)

 [D-6] ヤッホーブルーイング よなよなエール(長野県佐久市、(株)ヤッホーブルーイング)

 [D-7] 山口地ビール ケルシュ(山口県山口市、やまぐち鳴滝高原ブルワリー 山口地ビール(株))

 [D-8] 伊勢角屋麦酒 ペールエール(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [D-9] 伊勢角屋麦酒 ゴールデンドラゴン(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [D-10] 南信州ビール ゴールデンエール(長野県上伊那郡、南信州ビール(株))

 [D-11] のぼりべつ地ビール 鬼伝説 金鬼ペールエール(北海道登別市、(株)わかさいも本舗)

 

[E: IPA 部門]

 [E-1] 所沢ビール ザ・キャノンボール(埼玉県所沢市、(株)ベルビア)

 [E-2] あくらビール なまはげ IPA(秋田県秋田市、(株) あくら)

 [E-3] 厚木ビール HOPSLAVE(神奈川県厚木市、厚木ビール(株))

 [E-4] 常陸野ネストビール だいだいエール(茨城県那珂市、木内酒造(資))

 [E-5] プレストンエール IPA(栃木県河内郡、(株)ホンダ産業)

 [E-6] ヤッホーブルーイング インドの青鬼(長野県佐久市、(株)ヤッホーブルーイング)

 [E-7] エチゴビール FLYING IPA(新潟県新潟市、エチゴビール(株))

 [E-8] 湘南ビール IPA(神奈川県茅ヶ崎市、熊澤酒造(株))

 

[F: ダークカラービール部門]

 [F-1] スワンレイクビール アンバースワンエール(新潟県阿賀野市、(株)天朝閣瓢湖屋敷の杜ブルワリー)

 [F-2] OH!LA!HO Beer アンバーエール(長野県東御市、(株)信州東御市振興公社)

 [F-3] 那須高原ビール スコティッシュエール(栃木県那須郡、那須高原ビール(株))

 [F-4] エチゴビール プレミアム・レッドエール(新潟県新潟市、エチゴビール(株))

 [F-5] 伊勢角屋麦酒 インペリアルレッドエール(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [F-6] 伊勢角屋麦酒 ブラウンエール(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [F-7] 湘南ビール シュバルツ(神奈川県茅ヶ崎市、熊澤酒造(株))

 

[G: スタウト&ポーター部門]

 [G-1] スワンレイクビール ポーター(新潟県阿賀野市、(株)天朝閣瓢湖屋敷の杜ブルワリー)

 [G-2] スワンレイクビール グレースタウト(新潟県阿賀野市、(株)天朝閣瓢湖屋敷の杜ブルワリー)

 [G-3] ブリマーブルーイング ポーター(神奈川県川崎市、ブリマー・ブルーイング(株))

 [G-4] OH!LA!HO Beer ビエール・ド・雷電(長野県東御市、(株)信州東御市振興公社)

 [G-5] プレストンエール アイリッシュエール(栃木県河内郡、(株)ホンダ産業)

 [G-6] ヤッホーブルーイング 東京ブラック(長野県佐久市、(株)ヤッホーブルーイング)

 [G-7] エチゴビール スタウト(新潟県新潟市、エチゴビール(株))

 [G-8] 伊勢角屋麦酒 スタウト(三重県伊勢市、(有)二軒茶屋餅角屋本店)

 [G-9] 湘南ビール チョコレートポーター(神奈川県茅ヶ崎市、熊澤酒造(株))

 [G-10] 飛騨高山麦酒 スタウト(岐阜県高山市、(有)農業法人 飛騨高山麦酒)

 

[H: ストロングビール部門]

 [H-1] 梅錦ビール ボック(愛媛県四国中央市、梅錦山川(株))

 [H-2] Outsider Brewing ピットブルバーレーワイン(山梨県甲府市、アウトサイダーブルーイング)

 [H-3] Outsider Brewing Golden Brown Special Ale(山梨県甲府市、アウトサイダーブルーイング)

