プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

2015年「親子のクリスマス」に関するアンケート調査/サンタを信じる子ども、3歳から7歳で約9割にのぼる ~小学校中学年でサンタクロースへの意識が変化~

アクトインディ株式会社

! 2015年11月30日 11時

アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する国内最大級の子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』では、2015年のクリスマスを前に親子のクリスマスに関するアンケート調査を実施しました。ここに、調査結果の要旨を報告いたします。

2015年「親子のクリスマス」に関するアンケート調査

サンタを信じる子ども、3歳から7歳で約9割にのぼる

~小学校中学年でサンタクロースへの意識が変化~

 

アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する国内最大級の子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』では、2015年のクリスマスを前に親子のクリスマスに関するアンケート調査を実施しました。ここに、調査結果の要旨を報告いたします。

 

-------------------------------------------------------------------------

【本リリースのポイント】

1)3歳~7歳の子どもの約9割がサンタクロースを信じている

2)サンタクロースに対する意識に変化が現れ始めるのは小学校中学年頃

3)子どもに贈るクリススプレゼントは「子どもに直接希望を聞く」親が半数

4)クリスマスに関するおでかけを行ったことがある家族は8割以上。

人気のおでかけ先は「イルミネーション」、「プレゼント選び」、「クリスマスパーティ」

-------------------------------------------------------------------------

 

1)3歳~7歳の子どもの約9割がサンタクロースを信じている

(※グラフは添付ファイルを参照)

3歳~7歳までの年齢の子どもの約9割がサンタクロースを「信じている」という結果に。また、8歳~12歳までの数値を見てみると3歳~7歳と比較するとサンタクロースの存在を信じている割合は落ちるものの、半数以上の子どもがその存在を信じていると回答された。

 

2)サンタクロースに対する意識に変化が現れ始めるのは小学校中学年頃

(※グラフは添付ファイルを参照)

11歳以降、サンタクロースを「信じていない」と回答する子どもの割合が半数を超え、中学生になる13歳以上になるとサンタクロースを「信じている」子どもは1割近くまで下がる結果に。

このことから、サンタクロースへの存在に対して少し意識の変化が現れ始める年齢のボーダーラインは「小学校中学年頃」ということが言えそう。

3)子どもに贈るクリススプレゼントは「子どもに直接希望を聞く」親が半数

(※グラフは添付ファイルを参照)

●クリスマスのプレゼントを検討する際、「子どもに直接聞いて希望を確かめる」と回答した親は50%と全体の半数に上った。

●「子どもが欲しそうなものを(親が)予想する」は23%、「(親が)子どもにふさわしいと思うものをあげる」26%となり、子どもには内緒で準備するという親も約5割という結果になった。

 

4)クリスマスに関するおでかけを行ったことがある家族は8割以上

(※グラフは添付ファイルを参照)

家族でクリスマスを楽しむおでかけを「毎年している」と回答された数値は35%、「する年としない年がある」と回答された数値は44%で、合算すると79%の家族がクリスマスならではのおでかけをしたことがある結果に。

 

■人気のおでかけ先は「イルミネーション」、「プレゼント選び」、「クリスマスパーティ」

(※グラフは添付ファイルを参照)

家族で行くクリスマスならではのおでかけで一番人気だったのは「イルミネーションを見に行く」で65%の家族が経験したことのあるおでかけとなった。次いで「家族や友人、自身へのプレゼントを買いに行く」、「親族や友人同士で行うクリスマスパーティに出かける(自宅での開催も含む)」となり、共に33%となった。僅差で「クリスマスの特別なご飯を食べに行く」が続き、30%の親子が経験しているおでかけとなった。

 

【考察】

冬の定番のおでかけ「イルミネーションを見に行く」を除くと、上位の3つは、いずれも「家族・友人との思い出作り」を主目的としたお出かけとなっており、クリスマスが家族・友人間の親交を深める定番のイベントとして支持されている様子がうかがえる。その他少数派ではあるものの、「サンタクロースに会う」、「クリスマスコンサートやショーに行く」といった純粋にクリスマスを楽しむおでかけを行っている家族も一定層いるということが分かった。

 

【アンケート概要】

■実施方法 『いこーよ』サイト上で実施

■実施期間 2015年11月5日~2015年11月2日

■回答数  341名

■回答者  0歳~9歳までの子どもを持つ全国のママ

 

・データを引用・転載の際は「子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』調べ」と クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

・使用に関しては広報窓口(pr@iko-yo.net)までご一報くださいますようお願いいたします。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

【子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』概要】

~親子のおでかけにワクワクを!~

子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』(http://iko-yo.net/)は、2008年12月にサービスを開始した親子でおでかけする場所が見つかる情報サイトです。『いこーよ』を通じて親子のおでかけが変わり、子供達の笑顔が増えることで明るい社会創りにつながることを願って、サイトを運営しております。おでかけ情報の他にも、育児や家庭生活に役立つトピックスを随時発信中です。

■年間利用者数 28,524,318人 (2014年11月30日~2015年11月29日実績) 

■掲載スポット数:39,873件 (2015年11月30日現在)

 



※以下、メディア関係者限定の特記情報です。webサイトや個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

企業名:アクトインディ株式会社
担当者名:島袋芙貴乃(しまぶくろふきの)
TEL:03-5435-1055
Email:pr@iko-yo.net

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アクトインディ株式会社

代表者名

下元敬道

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

旅行・観光・地域情報

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社が創立15周年 ~「いこーよ」はスタート10周年~
! 2018年6月5日 14時
【“民泊新法”施行(6月15日)直前緊急アンケート】 子育て層の民泊利用実態調査~約2割が主に国内で利用
! 2018年5月24日 15時
神奈川県藤沢市と「いこーよ」が連携 子ども向け施設・イベントのオープンデータ活用がスタート
! 2018年5月17日 14時
現代の墓事情、新常識 ~家族4人だけの納骨壇、「親子檀」が完成~
! 2018年4月19日 13時
「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社、本社移転のお知らせ ~事業拡大による従業員増加に伴い本社移転~
! 2018年4月16日 18時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る