第一回:北京「老人ホームの視察と商談会」のご案内

中国民政局(日本で言う厚生労働省)管轄の企業が主催する「視察と商談会」は、日本のすぐれた福祉機器、食品、介護ノウハウ、人材育成(介護師の教育と研修生受入れ)などを、中国の福祉事業者に直接紹介できる商談会です。中国では60歳以上の健康な老人が暮らす施設、介護が必要な人が暮らす施設があり、どこの施設も規模が大きく住民が多いため、ビジネスマーケットとして期待できると思います。また、日本が抱えている介護師の不足もあわせて検討していきたいと考えます。主催者が中国民政局の関係により、中国の各報道機関が取材に入りますので、参加企業はPRとして活用が可能と思います。我々は商談会を開催することで、日中の経済効果を期待できると確信します。

北京怡年老齢産業促進中心は、中国最大規模の福祉機器展「北京老齢産業博覧会」を主催している中国民政局管轄の企業で、本「視察と商談会」を主催し、特定非営利活動法人国際福祉健康管理センターが共催します。

 

中国は2013年に60歳以上の人口が2億人以上になりました。日本でも中国の高齢者社会問題が報道されています通り、中国政府は高齢者福祉対策が急務であり、国内外の福祉教育機関や専門企業と協力を進めております。日本の介護ノウハウは世界でトップクラスであり、中国でも定評があります。

 

今回は、視察と商談会をあわせて開催し、日本のすぐれた福祉機器、食品、介護ノウハウ、人材育成(介護師の教育と研修生受入れ)などを、中国の福祉事業者に直接紹介できる商談会です。中国では60歳以上の健康な老人が暮らす施設、介護が必要な人が暮らす施設があります。どこの施設も規模が大きく住民が多いため、ビジネスマーケットとして期待できると思います。また、日本が抱えている介護師の不足もあわせて検討していきたいと考えます。我々は商談会を開催することで、日中の経済効果を期待できると確信します。

 

「北京老齢産業博覧会」とは、東京ビックサイトで開催している「国際福祉機器展」と同様、中国最大規模の福祉機器展です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。「視察と商談会」のご案内.pdf

http://whcc.jp



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人国際福祉健康管理センター
代表者名 舞田和憲
業種 医療・健康

コラム

    特定非営利活動法人国際福祉健康管理センターの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域