ESRIジャパン、ビジネスデータを地図上で分析・可視化する 「Esri Maps for IBM Cognos」を3月27日リリース

ESRIジャパンは、IBMのBI(Business Intelligence)で組織内の多様なデータを地図上で分析、可視化できるソリューション「Esri Maps for IBM Cognos」を3月27日にリリースしました。

ESRIジャパン株式会社のプレスリリース見出し画像
GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手のESRIジャパン株式会社*(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、IBMのビジネス・インテリジェンス「IBM Cognos Business Intelligence(以下 IBM Cognos BI)」上で組織内の多様なデータを地図上に可視化し、分析できる「Esri Maps for IBM Cognos」を 3 月 27 日にリリースしました。


Esri Maps for IBM Cognos
http://www.esrij.com/products/esri-maps-for-ibm-cognos/
ロケーション アナリティクス製品
http://www.esrij.com/products/solution/location-analytics/


■IBM Cognos BIと連携した地図ソリューション
「Esri Maps for IBM Cognos」は、IBM Cognos BI上のデータを地図上に多彩なスタイルで可視化できるソリューションです。また「Esri Maps Designer アプリケーション」の構成を設定するだけで、地図を利用した解析や、地図上の操作によってレポート上のデータやグラフ、表などの取得や更新を開発の必要なく作成できます。

またクラウドGIS (ArcGIS Online) と連携することで、背景地図や統計情報などの豊富なコンテンツを取り入れた分析も可能。地図を活用した分析や評価を行うことで地理的な特性と自社の実績やマーケットのニーズとのギャップを的確に把握して、有効な戦略立案をサポートします。このソリューションの活用でIBM Cognos BI に『位置』という視点が加わり、直感的な理解とさらに考察に結びつき、変化の激しいマーケットでのスピーディーな意思決定をサポートします。

「Esri Maps for IBM Cognos」は、グローバルビジネスの課題解決に役立つソリューションです。


※ テクノシステムリサーチ調べ
IBM Cognos BI は、米国IBM社の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ESRIジャパン株式会社
代表者名 正木 千陽
業種 その他非製造業

コラム

    ESRIジャパン株式会社の
    関連プレスリリース

    ESRIジャパン株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域