プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,236社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

国民食であるカレーがまさかの婚活とコラボ!カレーの好みが合うとカップルは別れにくい?創業80年超の京都の老舗スパイス会社が「カレー婚活」を“良い夫婦の日”に実施

甘利香辛食品株式会社

! 2016年9月29日 12時

京都で創業80年以上のスパイス会社である「甘利香辛食品株式会社」は、結婚相手紹介サービスの「サンマリエ(運営:ハピライズ株式会社)」と連携して「カレー婚活~魅惑のスパイスミーティング」を2016年11月22日(火)19:30~21:30にて実施する。開催は初めて。イベントの締切は11月1日(火) 17:00。

■「カレー」は「家庭の味」の代表格

日本人なら誰もが食べたことがあり、どの家庭でも必ずと言って良いほど食卓にあがる「カレー」は、「ラーメン」と並ぶほど人々を魅了しており、もはや「国民食」と言える食べ物です。

街を歩けば「カレー専門店」が立ち並び、本屋に行けばカレーにまつわるレシピ本・文献が数多く見つかります。

インド発祥のカレーは大変、歴史が古く、日本に渡ってきてからも独自で更なる発展をとげ、「地域」だけではなく「人」によっても作り方が千差万別です。

中に入れる具材も牛肉や豚肉、鶏肉など地域によって様々。ベースの味も欧風、和風、インド風など。最近ではタイ風のグリーンカレーやマッサマンカレーなどバリエーションも増えてきています。

調理方法も小麦粉からしっかり炒める人、大量の玉ねぎを飴色になるまで炒める人、ルウを使う人、スパイスから選ぶ人など、こだわりは人それぞれ。

カレーにあわせるのもライスだけではなく、「ナン」「カレーうどん」「カレーパスタ」「スープカレー」などがあります。北海道や新潟県には、ご当地の「カレーラーメン」などもあります。

もはや「インド」生まれながら、日本のカレーは「食の国境」を大きく越えてきております。

そんな日本人に馴染みが深い「カレー」は外食だけではなく、中食、いわゆる「家庭の味」としても親しまれており、カレーは「“家”を象徴する食べ物」と言っても過言ではありません。

カレーにはそれぞれの家庭の味付けがあります。

その家で育った子供が成長し、大人になって結婚をした際にはまた夫婦で一つのカレーを作り上げます。

その際、一緒に食べるからには「カレーの味付けの好みは異性と合っていたほうが良い」と仮定いたしました。

「辛口」と「甘口」の好みの差なら、後からでも多少の味を変えられるでしょう。

ですが、先述しました「入れる具材」や「味のベース」などの基本的な味付けの嗜好が似ているほうが、食の会話が弾み、結婚生活はうまくいくと考えました。

 

■京都で創業80年以上のスパイスメーカー『甘利香辛食品』が結婚相談所「サンマリエ」とタッグ

今回私たち、古都・京都で創業80年以上のスパイス会社である甘利香辛食品株式会社が、結婚相談所「サンマリエ」(運営『ハピライズ株式会社』)とタッグを組み、“味の好みが合う相手”を探す方法において考え出したのが、「カレー」と「婚活」がコラボをしたイベント、その名も「カレー婚活」です。

「サンマリエ」は昭和56年の設立以降、ハイクラスなお見合いパーティや 結婚相談のカウンセリングを行ないながら、たくさんのカップルを誕生させている結婚相談所です。

2010年からは「ラーメン婚活」(※)なども実施しており、第1回目の開催から、各地で応募者が殺到し、盛り上がりを見せ、現在も毎月実施しております。

開催から今までに誕生したカップルは160組を越えるほどの人気イベントです。

今回の「カレー婚活」でも、参加者が異性と自分の好きな「味」の話をすることで、相手の“人となり”や“嗜好”を知ることが出来るのはもちろん、自身が知らないお店などの情報交換をしながら、男女がカレーの話に花を咲かすことで、意気投合もし、“刺激的な出逢い”が誕生するのではと考えました。

まさにカレーを通じた「スパイスミーティング」を“いい夫婦の日である”11月22日(火)に実施致します。

※「ラーメン婚活」は全研本社株式会社の登録商標です。

 

■「カレー婚活」の会場は、東京・銀座の人気店「カーンケバブビリヤニ」

今回会場として利用するのは「カーンケバブビリヤニ」です。

「カーンケバブビリヤニ」と言えば、ハイクラスのレストランが集う銀座に店を構え、本格的な南インド料理として数あるグルメサイトで評価も高い名店です。

スパイスの使い方にも長け、その洗練された味や、上質な空間作りが多くの人々に愛されております。

しかも、今回参加者に食べていただくのは、この日だけのために用意された「カーンケバブビリヤニ」のスペシャルコース。それがなんと参加費1,000円で堪能できます。

「カレー婚活なのだからカレーが1皿出てきて終わり」と思うかもしれませんが、今回は男女の出逢いをゆっくり楽しんでいただくために、「カーンケバブビリヤニ」の料理の数々を参加者には堪能頂きます。

店名にもなっている名物料理「ビリヤニ」もこのイベントだけの限定版で登場。インドではお祝いの席で食べる「ビリヤニ」は「婚活」の場としてふさわしい逸品です。

 

