4K60p HDR 18Gbps対応 最長100mのHDMI光ケーブルを発売

HDMI規格の最高スペック 4K60p HDR(18Gbps)伝送を100mで実現。リアル4K時代をリードする「HDMI光ケーブル」発売に先駆けて、 InterBEE 2016 でデモ展示いたします。

エイム電子株式会社(相模原市/社長:中山栄志)は、4K解像度の最高スペック18Gbps伝送に対応した「HDMI光ケーブル」を2017年春より発売いたします。その発売に先駆けて Inter BEE(国際放送機器展)2016で、デモンストレーション展示いたします。

 

本製品は、通信分野の超高速デジタル伝送で実績のある光伝送技術を応用し、レーザーダイオードでHDMIの電気信号を光信号に変換、石英ファイバーによって伝送するHDMIケーブルです。この伝送方式は、電気信号の減衰による信号劣化がなく、様々な設置環境で発生する電磁ノイズの影響も受けないため、長距離でも非常に安定した性能を発揮し、理想的な高品質ロスレス映像と音声信号を送ることができます。

 

そして4K解像度やHDRおよびHDMI最新規格に対応し、伝送性能は、銅線ケーブルでは10mが限界とされる伝送スピード(4K60p 4:4:4 24bit = 18Gbps)において、最長100mでも確実な伝送が可能。光電変換部の駆動電力は、HDMI規格に対応するため外部からも供給可能な設計とし、給電端子をコネクタ後方に搭載することで並列するコネクタ同士の干渉を防止。受信機器側の稼動状態を正確に検知する新設計VDC(特許出願中)を搭載し、送信機器側の誤動作を防止するなど、高いユーザビリティと安定した性能を確保しています。

 

またHDMIの伝送方向に合わせた設計とデザインにより、方向性誤認による施工・接続ミスを防止。そして出荷前の検査工程では、最新実機による18Gbps伝送での確認検査を全数で実施し、確実な映像配信サービスが求められるデジタルサイネージなどの分野で必須となる高性能と高品質を同時に実現しています。

 

4Kをはじめとした高解像度HDMI伝送において、長距離接続の信号劣化問題を解決する、エイム電子の次世代HDMI光ケーブルを、ぜひ Inter BEE 2016 でご確認ください。

 

製品イメージ

 

●webサイト(ニュースリリース)

http://www.aim-ele.co.jp/press/news_avc-18g_20161116.pdf

 

●発売予定日:平成29年春

 

●型番、製品名およびメーカー希望小売価格

型番     製品名          希望小売価格

AVC-18G10 HDMI光ケーブル 10m   オープン

AVC-18G15 HDMI光ケーブル 15m   オープン

AVC-18G20 HDMI光ケーブル 20m   オープン

AVC-18G30 HDMI光ケーブル 30m   オープン

AVC-18G50 HDMI光ケーブル 50m   オープン

AVC-18G70 HDMI光ケーブル 70m   オープン

AVC-18G100 HDMI光ケーブル 100m  オープン

 

●Inter BEE (国際放送機器展)2016

2016年11月16日(水)~18日(金) 幕張メッセ

ブース位置: 5205 (HALL5)

http://www.inter-bee.com

 

 

仕様一覧

 

接続イメージ

 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 エイム電子株式会社
代表者名 中山 栄志
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    エイム電子株式会社の
    関連プレスリリース

    エイム電子株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域