インフォ・テック提供の介護サービス向けパッケージソフト「介五郎」に連携したタブレット用アプリに新しいラインナップ「訪問看護」「通所介護」1月25日リリース

介護保険関連ソフトウェアの開発・販売などを手がけている株式会社インフォ・テックは、介護サービスを手がける事業者などを対象に提供しているパッケージソフト「介五郎」に連携したタブレット用入力支援アプリとして「訪問看護」「通所介護」を開発。これまでの「訪問介護」につづく新しい2つのラインナップとして1月25日(水)にリリースします。パッケージソフト「介五郎」は、介護サービスの現場で月次の請求業務からスケジュール管理、時間給計算などを提供するとともにクラウド技術を用い様々な用途に合わせた運用が可能です。入力支援アプリは「介五郎」との連携で、記録簿の作成から請求業務までをリーズナブルな価格で大幅に効率化することができます。

関西圏を中心に介護・自立支援を行う事業所向けの業務支援サービスを展開する株式会社インフォ・テック(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:斎藤寿彦)は、介護サービス事業者などを対象に提供しているパッケージソフト「介五郎」に連携したタブレット用入力支援アプリに、「訪問介護」につづく新しい2つのラインナップ「訪問看護」「通所介護」を開発。1月25日(水)にリリースします。介護サービスの現場でタブレットを活用した実績の記録から請求業務までをリーズナブルな価格で効率化することができます。

 

▼ パッケージソフト「介五郎」連携入力支援用アプリ紹介ページ:

http://www.info-tec.ne.jp/seihin/tabletseries/

 

■パッケージソフト「介五郎」との連携で訪問介護、訪問看護、通所介護の記録簿づくりが効率的に

 

インフォ・テックが1月25日にリリースするのは、介護サービス向けパッケージソフト「介五郎」と連携した入力支援アプリの新しいラインナップ「訪問看護」「通所介護」です。

 

「訪問看護」「通所介護」を新しく加えた介五郎タブレット入力支援シリーズは、介護サービスを行うユーザーが介護者宅や施設内で記録簿をタブレットで入力するアプリです。記録簿の段階で請求業務を意識して実装することで、ユーザーの負担が最小限になるよう工夫しました。

 

Windowsタブレットに標準対応した介護サービスの記録アプリと請求業務のパッケージソフト「介五郎」をクラウドサービスMicrosoft Azureの技術を用いて記録簿部分のみをクラウド化した入力支援アプリ。これらの連携で記録簿づくりから請求業務までが大幅に効率化でき、月額制なのでリーズナブルな価格での運用も実現できます。

 

これまで入力支援アプリ「訪問介護」を提供していましたが、「訪問看護」「通所介護」が加わって介護サービスの現場で求められる記録簿づくりがさらに簡単に、便利に拡充されました。

 

インフォ・テックでは、提供する介護サービスの内容に応じて日々の業務から記録・請求までをタブレットで簡単に、シームレスに実現するソフトウェアを開発・提供しています。今後は、ニーズの高い居宅介護支援版もリリースする予定です。

 

【株式会社インフォ・テックについて】

所在地:〒537-0025 大阪府大阪市東成区中道3-15-16 毎日東ビル2階

代表者:代表取締役社長 斎藤寿彦

設立:2002年4月

電話番号:06-6975-5655(代表)

URL:http://www.info-tec.ne.jp/

事業内容:介護保険、民間法人向けコンピュータシステムの開発および販売およびサポート

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社インフォ・テック
代表者名 斎藤 寿彦
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    株式会社インフォ・テックの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域