無料・広告表示なしの発話障害者支援アプリ「かんたん筆談」 iOS版・Android版を提供開始しました

「かんたん筆談」は、スムーズにコミュニケーションをはかりたい、おもに発話障害者とその支援者向けのコミュニケーション支援アプリです。タッチパネルによる文字入力と表示ができ、筆談よりも簡単にコミュニケーションをとることができます。

SiG. Lab.(シグラボ)のプレスリリース見出し画像
スマートフォンアプリ開発のSiG. Lab.(シグラボ、http://www.sig-lab.info、所在地:静岡県伊東市、代表:梅津 滋)は、iPad・Androidタブレット向けのコミュニケーション支援アプリ「かんたん筆談」を1月15日にApp Store、Google Play Storeで無料ダウンロード提供開始しました。

「かんたん筆談」は、スムーズにコミュニケーションをとりたい、おもに発話障害者とその支援者向けのコミュニケーション支援アプリです。


【特徴】
タッチパネルによる文字入力と表示ができ、筆談よりも簡単にコミュニケーションをとることができます。
高価で多機能なコミュニケーション支援アプリと違い、シンプルな機能とデザインで、すぐに無料で使うことができます。
また、より多くの人が使えるよう配慮し、ユニバーサルデザインフォント・ユニバーサルデザインカラーを採用しました。
操作をする際にわずらわしいと感じられる、広告表示もありません。


【アプリ概要】
アプリ名:かんたん筆談
料金:無料(広告表示なし)
カテゴリ:iPad メディカル / Android 医療
サイズ:iPad 3.3MB / Android 6.7MB
言語:日本語
利用環境:iOS6.0以上 / Android Ver2.3.3以上
ストアURL:
(App Store)https://itunes.apple.com/jp/app/kantan-bi-tan/id952104398?mt=8
(Google Play)https://play.google.com/store/apps/details?id=info.siglab.hitsudan


【背景】
開発者は、「かんたん筆談」を元々、脳梗塞の発症にともない失語症を患った母のために作りました。
プロトタイプを完成した時点で母に使わせてみたところ、文字を入力することはできましたが、失語のため入力したい単語を想起させるのに補助が必要で、結果的にうまく使うことはできませんでした。
母の主治医の話や失語症についての調査から予想していた結果でしたが、しばらく開発を凍結していました。

しかし、発声のみに障害がある方や、細かい動作が必要である筆記が困難な方、また軽度の失語症の方にはこのアプリが役立つかもしれないと考え、完成まで漕ぎ着けました。


SiG. Lab.では、今後もITやデザインを活用して、介護支援をはじめとした生活の質を維持・向上できるサービスの提供を進めていきます。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 SiG. Lab.(シグラボ)
代表者名 梅津 滋
業種 携帯、モバイル関連

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域