プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

業界初「IoT時代の主役であるZigbee向け電波テスター」の販売について~ARM社が主導するmbedを使用したZigbee向け電波調査ツールとして~

スペクトラム・テクノロジー株式会社

! 2016年12月15日 9時

スペクトラム・テクノロジー株式会社は、「Zigbee(注1)向け電波テスター」(以下本ツールという)を平成28年12月16日より販売開始します。本ツールは、IoT時代の近距離通信の主役のひとつであるZigbee向けの電波調査、品質調査ツールになります。ARM社が主導しているmbed(注2)のボードを使用して開発しました。手のひらサイズで、持ち運び可能で安価なツールです。 本ツールにより、これまでZigbeeの調査には、スペクトラム・アナライザ、PC付属ツールなどを使用して行ってきましたが、設定が難しく大掛かりでした。その悩みを解消した手のひらサイズで、電源を入れると自動的に受信レベル、回線品質の測定、USBメモリへの自動記録を可能にしました。無線のスキルがないお客様、時間を節約したいSE,CEの方にご使用いただけます。(図1.Zigbee向け電波テスターの仕組み参照。)

 スペクトラム・テクノロジー株式会社は、「Zigbee(注1)向け電波テスター」(以下本ツールという)を平成28年12月16日より販売開始します。本ツールは、IoT時代の近距離通信の主役のひとつであるZigbee向けの電波調査、品質調査ツールになります。ARM社が主導しているmbed(注2)のボードを使用して開発しました。手のひらサイズで、持ち運び可能で安価なツールです。

 本ツールにより、これまでZigbeeの調査には、スペクトラム・アナライザ、PC付属ツールなどを使用して行ってきましたが、設定が難しく大掛かりでした。その悩みを解消した手のひらサイズで、電源を入れると自動的に受信レベル、回線品質の測定、USBメモリへの自動記録を可能にしました。無線のスキルがないお客様、時間を節約したいSE,CEの方にご使用いただけます。

 特に、Zigbeeを最初に導入する際の現場調査時、自動記録機能を使って、GPSデータとの連携によるヒートマップ作成を簡単に行えます。また、導入後のトラブル対応で、データロガーとして長時間のデータ取得などによりトラブルの早期解決に役立ちます。(図1.Zigbee向け電波テスターの仕組み参照。)

小型で自動記録を備えたZigbee向け電波テスターの販売は、業界初となります。

(注1)Zigbeeとは、IEEE802.15.4の規格で、IoT時代の近距離通信の代表格として、スマートホーム、テレメトリ、公共系などに利用されております。安価で、通信速度が250kbpsと比較的高速の通信が可能です。また、2.4GHzは唯一のグローバル対応が可能です。

(注2)mbedとは、ARM社が提供する開発環境で、IoTに対応したソフト開発を支援します。mbed用のボードなど数多くの製品が対応しております。

 

1. 目的

 Zigbeeの無線スキルのないお客様、調査時間を節約したいSE,CEの方に、Zigbeeの導入時の現場調査、導入後のトラブル対応で使用して頂き、電源を入れると同時に受信レベル、回線品質(スループット)の測定、自動記録により数値の可視化を行い、時間の節約とスキル不足を解消することを目的とします。(図2.Zigbee電波テスター概要参照)

2. 特徴

本ツールの特徴は以下のとおりです。

  ① 手のひらサイズで持ち運びが可能な、IoT時代の近距離通信の本命であるZigbee用電波テスターです。

  ② mbedを使い安価に提供します。

  ③電源入れると自動で測定、記録します。スキルは必要としません。どなたでも使えます。

 

3.商品内容

(1)基本部:価格:3万円(税抜き)

   ・mbed(LPC1768)

   ・mbed application board

   ・キャリングケース

(2)オプション品

   ・Xbee

   ・モバイルバッテリー

   ・USBメモリ

   ・XCTUアダプタ

   ・ボタン電池

(3)機能

   • Zigbeeの電波受信レベル(ローカル、リモート)

   • 回線品質(スループット)の測定

   • データロガーによるCSV等への自動記録を行います。

   ・ntp自動同期(LAN接続時)

 

4. 特におすすめのお客様

  ・SIer様などのZigbeeの導入、保守を行うSE,CEのみなさま

  ・Zigbeeの開発をおこなっているみなさま

  ・Zigbeeを導入したお客様

  ・IoTを修得する学生のみなさま

 

5. 利用用途

  ・Zigbee導入時の現場調査(サイトサーベイ)で設置場所を決めるための電波調査

  ・Zigbee導入後のトラブル調査で、電波が不安定、切れるなど。また、通信データがおかしいなどの確認に利用できます。(注:お客様データの解析には設定変更が必要になります。)

  (図3.利用方法、図4.GPS連携利用例参照)

6. 販売エリア

  日本全国

7. 販売開始日

  平成28年12月16日(金)

8. 会社情報

  スペクトラム・テクノロジー株式会社

  所在地:埼玉県所沢市御幸町1番16-1308号

  事業内容:無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。

  ホームページ:http://spectrum-tech.co.jp

詳細資料: http://spectrum-tech.co.jp/sier_service/zigbee_tester.html

 

(参考)

図1.Zigbee電波テスターの仕組み

図2.Zigbee電波テスター概要

図3.利用方法

図4.GPS連携利用例



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

スペクトラム・テクノロジー株式会社

代表者名

村上正彦

業種

携帯、モバイル関連

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

ホワイトハッカ育成ツールの販売について~ひとりで出来る脆弱性試験、情報セキュリティ人材不足解消~
! 2017年10月3日 9時
SDRを使ったIoT用スペアナの販売について~サブギガのスペアナを格安で、920MHzからアマチュア無線までをカバー~
! 2017年8月25日 9時
はじめてのAIプログラム学習キットの販売について~グーグル開発のTensorflow、Pythonの基礎をマスター~
! 2017年7月19日 9時
日本初スマートホーム大手Wulianグループとの販売代理店契約の締結と取扱店募集について~ゲートウエイ、センサ、セキュリティ、アプリの大手メーカが日本上陸~
! 2017年4月25日 9時
業界初「スマートメータで使用するWi-SUN向け電波テスター」の販売について~HEMS,家電製品をつなぐIoT用電波調査ツールとして~
! 2017年4月12日 9時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る