 [H-4] 飛騨高山麦酒 カルミナ(岐阜県高山市、(有)農業法人 飛騨高山麦酒)

 [H-5] 那須高原ビール ナインテールフォックス(栃木県那須郡、那須高原ビール(株))

 

[I: 審査・投票対象外ビール]

 [I-1] ベアードビール 沼津ラガー(静岡県伊豆市、(資)ベアードブルーイング)

 [I-2] ベアードビール スルガベイインペリアル IPA(静岡県伊豆市、(資)ベアードブルーイング)

 [I-3] ベアードビール 島国スタウト(静岡県伊豆市、(資)ベアードブルーイング)

 [I-4] ベアードビール ウィートキングウィット(静岡県伊豆市、(資)ベアードブルーイング)

 [I-5] ヴィルゴビール モカブラウン(東京都墨田区、(有)ヴィルゴビール)

 [I-6] ヴィルゴビール ライチエール(東京都墨田区、(有)ヴィルゴビール)

 

【『ビアワングランプリ』の決定方法について】

最終ノミネートのビールは全種、会場内で樽から直接サービングされます。来場者は自由に試飲した上で、イベントの終盤で投票することができます。その得点と同日に別枠で実施されるビール専門家によるビアジャッジ[世界標準のガイドラインに基づくビアスタイルごとのスコアシートを使用した官能評価による審査会]の採点を合算し、総合得点から『ビアワングランプリ』が決定されます。また、ビールのスタイル別に部門を設け、部門ごとの受賞ビールも決定いたします。

※breweryの意向により、一部のビールについては審査・投票対象外となっております。

 

【入場チケットの販売について】

イベント会場へのご入場には、前売チケット(4,500円、税込)が必要です。

ご来場者は入場後、会場内のすべてのビールを飲み放題でお楽しみいただけます。

前売チケットは、お申込み先着順に4つの特典からいずれか1つをお選びいただけます。

[特典1]先行入場チケット(13:00~先行入場可、一般入場は14:00~)

先行入場して希望するビールを優先的に試飲することができます。また、同会場で一般開場前に実施される審査会を一部ご見学いただけます。

[特典2~4]特別セミナー付き(無料ご招待、それぞれ約30名限定)

セミナーは下記 a~cの3種類、いずれも受講料は無料です。

a.『すみだの職人が造るグラス~グラスを変えると、こんなにも違いが!?セミナーで体験!!』

b.『ベアードビール これまでの軌跡とグローバルに展開するこれから』(仮)

c.『ひでじビール これまでの軌跡と地元の食材を使ったビールの秘けつ&秘話』(仮)。

※チケットのお申込み方法は、公式ウェブサイト参照

 

【開催体制】

主催:

 すみだ Beer Festival/ビアワングランプリ実行委員会(実行委員長:城戸 弘隆)

 NPO法人 日本の地ビールを支援する会(代表理事:青木 辰男)

共催:

 ジャパンクラフトビアパブ協会(代表理事:田中 慶)

協賛:

 廣田硝子(株)

後援:

 墨田区

 日本ビアジャーナリスト協会

協力機関:

 錦糸町を元気にする会

 麦酒倶楽部 POPEYE

 vivo! BEER+DINING BAR

 (有)ヴィルゴビール

 (株)クラフトリカーズ

 (株)JRF ビアサポート

 PLANiDEA LLC.

 

【主催者概要】

法人名:特定非営利活動法人 日本の地ビールを支援する会

所在地:東京都北区中里3丁目23番21号

設立年月日:平成20年9月1日

設立目的:

広く一般市民と地ビールに携わる個人又は団体を対象として、日本に適した美味しい地ビールを調査研究し、技術開発・情報提供・普及啓発活動等を行うことで、市民の生活文化発展、経済活動の活性化さらには消費者の食の安全に寄与することを目的とする。

URL:http://www.craftbeersupport.org/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人 日本の地ビールを支援する会
代表者名 青木 辰男
業種 その他サービス

コラム

    NPO法人 日本の地ビールを支援する会の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域