Web上でのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム『FaceHub 』を開発・運営するFacePeer株式会社第三者割当増資を実施

Web上でのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム『FaceHub(フェイスハブ)』を提供するFacePeer(フェイスピア)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:多田英彦)は、株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村岳)と株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区、代表取締役社長:森雅弘)を割当先とする第三者割当増資を行い、資金調達を実施しましたので、お知らせします。

 

<FacePeer株式会社とFaceHubについて>

「誰もが安心できるFace to Faceのコミュニケーションをもっと手軽に」というミッションの下、

WebRTC(※)を使ったWeb上でのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム

『FaceHub』を開発、2015年7月より提供開始しました。

 

FaceHubのような動画コミュニケーションプラットフォームは、すでに大きなシェアを

持つサービスがいくつかありますが、そのほとんどがアプリケーションとして提供されており、

ユーザーがコミュニケーションを開始するためには、「アプリのインストール」「会員登録」

「連絡先(ID)交換」等が必要となります。

そのため、「ネットリテラシーのあまり高くない方」や、カスタマーサポートやeラーニングといった

「できれば連絡先(ID)を交換したくない揮発性の高いコミュニケーションの場」には不向きです。

FaceHubは、これらのハードルを解消すると共に、事業会社が提供する動画コミュニケーションサービス

として最適な「1対n、n対n通信」「動画自動録画」「会話内容の自動文書化」等の機能も備えています。

 

パソコン・スマートフォン・電話への総合接続図

 

 

FacePeer株式会社は、FaceHubをクラウドサービスとしてリーズナブルな価格で様々な事業会社に提供し、

顧客満足度向上、業務効率化・コスト削減、新規事業開発等あらゆる面でサポートをしていきます。

 

※ WebRTC:Web Real-Time Communicationsの略。Webブラウザにプラグインを追加することなく、

Webブラウザ上でリアルタイムコミュニケーションを可能にするオープンフレームワークのこと。

 

<会社概要>

会社名 :FacePeer(フェイスピア)株式会社

所在地 :東京都渋谷区神宮前6-27-8

設立 :2015年7月

代表者 :多田 英彦

事業内容 :Web上でのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム

『FaceHub(フェイスハブ)』の設計・開発・販売及び運用

 

<本件に関するお問い合わせ>

FacePeer株式会社 営業企画部

URL :http://www.face-peer.com

Mail :info@facepeer.jp

 

「誰もが安心できるFace to Faceのコミュニケーションをもっと手軽に」

「全ての人と環境にFace to Faceのコミュニケーションを」

「Face to Faceのコミュニケーションによる究極のユーザーフレンドリーを実現する」

「世界中のどこにいても安心できるコミュニケーションを」



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 FacePeer株式会社
代表者名 多田 英彦
業種 ネットサービス

コラム

    FacePeer株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域