■銀座で「本格南インド料理」を食べながら、出逢いの素晴らしさを体験。

参加者が1,000円で味わえるのは「カーンケバブビリヤニ」の特製料理の数々。「フレッシュなスパイスの美味しさを熱々の状態で食べて欲しい」とのこともあり、ブッフェスタイルで提供。

 

もちろん、通常1,000円では決して味わえません。では何故この価格で出せるのか?1,000円以外で別に費用がかかるのでは?そう思う方も多いかもしれません。

その理由は、結婚相談所「サンマリエ」の熱い想いがあります。

創業からの36年間、『時代に会った“新しい婚活のかたち”』を提案しようと、都度さまざまな相性や条件を持つ男女をマッチングし培ってきた、「サンマリエ」がこれまでの経験・実績を活かし、今まで“敷居が高い”と思いがちだった人にこそ、今回の「カレー婚活」を通じて、出逢いの素晴らしさを体験していただこう、という考えから、参加費をこの価格設定にしてあります。

「カーンケバブビリヤニ」の料理にも、イベントの中でのサービスにも決して手を抜かず、参加者に楽しんでいただくことを最大に考えて今回実施致します。

 

■カレーについて更に詳しくなれる。特別ゲストは“はぴい”こと、飯塚 敦氏

今回の「カレー婚活」はカレーを食べるだけでも、出逢いがあるだけでもなく、カレーの専門家による特別トークショーも実施致します。

ゲストは、食全般、特にカレーに特化した取材執筆、デジタルガジェットについての取材執筆を行い、カレーをテーマとしたライフスタイルブログ「カレーですよ。」が人気のフードジャーナリスト飯塚敦氏。

2016年1月には自身の著書「カレーの本」が笠倉出版社より発売され、テレビを中心にメディアに登場している、まさにカレー界の第一人者です。

ご自身も結婚をされており、奥様との出会いのきっかけが「カレー」とも話す飯塚氏が「世界のスパイス、そしてスパイスと恋愛の関係性」などのトークイベントを実施予定。

イベントでは、男女がより親密になるよう、独自のマッチングシステムにより様々な演出が盛り込まれています。

 

■参加者全員にプレゼント付き!甘利香辛食品特製の「魅惑のプレミアムスパイス~出逢える“情熱の赤いミックススパイス”~」

今回、参加者全員に甘利香辛食品特製の“ミックススパイス”をプレゼント。

長年に渡り、唐辛子やカレー粉など多くの人々に愛されているスパイスを作り続けている甘利香辛食品の開発室スタッフが、総力を結集して特別に開発・ブレンド致しました。

サンマリエが掲げる『「いい出逢い」は「いい結婚」につながり、「幸せな家庭生活」そして「豊かな人生」へとつながっていく』というテーマに基づき、何度も試作を重ね、サンマリエと、特別ゲスト・はぴい氏の監修の元、人々をもっと魅力的にし、そして“出逢えるスパイス”を開発しました。

その名も「魅惑のプレミアムスパイス~出逢える“情熱の赤いミックススパイス”~」です。

美味しいだけではなく、健康や美にも追及し、「人を魅了するハーブ」「迷わぬ愛を暗示するスパイス」「幸福をもたらすハーブ」など、15種類以上のスパイスを配合し、恋愛成就の願いが込められています。そのスパイスを普段の料理に使うことで、男女ともに明日の輝きを増幅させます。

 

【開催概要】

「カレー婚活~魅惑のスパイスミーティング」

日時:2016年11月22日(火) 19:30~21:30

主催:ハピライズ株式会社

協力:甘利香辛食品株式会社

会場:「カーンケバブビリヤニ」(最寄駅:JR新橋)

参加費:男女ともにお一人様1,000円(税込)

参加申込:

【PCから応募の場合】

https://www.sunmarie.com/q/campaign/seminar/post.html

【スマートフォンから応募の場合】

https://www.sunmarie.com/q/campaign/seminar-sp/post.html

参加締切:2016年11月1日(火)17:00まで

※応募者多数の場合は、抽選となり、当選者にのみ11月2日以降に直接ご連絡を差し上げます。

参加資格:真面目に結婚相手を探している20歳以上の独身男女で、カレー・スパイス料理が好きな方

参加人数:50名(男性 20名~25名×女性 20名~25名)

※注意事項など、応募にあたっての詳細はサンマリエの特設ページをご参照ください。

 

【甘利香辛食品株式会社について】

本社:〒612-8081 京都府京都市伏見区新町13丁目295

代表者:代表取締役社長 甘利毅

設立:1948年5月

TEL:075-621-2447

FAX:075-621-2572

URL:http://www.amarisp.co.jp

事業内容:香辛料・カレー製造販売

【登録商標】

C&A、花ベル印、CBC、七彩味、とんでもないカレー、C&Aクリーンスパイス

【営業品目】

スパイス各種、カレーパウダー、カレールウ、レトルトパウチ食品、明太子用唐辛子、 一味、七味、シーズニング、コーティングスパイス、生薬



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

甘利香辛食品株式会社

代表者名

甘利 毅

業種

食品関連

プレスリリース情報

ジャンル

外食・フードサービス

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る