電線管判別ユニット「AC Line Trac」を新発売

インフラ保守に!すべてのコンクリート探査機を超える!これまで判別が難しかった電線、特に鉄筋直下の活電線の判別が容易になり、工事を中断や構造物への被害、保修のはつり作業が発生してしまう電線切断事故を防ぐことが可能になります。- 最新モデルに電線管判別ユニットのオプションが登場!-

 コンクリート内部探査用電磁波レーダを中心とした非破壊検査機器を製造・販売しています、KEYTEC株式会社(所在地:兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル11F、代表取締役:岩田 和彦)では、コンクリート内部探査用電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」専用オプションユニット 電線管判別ユニット「AC Line Trac」を新発売します。

 

《発売の概要》

製品名 電線管判別ユニット「AC Line Trac」

発売日 2017年1月末頃

 

《製品の概要》

 本製品は、最新型電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」の前部に取り付けることにより、活電線(電流が流れている電線)を即時に探査することができるオプションユニットです。

 活電線からの信号は、下図のようにレーダ探査画面上に水色の線で示されます。そのピーク値と一致する山形波形を活電線管と判断します。

 

 

 このユニットを取付けることにより、これまで判別が難しかった電線、特に鉄筋直下の活電線の判別が容易になり、工事を中断や構造物への被害、保修のはつり作業が発生してしまう電線切断事故を防ぐことが可能になります。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ユニットを取り付ける本体「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」をご紹介

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コンクリート内部探査用電磁波レーダ 「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」

製品詳細:http://www.key-t.co.jp/products/sir_ez_xt/

 

《製品・サービスの概要》

インフラ保守に!コンクリート内部非破壊検査機器「シリーズ最高の高周波(2,700MHz)」

すべてのコンクリート探査機を超える!最新モデル「SIR-EZ XT」

 

●ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

 

●ストラクチャスキャン SIR-EZ XT レンタル

 ・コンクリート内部探査深度:40cm

 ・荒い路面も測定簡単:車高8mm (アンテナ底面と測定面)

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 KEYTEC株式会社
代表者名 岩田 和彦
業種 商社・流通業

コラム

    KEYTEC株式会社の
    関連プレスリリース

    KEYTEC株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域