プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,707社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

ビッグ・ログデータ分析において、リアルタイム性を追求した超高速検索インデックス搭載の新メジャーバージョン「Logstorage Ver.6」の販売を開始

インフォサイエンス株式会社

! 2017年1月13日 11時

インフォサイエンス株式会社は、1年振りのメジャーバージョンアップとなる、統合ログ管理システム「Logstorage Ver.6」の販売を、2017年1月13日より開始いたしました。「Logstorage Ver.6」ではインデックスの自動作成機能により、ログ収集時点から即座にインデックスによる超高速検索が可能となり、旧バージョンとの性能比において100倍以上の高速化を実現いたしました。また、検索結果が大量の場合は、見つかったログから順次表示していく「五月雨検索」機能が追加されたことで、体感的な検索速度も飛躍的に向上しています。

インフォサイエンス株式会社は、1年振りのメジャーバージョンアップとなる、統合ログ管理システム

「Logstorage Ver.6」の販売を、2017年1月13日より開始いたしました。

 

統合ログ管理システム「Logstorage」は、内部統制、情報漏えい対策、PCI DSS準拠、マイナンバーの利用監査、標的型攻撃対策など、主に企業内のITシステムの適切な利用のモニタリングを目的として、日本国内で2,200社を超えるお客様に導入して頂いておりますが、昨今、クラウドサービスやビッグデータ、IoTの利活用の進展により、ログの収集対象の範囲が拡大するとともに、ログ分析に対するニーズも多様化し、企業内でログに触れるユーザも増加し続けております。

 

また、近年特に問題となっている企業へのサイバー攻撃への対応として、CSIRTやSOCを企業内に設置し、

SIEM製品を採用するケースが出つつある中で、「Logstorage」はそうしたセキュリティ対策に特化した用途においても的確にニーズを取り入れ、多くのユーザに選ばれています。

 

「Logstorage」はこれまで、自社開発のログフォーマット圧縮エンジンによる長期間に渡るログの高圧縮保存、及び独自技術であるログフォーマット定義を用いた圧縮保存ログに対する高速検索を実現し、提供してまいりましたが、この度、ログの収集からインデックスが作成されるまでのタイムラグを無くし収集時点から即座にインデックスを用いた高速検索が可能となる「リアルタイム・インデックス」機能を実現いたしました。

 

○Logstorage Ver.6 の主な強化点

 

(1)インデックスの自動リアルタイム作成による即時高速検索の実現

 

インデックス機能により、旧バージョン(インデックス未対応)との性能比において、数十~数千倍以上の高速化を実現いたしました。特に大量のログからごく少量を見つけ出す検索パターンでは数秒単位での検索が可能となります(例:60億件中1件の抽出で数秒以内に検索可能)。

 

「Logstorage Ver.6」ではログの収集時点から即座にインデックスが自動作成され、常に高速検索を体感することが可能です。ファイルの持ち出しや不正アクセス、サイバー攻撃による情報漏洩(漏えい)事故・事件といったケースでは、検索対象の期間やログの種類が定まっておらず、「特定ユーザ」や「特定IPアドレス」、「ログイン失敗」など怪しいキーワードを含むログだけを急いで抽出する必要があり、このようなケースにおいて特に威力を発揮いたします。

また、検索結果が大量の場合は、見つかったログから順次表示していく「五月雨検索」機能が追加されたことで、体感的な検索速度も飛躍的に向上しています。

 

(2)Logstorage Agent(Java版) の刷新・機能の大幅強化

 

ログ出力元からLogstorageへリアルタイム且つ、データロスト完全防止に対応するログ転送プログラムである、「Logstorage Agent」がついに暗号化通信に正式対応いたしました。

PCIDSSなど様々なセキュリティ・ガイドラインで指摘されている「暗号化」については、これまでロストなくリアルタイムに転送ができる、有効な通信手段が存在しませんでした。暗号化通信に対応することで、

 

1.リアルタイム転送

2.データロスト完全防止(LLTP / Logstorage 独自プロトコルによる)

3.暗号化通信(LLTP over SSL/TLS)

 

の3つを同時に実現することができます。

 

さらに、必要とするログだけを転送時点で指定する、あるいは外部スクリプト等によるデータ加工後のログを転送できるなど、Agentの転送時点における機能も強化され、さらにきめ細やかなログ転送の運用が実現可能となりました。

 

今回のリリースは、Logstorage Agent としては実に4年ぶりのメジャーバージョンアップ(Ver.5)となり、本バージョンでは今後、将来の集中管理機能を見据えて動作プラットフォームをこれまで .NET版 と Java版 としていたものから、「Java版」に統一し、開発をよりスピーディーに進めてまいります。

 

※尚、従来の.NET版については、これまで通りのサポート提供を行います。

 

(3)インデックスを含むログ管理機能の強化

 

ログ量や、ログフォーマットの変更に伴う圧縮されたログの更新処理など、これまでLogstorageの運用管理者向けの画面は存在していましたが、「Logstorage Ver.6」ではインデックスの自動作成機能の提供に伴い、

インデックス自身の作成状況の表示や、作成・削除指示機能も追加され、より一層運用しやすくなりました。

 

○出荷開始日・価格

製品名:Logstorage Ver.6 / Logstorage Agent Ver.5

製品リリース日:2016年12月29日

出荷開始日:2017年1月13日

価格:65万円~(税別)

 

Logstorageについて

======================================================

純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で採用され、大手企業、官公庁、公益事業を中心に2,200社以上への導入実績があり、Logstorageの出荷本数シェアは10年連続第1位となりました。(※)

※出展:ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と

将来展望2016(統合ログ管理市場)」

http://www.logstorage.com/index.html

 

インフォサイエンス株式会社について

======================================================

インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、コンサルティングから開発、運用・保守まで一貫してサービスを提供しています。

http://www.infoscience.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

インフォサイエンス株式会社 プロダクト事業部

TEL:03-5427-3503

Email:info@logstorage.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

インフォサイエンス株式会社

代表者名

宮 紀雄

業種

未選択

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

インフォサイエンス、統合ログ管理製品「Logstorage」のAWS対応機能強化。NLB、統合 CloudWatch エージェントのログ収集・分析に対応
! 2019年6月11日 12時
インフォサイエンス、統合ログ管理システム「Logstorage」のOffice 365対応、Microsoft Teams監査ログ収集・分析に対応
! 2019年4月18日 16時
LTS対応のJava11をいち早く同梱し、長期に渡り安定利用可能な新バージョン「Logstorage Ver.7.2」の販売を開始
! 2018年12月4日 16時
統合ログ管理システム「Logstorage」が「Logstorage連携パック for SKYSEA Client View」をバージョンアップ
! 2018年10月17日 11時
解析可能なSyslog形式を追加、ログフォーマット定義自動解析機能を強化した新バージョン「Logstorage Ver.7.1」の販売を開始
! 2018年9月3日 12時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る