4月1日(金)【青森屋】ウマ年入社のスタッフ2頭が新居へ引越しました。馬の産地、南部地方の名物として活躍します。

「星野リゾート 青森屋」にウマ年に入社したポニーの「のれ」と「それ」が、2016年4月1日に、敷地内の公園に出来た新居へと引っ越しました。心機一転、お客様のお荷物を積み、玄関まで運ぶ仕事にも益々力が入ります。お客様とのふれあいを通して、馬の産地・南部地方の魅力をお客様に届けられるよう、つとめてまいります。

新居に引っ越しました

2頭のポニー「のれ」と「それ」の引越し先は、木々が茂る緑豊かな公園の一角にあります。大事なエサや仕事道具をリヤカーに乗せ、自分たちで引越し作業を行いました。新しい家は、その昔、人が暮らす母屋と馬が住む馬屋が一体化した建物「南部曲屋」を模しています。公園散策の際は、ポニーのお家にお立ち寄りください。

 

2頭の大事な仕事はお荷物運び、「ポニーポーター」としてお出迎えします

青森屋の玄関では、リヤカーを曳くポニーがお出迎え。駐車場のお車から玄関までお荷物を運びます。青森県南部地方は、その昔、農作業などの重要な働き手として大切にされていました。南部地方の長い歴史の中にある馬文化を青森屋では、「ポニーポーター」として活躍する「のれ」と「それ」を通じて、触れていただく機会を創出しています。お子様はもちろん大人も、ポニーのかわいい姿に、夢中になること間違いなし。働き者のポニーにぜひ会いにお越しください。

 

■期間:2016年4月1日(金)~2016年6月30日(木)

■時間:15:00~17:00

■場所:駐車場~玄関を移動

*天候やポニーの体調により中止になる場合がございます。

■詳細:http://noresoreaomoriya.jp/pony/

 

2頭のポニー、これまでの歩み

 

・2014年4月に入社し、研修開始

お仕事デビューに向けてリヤカーを 曳く特訓や、お客様との写真撮影の ためにカメラ目線の練習などの研修 を行いました。

 

・2014年6月「のれ」、2015年9月「それ」がそれぞれお仕事デビュー

特訓を重ね、独り立ち をした馬スタッフは、ポーターの仕事のほか、秋は公園清掃、冬はクリスマスの演出と大忙し。

 

・現在(2016年4月)、新居へお引越し

新しいお家が公園内に建てられ引越し。広く快適な住まいは 古民家「南部曲屋」がモデルとなっています。

 

星野リゾート 青森屋

「のれそれ青森~ひとものがたり~」(※のれそれは津軽弁で目一杯、一生懸命の意)をコンセプトに、ショーレストラン「みちのく祭りや」や、豊富な料理が並ぶバイキングレストラン「のれそれ食堂」、良質な泉質に癒される温泉「浮湯」など、青森文化を満喫できる温泉宿です。

〒033-8688 青森県三沢市古間木山56/客室数 231室

 

星野リゾート公式サイト

http://www.hoshinoresort.com/



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 星野リゾート
代表者名 星野佳路
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    星野リゾートの
    関連プレスリリース

    星野リゾートの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域