脳性まひの少年の映画俳優になるという夢をかなえたい!バリアフリーな世界を目指す映画スタジオが、クラウドファンディングでの資金調達をスタート

心のバリアフリーをテーマに、自然と人間の共存を考える朗らかな短編映画『千里 翔べ』は、主演に脳性まひで車いすの中野健吾が本作で初の映画俳優を務め、乙武洋匡さん、あそどっぐさんのお二人による友情出演で撮影中。障がいがあっても夢は叶うことを知ってもらうための後一押しを、「READYFOR」で募集しています。

 
 

障がい者と健常者が一緒にバリアフリー映画を作るスタジオウーニッシュ(所在地:東京都北区、代表者:堀河洋平)が、2015年7月7日よりクラウドファンディング 「READYFOR」 にてプロジェクトを開始。映画製作資金の支援を募っています。

 

▼READYFOR|脳性まひの少年の映画俳優になるという夢をかなえたい!

 https://readyfor.jp/projects/senritobe

 

 

■一途な目標を持つ少年との出会いからスタートした映画

 

 

スタジオウーニッシュが現在制作している短編映画『千里 翔べ』は、童話「ごん狐」と、昔話の「花咲かじいさん」が融合したような朗らかな作品です。

私たちが日本の姿として思い浮かべる桜の木がある風景と、神様のお使いであるキツネが登場するファンタジー作品としてクランクインしました。

 

社会や福祉をテーマにした映画を制作する中で、本作で掘り下げたのは「ゴミ問題」です。思慮なく捨てられるポイ捨てから、環境を汚染する廃棄物の問題までを考えるために、今の日本の景色を映画として残しておきたいと考えました。

 

そのような中で出会ったのが、本作で主役となる中野健吾でした。脳性まひにより四肢が不自由な中で「映画俳優になる」という目標を持つ彼と出会ったことが、この映画をスタートする最後の一押しとなりました。

 

 

■日本に残された風景を撮影するために

 

 

『千里 翔べ』では、モチーフとなる桜や、キツネと縁深い「お稲荷さん」のロケーションが重要となるのですが、残念ながら開発が進んだ東京近郊には、この映画にあったロケ地がほとんどありません。

そのため、7月7日よりクラウドファンディングでプロジェクトを開始。これまでたくさんの方々から支援をいただきましたが、未だ目標金額の123万円には届いていません。映画の完成と、その後の公開のためにも、最後の一押しを募集しています。

 

日本には政府の「障害者施策」があり、互いに人格と個性を尊重する取り組みが進んではいますが、未だいわれなき差別や、生まれつきのハンディキャップを乗り越えるのが難しい社会です。

世の中の子ども達に、障がいがあっても夢は叶うことを知ってもらうためにも、この映画を完成させて、多くの方々に観ていただきたいと願っています。

 

 

■『千里 翔べ』のあらすじ

 

 

脳性まひの翔吾(男・小学4年生/電動車いす使用)は、同級生の健三(男・小学4年生/大柄)と一緒に、よく近所の稲荷神社や浅川でゴミ拾いをしている。

ある日、外国から転入してきた同じクラスのココ(女・小学4年生/金髪)が、いじめにあっているところを目撃する。助ける翔吾。2人は次第に惹かれ合っていく。

 

しかし翔吾には、誰にも言えない秘密があった。それは翔吾のおばあちゃんとの話によって、魂の記憶に刻まれた驚愕の真実がひも解かれていく…。

自分はどこから来て、何のために生まれたのか? その目的を思い出した時、翔吾は “あること” を決断する。

 

健三との友情、ココとの恋は一体どうなってしまうのか? そして、稲荷神社の巫女との関係には、深い“絆”の物語が隠されていた…。

 

 

■今後の展開

 

 

映画の撮影は、2015年9月中旬に終了する予定です。ここまで、企画に賛同していただいたボランティアスタッフの方々をはじめとし、キャストの方々にも大変なお力添えをいただきました。

主役の中野健吾が映画俳優としてデビューするためにも、スタッフ一同が2015年12月の映画完成に向けて、目標を一つにしています。今後とも、スタジオウーニッシュでは映画を通して、心身ともに本当のバリアフリーを実現していきたいと考えています。

 

<映画完成後のスケジュール>

2015年12月:完成披露試写会(予定人数50名程度)

2016年:国内外の映画祭に応募(知多半島映画祭、ながおか映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、ショートショートフィルムフェスティバル、水戸短編映像祭、ラブストーリー映画祭、小坂本町一丁目映画祭、他)

2017年上半期:一般の方々を対象にチャリティ上映会

2017年下半期:バリアフリーDVD・Blu-rayの発売

 

 

【スタジオウーニッシュについて】

所在地:東京都北区

所長:堀河洋平

設立:2012年9月

URL:http://seckietwelve12.wix.com/studio-wooonish

活動内容:バリアフリーな世界を目指すために、障がい者と健常者が一緒に映画を製作している。

 



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 スタジオウーニッシュ
代表者名 堀河 洋平
業種 医療・健康

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域