プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国地方で初、地方システム開発会社向け『認定ニアショアベンダー制度』の認定を取得

株式会社LASSIC

! 2016年5月26日 12時

『~鳥取発~ITで地方創生』を経営理念とする株式会社LASSIC(ラシック)(本社所在地:鳥取県鳥取市)は、中国地方で初となる『認定ニアショアベンダー』となりました。

 『~鳥取発~ITで地方創生』を経営理念とし、UXデザイン&インテグレーション、地域イノベーション支援、感情解析研究開発を手掛ける株式会社LASSIC(ラシック)(本社所在地:鳥取県鳥取市、代表取締役社長 若山幸司、以下LASSIC、http://www.lassic.co.jp)は、この度、一般社団法人ニアショア開発推進機構が推進する『認定ニアショアベンダー制度』において、中国地方で初となる『認定ニアショアベンダー』となりました。

 

 『認定ニアショアベンダー制度』とは、(一社)ニアショア開発推進機構が独自に定めたガイドラインを元に評価・審査を行い、ニアショアベンダーとして一定の基準を満たしていることを認定するものです。

 

 近年、コスト削減のため中国やアジア地域でシステム開発を行う「オフショア開発」が急拡大して来ましたが、コミュニケーションや文化の違い、発注国内での賃金上昇、技術流出などが新たな課題になって来ていると言われています。

 そのような中、言語、文化、商慣習の違いがなく、“made in Japan”品質が実現でき、大都市圏に比べてコストを抑えられることから、国内地方都市で開発を行う「ニアショア開発」が注目されています。「オフショア開発」で海外に発注されている数千億円が「ニアショア開発」に置き換わっていけば、地方に仕事と雇用を創造し、地方経済の活性化にもつながります。

 LASSICもこれまで、『~鳥取発~ITで、地方創生』の経営理念のもと、<東京一極集中の経済活動を分散し、地方を活性化する><ITの“地方輸出”の仕組みをつくる>ことに取り組んでまいりました。

 

 この度の認定を通して、ニアショアベンダーとして、より選んでいただける企業創りに邁進するとともに、『~鳥取発~ITで、地方創生』をますます推進してまいります。

 

【株式会社LASSICについて】

本 社 :〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7-5-1 鳥取県産業振興機構内

代表者 :代表取締役社長 若山 幸司

設 立 :2006年(平成18年)12月

資本金 :8,888万円

U R L :http://www.lassic.co.jp

事業内容:

◯UXデザイン&インテグレーション事業

◯地域イノベーション支援事業

◯感情解析研究開発事業

 

【参考】

◯一般社団法人日本ニアショア開発推進機構について

所在地 :東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング6F

代表者 :代表理事 小林 亮介

設 立 :2012年7月(事業開始:2013年3月)

U R L :http://www.nearshore.or.jp/

活動内容:

1.ニアショア開発の啓蒙活動

2.ニアショア開発における知見の提供

3.一般企業と地方のシステム開発会社との情報交換会の開催

備考 :

認定ニアショアベンダー数 14社

ニアショアアソシエーション会員 68社

会員企業合算総エンジニア数 8,500名



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社LASSIC
担当者名:金谷(かねたに)
TEL:0857-54-1070
Email:marcom@lassic.co.jp

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社LASSIC

代表者名

若山幸司

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

宮城県丸森町とLASSIC、高度ICTを利活用した移住定住促進プラットフォーム構築の共同プロジェクトを開始
! 2016年10月14日 12時
「地方創生採用」をスタートしました。[株式会社LASSIC]
! 2016年1月18日 13時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る