ラクラス株式会社 「社内でマイナンバーを保管しない」。クラウドによるマイナンバー管理サービスの販売を開始

人事クラウドとBPOサービスを提供するラクラス株式会社は、クラウドによる「マイナンバー管理サービス」の販売を開始します。企業の人事部はマイナンバーを社内で保管するという負荷を負うことなく、マイナンバーの収集-利用-保管-廃棄という一連の業務プロセスを安全かつ効率的に行うことができます。

2016年1月、日本の新たな社会基盤としてマイナンバー(個人番号)の利用が開始されます。企業は、従業員とその家族からマイナンバーを収集し、これを利用、保管、廃棄するという一連の業務プロセスを新たに構築しなければなりません。構築にあたっては、法律の定める厳格な安全管理措置等を講じる必要があります。利用開始に伴って企業にかかる負荷は小さくありません。

ラクラスの「マイナンバー管理サービス」は、ワークフローの活用により、収集-利用-保管-廃棄という一連の業務プロセスを、安全かつ効率的に行うサービスです。ラクラスは業務フロー図や管理規程のテンプレートの提供他のコンサルティングサービスも提供することで、企業の管理体制の構築を多面的に支援します。

社員とのインタフェースになるのは、クラウドで提供されるワークフローです。例えばマイナンバーを収集する業務プロセスにおいて、ワークフローは法律が定める利用目的の明示を行った上で、マイナンバーを社員から収集します。ラクラスは、社員からの問合せに答えるコールセンターサービス、および法律が定める本人確認を行うアウトソーシングサービスも提供できますので、導入に当たっての企業の負荷は大幅に軽減します。

マイナンバーの利用が義務づけられるのは、官公庁等に提出する税と社会保障に関する文書だけです。ワークフローで収集したマイナンバーは、専用のマイナンバー管理サーバに暗号化されて保管されます。そして源泉徴収票や社会保険手続書類を印刷する段階で初めて、特定の端末から複数の認証を用いて利用できるようになります。

ラクラス社内においても、マイナンバー管理サーバにアクセスできる端末、管理区域、および社員は最小限に特定されます。電子的、物理的、人的、そして印刷段階までマイナンバーを露出させない構造とすることで、高いレベルのセキュリティを確保します。

ラクラスのマイナンバー管理サービスは、クラウド、コールセンター、アウトソーシングサービスを組み合わせることで、企業のニーズに柔軟に対応するサービスです。人事情報システムを社内で保有している企業には、マイナンバー管理サーバとのデータ連携サービスも提供いたします。

当サービスの提供開始は、2015年10-12月期の予定です。
基本料金は、社員数100名の企業で初回導入費30万円、月額管理費4万円。社員数1,000名の企業で初回導入費120万円、月額管理費12万円の予定です。

売上目標は、2016年度に1億円、3年後の2019年度に3億円を計画しています。

企業情報

企業名 ラクラス株式会社
代表者名 北原佳郎
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    ラクラス株式会社の
    関連プレスリリース

    ラクラス株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域